やまとしずく・純吟 生原酒 No.12仕込 (09-02-04 WED.)

日照時間・0分
c0084908_22561115.jpg晴れ〜の予報だったのに、雲がたれ込めて、記録上の日照時間はゼロ。
でも、千秋公園の本丸に上がった午後3時頃。少し霞んでましたけど、久しぶりに太平山の全容を見ることができました。
雲の切れ目から青空が見えたりして、“私の”日照時間は10分くらいはあったと思いますけどね。


c0084908_22563192.jpgほとんど人を見かけることのない冬の千秋公園の本丸ですが、八幡神社の方向から、女の子たちの元気な声が聞こえます。
何事かと行ってみたら、近くの女子高生たちが拝礼をしたり、おみくじを引いたり‥‥側へ行こうとしたんですが、こんなご時世。カメラを持ってこれ以上近づくのはヤバイかなと思い、遠くからパチリ‥‥はてさて、受験成就のお参りでしょうか? それとも、8日に近づいた針供養の下見でもしているのでしょうか?


さて、昨日ご紹介をした「秋田酵母No.12」。今日は、その新酵母を使って仕込んだ、出来たばかりの新酒生酒が入荷してきました。
『やまとしずく・20BY 純米吟醸 生原酒』です。
c0084908_22565556.jpg
蔵からの酒暦書に面白いことが書かれていました。
このお酒の使用米は100%「秋田酒こまち」のはずですが、「秋田酒77号(秋田酒こまち)」と表記しているのです。
エッ、秋田酒77号? これって、ただの秋田酒こまちを使ったんではないの? ‥‥早速、“やまとしずく”の発売元(醸造元は出羽鶴酒造ですけどね)、秋田清酒さんに問い合わせを致しました。

答えてくれたのは、専務のIYさん。
「私は、“酒こまち”っていう言い方が嫌いなんです。それに、“あきたこまち”と紛らわしいし。お客さんから、しょっちゅう間違えられるんですから‥‥」という、ご返事。
そして、「もともと、稲の系統名は“秋田酒77号”で、“秋田酒こまち”はペットネームのようなものなんです。だから、系統名を正式名称にして、ペットネームはカッコ書き」にしたということなのです。

いいことですよね〜。
食べるお米が“あきたこまち”、湯沢市農協が“JAこまち”、秋田新幹線が“こまち号”、野球場に“こまちスタジアム”ときて、酒関係では、“こまち酵母”に“華こまち酵母”、そして、酒米が“秋田酒こまち”‥‥‥これじゃ、間違いは必至! 何とかならないのか! 

そう思っていた矢先の、専務さんの「私は、嫌いです」の言葉、いい答えをいただきました‥‥もしかしたら、今回の新酵母「秋田酵母No.12とNo.15」も、ペットネームを公募したり、お役所関係で考えられたりしたら、“△△こまち”か”こまち△△”になっていたかもしれません。そうなれば、もっともっと紛らわしく‥‥専務さん、よくぞ「嫌い!」とまで言って下さいました。

ということで、その「秋田酒77号(秋田酒こまち)」を55%精米し、もちろん酵母は「秋田酵母No.12」を使い、日本酒度+4.0、酸度1.9、アミノ酸度1.1、アルコール度17度というお酒に醸しあげました。

出荷前、この原酒と、加水をしてアルコール度を下げたもの三種を飲み比べをする機会があったのですが、香り、旨さ、飲み応え、キレ、どれをとってもこの原酒が一番。唎酒した人全員、納得の美味しさで、こうして生原酒で出荷することになったのです。

入荷して改めて唎酒したのですが、一つだけ‥‥お飲みになる際に、是非冷たくしてからお楽しみ下さい。
飲む前に1時間でも冷たくすると、『やまとしずく・20BY 純米吟醸 生原酒』は、冷たくない『やまとしずく・20BY 純米吟醸 生原酒』とは全く違う味わいをみせてくれるはずです。

一般的には、品温が高いと香味は広がります。でも、この酒は冷たくした方が、その広がりの上に爽快感がプラスされ、酸は上品でジューシーな味となり、旨味や味わいが確実に表に出てくるような‥‥まったく複雑な味わいです。
ん〜〜む、お酒はじっくりと味わうと様々な顔を見せてくれるし、いろんな美味しさを見つけることが出来るんですね〜。その不思議さを、改めて感じさせられました。

え〜〜価格ですが、生原酒ということで、普通の“やまとしずく純米吟醸”よりちょっぴり高めの、1.8入り3,000円と720入り1,500円です。でも、この複雑味を楽しめるなら、CPは全く問題ないと思いますよ〜。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2月〜4月の行事予定> 
・ 2月07日(土) 酣々塾・秋田市内の「酒蔵」散歩
・ 2月08日() 定休日・天の戸の蔵開放日
・ 2月15日() 秋田の日本酒を 地産地消で おいしくいただく会
・ 2月25日() 定休日
・ 3月02日() 定休日・やまとしずく醸造研修会
・ 3月19日(木) 新酒鑑評会の一般公開 
         県酒造組合主催・究極の日本酒を味わう会
                       (詳細は県酒造組合のホームページで)
                       
・ 4月04日(土) 法事のため臨時休業
・ 4月05日() 定休日 
by nbhkkry20 | 2009-02-04 23:00 | やまとしずく
<< ワルモノ、日本酒?(09-02... 太平山・純吟 秋田生モト No... >>