まんさくの花・雪室貯蔵の純米吟醸(09-06-22 MON.)

日照時間・18分
c0084908_2322133.jpg
 い〜い、雰囲気をしていました。いや、女子高生ではなく、この家が辺りに漂わせている空気は、何とも云えず心穏やかにさせるものでした。
 秋田駅から歩いて5〜6分のところに、何十年もの昔にタイムスリップしたような、こんな建物があったなんて‥‥

c0084908_2325897.jpg 「〜〜木材防腐〜〜」 ‥‥ん?  建物そのものが、この会社の宣伝になってるんですねぇ。
 大切に使われているのがよ〜く分かります。 
 大変でしょうけど、いつまでも残してほしいものです。


 ところで、未だに日本酒には防腐剤が入っている、と思っている方が時々います。だから‥‥日本酒を飲むと悪酔いするとか、二日酔いするとか‥‥とっくの昔、30年以上も前に防腐剤の使用は止めています。
 ですから、悪酔いしたのは、アル添か糖添の酒を飲んだから‥‥二日酔いは、夜遅くまでたくさん飲んで睡眠不足だから‥‥だと思うんですけどねぇ。自重、自重。

 さてこちらは、もちろんアル添も糖添もなし、まぁ、飲み過ぎなければ二日酔いなんてまったく無し。 『まんさくの花・雪室貯蔵の純米吟醸』です。
c0084908_2332516.jpg
 今年で七造り目となる『20BY 雪室貯蔵の純米吟醸』は
 ‥‥例年通りに、美山錦を50%精米し、9号系自社酵母で醸しあげ、上槽後直ちに瓶燗火入れをし、蔵から車で20分ほど山奥に入った上畑温泉の手前、春の名残り雪で作られた雪室に入れて三ヶ月、6月中旬に雪室の扉を開き、蔵の冷蔵貯蔵庫で落着かされて、6月19日一斉に出荷。
 ‥‥想いおこせば昨年の今ごろは、あの岩手・宮城内陸地震で蔵の冷蔵貯蔵庫に大きな被害を被り、「雪室貯蔵酒」どころか、貯蔵在庫が全滅か? と大変に心配いたしましたが、あれから一年。蔵の皆さんの情熱と努力ですっかり修復され、今年も『雪室貯蔵の純米吟醸』が、こうして皆様にお届けできるようになったのです。
 
 アルコール度16〜17度、日本酒度+4.5、酸度1.6。心地よく芳しい香りが口中に広がり、口当りも爽やかで、スッキリとした後味感は、昨年より少し端麗気味かな? 
 とはいっても、まんさくの花特有のキメの細やかさと味わいの充実感は抜群。その点では昨年より飲み易く、昨年のように水で割ったり、ロックにしたくなるようなモタツキ感はない。それって、雪室に貯蔵させていた期間が、昨年より一週間長かったことが関係あるのかなぁ‥‥?

 ということで、出荷本数が1.8入り90本、720入りが120本の希少性と、1.8入り3,500円、720入り1,800円という価格からしても、この夏のギフトには最適です‥‥でもその前に、先ず貴方がお飲みになることが肝心、肝心ですよ。

 写真のラベルは「雪室吟醸」となっていますが、あくまでも「雪室吟醸」は商品名。
 ご紹介したのはアル添の吟醸酒ではありません。アルミ包装された720入りのシールにあるように、このお酒は『純米吟醸酒』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<6月〜7月の予定>        
・ 6月28日() 定休日 酣々塾定例会 於・くもりのちはれ            
・ 7月05日() 定休日             
・ 7月12日() 定休日 八幡平の高山植物を訪ねる(雨天中止)             
・ 7月19日() 午後より営業致します
・ 7月20日(月・海の日) 通常営業致します
・ 7月26日() 定休日 やまと会・臨時総会             
・ 7月29日(水) ナイター観戦 楽天vs西武 於・こまちスタジアム             
by nbhkkry20 | 2009-06-22 23:12 | まんさくの花
<< 再:竿灯・仕込3号 純吟 雪の... 夏至(09-06-21 SUN.) >>