新 やまとしずく・純米吟醸 瓶火入れ(09-07-17 FRI.)

から夜は日照時間・450分
c0084908_22543254.jpg
昨日の「早く夏になってくれ〜」という声をお天道様が聞いてくれたのか、朝の鬱々した曇り空からみるみる雲が消えてゆき、昼頃には快晴。気温も高くなって、梅雨明けかなぁ? なぁ〜んて、まだまだ‥‥この三連休、前半は大雨の予報です。

でもまぁ、秋田市北部の土崎港地区の一大イベント、曳山祭りが行われる20日、21日の天気は良さそうで何よりです。
何しろ、祭りの期間中は、土崎以外の秋田市内の飲食店はガラガラで、お休みする店がでるほど人を集めるお祭りですから、いいお天気は最高のご馳走ですね。

さて、こちらはご馳走があればなお良し、ご馳走がなくたって美味しい‥‥昨晩、じっくりと唎酒をさせてもらいました。『新 やまとしずく・純米吟醸 瓶火入れ』です。
c0084908_2255314.jpg
昨日は「大きくチェインジ‥‥」なんて書きましたけど、そういえば、その変貌ぶりは今年2月の「やまとしずく・純吟 生原酒 No.12仕込」でご紹介していましたね。

製造元の専務さんが嫌いな“酒こまち”ではなく「秋田酒77号」を55%精米し、「秋田酵母No.12」を使い、日本酒度:+2.0、酸度:1.9、アミノ酸度:1.2というお酒に醸しあげた‥‥と、ここまでは「生原酒」でお伝えしていたのですが、20BYの『新 やまとしずく・純米吟醸』は、ここから先も大きく変わったのです。

c0084908_2256165.jpg先ず、火入れ(熱殺菌)です。
胴ラベルに瓶火入れと小さく奥ゆかしくプリントされてますが、この瓶火入れという熱殺菌法が酒質にかなりの影響(良い影響ですけどね)を与えているのです。


『新 やまとしずく・純米吟醸』の「瓶火入れ」は、パストライザーという機械を使って熱殺菌をする火入れ方法ですが、そのパストライザーとは‥‥石川県の銘酒「手取川」さんのブログに大変分かりやすく書かれていますので、ちょっとそのブログを覗かせてもらいましょう‥‥よ〜く、お分かり戴けましたね。
手取川さん、ありがとうございました。

『新 やまとしずく・純米吟醸』もこの「瓶火入れ」を行い、貯蔵はもちろん「冷蔵瓶囲い」をしています。そのため、2月の生原酒のジューシーで上品な酸味や芳醇な旨味をタップリと残した、火入れ酒になっているのです。

c0084908_2256319.jpg次は、アルコール度数。
16年前の発売以来、アルコール度数はず〜〜っと14度台でした。それが、今年からは15度台、正確には15.5度。
この度数の変化は、お酒の味わいに大きな変化を与えているようです。


確かに、アルコール度数が低いと“飲み易く”なります。反面、加水によって原酒の香味が薄められ、アルコールの強さに隠されていた苦味やエグ味を表出させることも多々あります。
昨年までのお酒が、少しガサガサするところがあったように感じていたのは、たぶん14度台まで落とす加水の影響もかなりあったように思えます。今年のには、そのがさつきなどないのですから‥‥。

そして今年の『新 やまとしずく・純米吟醸』は、香りや味の成分全体がきれいで嫌味が無く、身体に優しくタッチは柔らか、最後はスーッとキレてゆく ‥‥“飲み易く”なったなぁ、と強く感じさせます。

但し、これまでの「苦味もエグ味も味の内」、というような秋田らしい個性は薄くなったかもしれません。しかし、“飲み易さ”無くしては個性も判ってもらえません。個性は、その“飲み易さ”の上に積み重ねてゆけばいい‥‥その意味では、『やまとしずく・純米吟醸』は変わったのではなく、変わろうとする大きな転換点に立った‥‥なぁ〜〜んて、小難しいことを書きましたが、要は、これまで以上に美味しくなったのは間違いなし!  と思いますよ〜ん。

瓶火入れしても、アルコール度数が変わっても、もちろん価格は変わりません。
1.8入り2,835円、720入り1,420円です。
これまで同様に、ご愛飲を宜しくお願い申しあげる次第です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<7月〜8月の予定>                    
・ 7月19日() 午後より営業致します
・ 7月20日(月・海の日) 通常営業致します
・ 7月26日() 定休日 やまと会・臨時総会             
・ 7月29日(水) ナイター観戦 楽天vs西武 於・こまちスタジアム
・ 8月02日(日) 定休日
・ 8月 3日、 4日、 5日、 6日 秋田市・竿燈祭り
・ 8月09日(日) 定休日
・ 8月16日(日) 定休日
・ 8月22日(土) 大曲・全国花火競技大会
・ 8月23日(日) 定休日
・ 8月30日(日) 定休日             
・10月17日(土) 京都・白沙村荘とまんさくの花 「不死鳥の会」
                        
(ご出席者募集中です。お問合せ下さい)            
by nbhkkry20 | 2009-07-17 22:59 | やまとしずく
<< 大雨、そして大蓮(09-07-... 真白き、百合の花(09-07-... >>