まんさくの花・不死鳥の会(09-10-19 MON.)

時々日照時間・174分
c0084908_2223923.jpg
京都で行われた、『まんさくの花を飲み尽くす・不死鳥の会』に出かけてきました。
今年で5回目となった京都での「秋田の◯◯蔵を飲み尽くす会」ですが、まんさくの花さんは平成17年に続き二度目の出展です。

何故、まんさくの花さんに二度目の出展をお願いしたかというと‥‥
まんさくの花さんは、昨年の6月に発生した岩手・宮城内陸地震で、千本を越える吟醸酒が破損するという大変な被害を受けました。
また、会場をお願いしている橋本関雪美術館内の白沙村荘さんは、今年3月、橋本関雪翁の遺物である茶室・倚翠亭(いすいてい)を火災によって消失するという災禍に見舞われました。

しかし、まんさくの花さんは、蔵人皆さんのバイタリティ溢れる活躍で、破損を免れたお酒から「地震作」というヒット商品を生みだしたり、頑丈で安全な冷蔵設備を直ぐにも導入したり。
また、白沙村荘さんは、関雪翁が生み出した芸術と文化を心から愛する数多くの方たちからの協力と励ましもあり、倚翠亭の再建へ動き始めたり‥‥まるで「不死鳥」の如く蘇ろうとしている。
そこで、今回は「不死鳥」というサブテーマを設け、都の秋の夜を楽しみつつ、思いがけない被害に見舞われたまんさくの花さんと白沙村荘さんを励まそう‥‥。

というような計画を蔵元の佐藤社長さんに打ち明けたら、「不死鳥というラベル、蔵でもってますよ」とのご返事。何と、何と、こんな偶然があっていいのでしょうか。今は使ってないそうですが、不死鳥ラベルを蘇らせるにもいい機会ということで、話しはトントン拍子に進み今回の会となりました。

そして、その「不死鳥ラベル」が貼られたお酒がこれ‥‥
c0084908_2231772.jpg角度によって色が変わるオーロラカラー‥‥何ともゴージャスなラベルです。


c0084908_224289.jpg山田錦38%精米の純米大吟醸原酒ですから‥‥
ラベルに負けず、中身もゴージャスですねぇ。


そんな垂涎のお酒を筆頭に、出展されたお酒は「地震作 ・Thanks Gold Blend」「純米大吟醸・雄町酒」「純米吟醸・亀の尾」「純米吟醸・美郷生」「純米吟醸・八八七分の壱 No.15」の6点。総勢40名で、一人当り5合近くを準備したのですが、会のお開きの頃はほぼ飲み尽くしていたというのですから‥‥
c0084908_224363.jpg
ご出席者も、まんさくの花の社長さんも、こんな笑顔になるのも当然‥‥。
「まんさくの花」と「白沙村荘」を心ゆくまで堪能した、秋のひと夜でした。

さて、次の日。
せっかく京都に来たのですから名所の一つでも、と訪ねたお寺の屋根に‥‥

c0084908_22333982.jpg何と、不死鳥が!


c0084908_22353544.jpg しかも、二羽!


ではありません。
ここは宇治の平等院鳳凰堂、ですからあれは鳳凰‥‥です。
c0084908_2210272.jpg
でも今回は、あれは不死鳥だ! ということにして、しみじみと眺めてきました。
以上、ちょっぴり観光もした京都の『まんさくの花を飲み尽くす・不死鳥の会』でした。

ということで京都の会も終わり、滅多にない当店の連休も終わりました。このところまんさくの花さんが続いたので、明日からは別の蔵のお酒をご紹介する予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<10月〜11月の予定>                    
・10月25日() 定休日
・10月27日(火) 秋田県清酒品評会 一般公開
                        於:ホテルメトロポリタン         
                        時間:昼12時〜午後3時30分
・11月01日()通常営業致します 「刈穂・20BY 出羽の雫 発売日」
・11月03日(文化の日)通常営業致します
・11月08日(定休日
・11月15日(定休日
・11月22日()通常営業致します
・11月23日(勤労感謝の日)通常営業致します
by nbhkkry20 | 2009-10-19 22:24 | まんさくの花
<< ゆきの美人 純米秋仕込み 活... まんさくの花・純米大吟醸 雄町... >>