福小町・特純 角右衛門 山田錦(10-04-22 THU.)

のち
日照時間・0分
c0084908_23182243.jpg
昨日やっと10度を超えて少し暖かくなったのに、今日はまた7〜8度の肌寒さです。それに、午後からはシトシト雨。桜の蕾も赤くはなってきたけれどまだ開花をしていません‥‥観桜会が始まって一週間、屋台も今年は稼げないだろうなぁ。

さて、久ぶりにお酒のご紹介です。
今月初めに二連チャンでご紹介した「福小町」さんから、早くも次が新入荷。しかも今度のは、強力アピール商品って感じ‥‥
『福小町・特別純米 角右衛門 山田錦仕込』です。
c0084908_23184623.jpg
新政から佐藤卯兵衛、喜久水が喜三郎、千代緑なら重右衛門、福禄寿は彦べえ‥‥蔵元の名を冠したお酒はいろいろとご紹介していますが、この『角右衛門』も同じように、湯沢の名家木村家の三代目当主のお名前、しかも『角右衛門』は、1681年に木村家が酒造業を始めた創業者のお名前なのです。

この特別純米酒に、その『角右衛門』を冠した由来については、蔵からのパンフによると(ちょっと長くなりますが)‥‥『江戸時代中期、三代目当主の木村角右衛門は、藩の命を受け、酒造技術習得のため先進地伊丹へ視察に出かけるなどして酒造りに心血を注ぎ、四十八歳の若さで亡くなるまでその情熱を持ち続け‥‥以降、歴代の当主は『角右衛門』の情熱を消さぬように、何度も銘醸地に赴き技術を習得し、湯沢に適した酒造りを研究・開発して‥‥』 と、福小町さんは本当に歴史ある御蔵なんですねぇ。

その歴史と伝統の蔵が、『この度、この先代の名を冠に、現在の技術・情熱を全て注ぎ込んだ少量生産の純米酒を「角右衛門」シリーズとして販売致し‥‥』 という新しい展開を試みようとしているなんて、この日本酒受難の時代に希望の光を見るようで嬉しいことです。

そして、『今後は、絶対数は少ないものの、この酒と共に夢・情熱を持って進化をし続けながら、皆様に良酒をご提供してゆく決意をしております‥‥』 と、これまで蔵からはあまり聞くことのなかった『決意』まで表明するなんて‥‥ん〜〜む、今後が本当に楽しみです。因みに、『角右衛門』さんは木村家の三代目でしたが、木村家の家系図によると、当代で工場長の木村雄太郎さんは『十四代』‥‥あの超有名な彼よりは、ず〜〜っとご年配ですけどね。

冗談はともかく、先ずは『角右衛門』シリーズ第一弾『特別純米 山田錦仕込』は‥‥
60%精米の山田錦を協会901号酵母を使い、日本酒度:+0.5、酸度:1.8、アミノ酸度:1.5というお酒に醸しあげ、アルコール分:16.5度に調整、もちろん一度だけの火入れで出荷をしています。

それほど強くない立ち香ですが、微かな果実香は爽快で、思わず口に運ぶ。口に含むと、その果実香はジューシーな酸味と一緒に口中に広がり、後からきれいで美味しい甘味と旨味が湧き出てくる。
ん? 16.5度という原酒でもないのに、けっこう腰が強く濃醇で飲みごたえあるなぁ。しかも、甘口かな〜? と思わせる瞬間、さっきのジューシーな酸味でシュルッとキレてゆく‥‥う〜〜旨い、もう一杯! 
そして、こんな美味しさのお酒が、あちこちで流行のように使われている「新酵母」ではなく、伝統的な協会9号で醸されていることは驚きです。さすが、創業当主『角右衛門』の名を冠し、『夢・情熱を全て注ぎ込んだ‥‥』と意気込むだけのことはあります。あの十四代に勝るとも劣らず‥‥な〜〜んてね。

そして、この強さと優しさが共存した美味しさは、やっぱり山田錦の力かもしれません。しかも、その山田錦を100%使いながら、価格が1.8入り2,625円、720入り1,320円というのですから、これもちょっと驚きです。秋田の蔵ではこれまでなし得なかった新しい価値観を造り出そうとしている‥‥ようにも思えます。

また、少量生産の限定出荷とはいえ、品切れご免の早い者勝ちではりません。年間を通して販売できるように小売店を限定し、少しづつ出荷をし、一年を通じて楽しめるよう計画しています。
どうぞ、ごゆっくりとお楽しみ下さるようお願い申しあげます。

更には、この『角右衛門』。シリーズと銘打っているだけあって、「山田錦」の他に、「亀の尾」や「五百万石」もあるとのことですので、ホントにホントに楽しみなシリーズになりそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年4月〜5月の予定>
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日) 通常営業致します
・05月02日() 通常営業致します
・05月03日(憲法記念日) 通常営業致します
・05月04日(みどりの日) 通常営業致します
・05月05日(こどもの日 お休みさせて戴きます
・05月09日(定休日
・05月16日(定休日
・05月23日(定休日
・05月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-04-22 23:27 | 福小町
<< 刈穂・蔵付自然酵母仕込 にごり... 寒い‥‥でも春(10-04-1... >>