まんさくの花・純吟生原酒 亀の尾55%(10-05-11 TUE.)

のち
日照時間・234分
午前中はスカッと晴れて気持のいい青空だったのですが、夕方からは予報通りに雨。ジトジト、ベタベタと1時間に数ミリ、明日の昼過ぎまで降り続く模様です。大型連休の後のウイークデーの雨じゃ、川反通りを夜歩きするお客さんも少なくて、ヒマ〜な一日‥‥まぁ、明日に期待を致しましょう。

さて、昨日は価格訂正のブログでしたが、今日からは間違いのないように致します。再度、「まんさくの花」さんをご紹介‥‥
『まんさくの花・純米吟醸 生原酒 亀の尾55%』です.
c0084908_2114357.jpg
まんさくの花で「亀の尾」といえば、一昨年までは「48%精米 純米大吟醸 亀寿」だけと思っていましたが、昨年の蔵の呑み切りで「55%精米 純米吟醸 生詰め」を発見(?)し、見つけた酒屋何軒かで、僅かの本数を奪い合うように分けたことがありました。
今季も同じ55%精米の純米吟醸を仕込みましたが、今年は初めての試み、夏過ぎの呑み切りを待たずに、先ずは『生原酒』から出荷することにしたのです。

昨年の「生詰め」が、「きれいな酸味と、甘味を含んだ旨味が適度に絡み合って」、まんさくの花特有の “亀味ワールド” を形造って、ホントに旨かっただけに、今年も大いに期待するところですが、如何せん、昨年同様に本数が僅か。県内での発売は、1.8入り換算で120本‥‥後はみんな県外へイッチチ、なんですよねぇ。

地元農家で契約栽培をした『亀の尾』を『55%』に自家精米をし、昨年同様に『自社酵母』を使い、『日本酒度:+2.0、酸度:1.0、アルコール分:16〜17度』の『無濾過生原酒』での出荷です。

プンプンと立ってくるような香りなどありません。でも、きれいで透明感のある好もしい酒の香り。口に含んだ印象も、香りと同じように滑らかで何の障りもなく、スーッと喉に落ちてゆく。少〜しきれい過ぎて力がないかな〜と思っていると、後から味わいや旨味がムク、ムクッと湧いてくる。ん〜〜これだ、これがまんさくの花の “亀味” だ。それに、生原酒といってもアルコール分が16〜17度で非常に飲み易くて美味しい〜、もう一杯!となりますよ〜。

価格は、昨年同様に1.8入り3,150円、720入り1,740円。当店入荷は、今のところ蔵出荷120本の一割ほど、1.8入り12本、720入り12本のごく僅か。どうぞ、お早めに今年初の生原酒での「まんさくの花」 “亀味ワールド” をお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年5月〜6月の予定>
・05月16日(定休日
・05月23日(定休日
・05月30日(定休日
・06月06日(定休日
・06月13日(定休日
・06月16日(水)全国新酒鑑評会・一般公開 & 日本酒フェア
                        於・東京池袋サンシャインシティ
・06月20日(定休日
・06月27日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-05-11 21:30 | まんさくの花
<< 遊歩道は、果樹園通り‥‥? (... 『まんさくの花・純米大吟醸 チ... >>