やまとしずく・田植えのご報告(10-06-03 THR.)


日照時間・834分
低温と雨続きだった5月の天候を挽回するかのように、このところず〜っと晴天続き。今日も20度を少し超えた気温で、気持ちのいい爽やか〜な一日でした。

今週初めてのブログは、遅ればせながら、5月30日の日曜日に行われた『「やまとしずく」の田植え & 「やまとしずく」を楽しむ会』のご報告です。
実は、当日カメラを持ってゆくのを忘れてしまい、写真班のAHさんが撮った写真を送ってもらい、こうしてブログにアップさせて戴きました。感謝、感謝。

c0084908_21332869.jpg
昨日までの低温とドンヨリした曇り空が嘘のような青空が広がり、絶好の田植え日和。いよいよ田植えの始まり、始まり‥‥って、↑写真の右二人は農家のプロ。一番右は、この田んぼの持ち主の佐藤賢孔さん。ご存知、出羽鶴の杜氏さんです。さすが、仕事が速い。
それにひきかえ左側の7人、ま〜だ田んぼに足を入れていない。早く始めろ〜、日が暮れるぞ〜。

c0084908_21341119.jpg
本日植える稲は「美郷錦」。来季の「やまとしずく・純米吟醸・美郷錦」に使う予定です。その苗ですが、こうして畦に置かれると、どれが苗でどれが雑草か分らない。初めて見るようなもんですものね。

c0084908_21345388.jpg
始めたはいいのですが、どうです、このヘッピリ越し。様になってないなぁ。

c0084908_21355150.jpg杜氏の佐藤賢孔さん。田んぼの泥の中を歩くのにもドッシリしています。酒造りにも、この安定感が反映するのでしょうね。


c0084908_21462348.jpg
この田植えのためだけに、埼玉県の所沢からBMWの大型バイクを飛ばしてきたINさん。田植えが終わったら、温泉にも入らず昼食もとらず、またビューンと飛んでお帰りになりましたよ。
何故か、背中に「すったげ」のTシャツ‥‥「すったげ」って、秋田弁で「もの凄く、非常に」という意味なんですが、どうしてそんなTシャツを‥‥?

c0084908_21483649.jpg秋田市在住ですが、東京から単身赴任中のKSさん。
(失礼ながら)この様になってないかがみ方、しかも泥田に入るのに白の上下‥‥さすが、シティボーイですねぇ。


c0084908_21493124.jpg
腰をのばしてひと休み。
今日は誰も煙草を吸わないんですが、この休憩を農家の人達は「たばこにするべ」って言うんですよ。

c0084908_2150758.jpg
半反歩の田んぼを全て手植えをしたのですが、いかに素人とはいえ延べ人数10人以上の人海戦術。予定以上に早く終えることが出来ました。

c0084908_2222499.jpg
最後は、青空をバックに記念撮影。前列の何人かは、こんな中腰できっと足がカクカクいってたかもしれませんね〜。

c0084908_2152357.jpg
全てが終わり、ホッとして田んぼの中を見返ると、植えたばかりの苗が気持ちよさそうに風に吹かれていました。
どうぞ、立派なお米に実りますように‥‥。

c0084908_21524088.jpg
さて、ふるさと温泉で汗と泥を流した後は、『やまとしずくを楽しむ会』です。
会場は、田んぼにほど近い出羽鶴の社長さんのご自宅。ん〜〜む、いつ訪ねてきても見事なお屋敷ですね〜。でも、これを維持するのも大変だろうなぁ‥‥なんて下衆の勘ぐりでした。

c0084908_2154359.jpg
楽しんだお酒は、もちろん「やまとしずく」ですが‥‥ん! なんか見たことのないお酒がありますねぇ。『睛田』、今月中頃には出荷されるということでしたが、入荷したら必ずご紹介致します。乞う、ご期待!
少しだけ飲ませてもらいましたが、今日のような晴れた日の田んぼを思いおこさせる、そんな味わいでしたよ〜ん。

c0084908_21543692.jpg
お酒も入った勢いでしょうか「今度は、稲刈りをしよう」という声が期せずしてあがり、「その次は、酒造り‥‥」と夢はどんどん広がっていきそうな、そんな楽しい「やまとしずく」の『田植えと楽しむ会』でした。

‥‥ということで、本当に稲刈りや酒造りも行う予定をしていますので、次回は皆さんも是非ご参加下さるようお願いをして、先ずはご報告まで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年5月〜6月の予定>
・06月06日(定休日
・06月13日(定休日
・06月16日(水)全国新酒鑑評会・一般公開 & 日本酒フェア
                        於・東京池袋サンシャインシティ
・06月20日(定休日
・06月27日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-06-03 22:04 | やまとしずく
<< ゆきの美人・純吟 愛山麹 生(... まんさくの花・純吟 生原酒 直... >>