福小町・特純 角右衛門 亀の尾(10-07-13 TUE.)

ときどき
日照時間・138分

昨日に続き、八幡平の花々‥‥
c0084908_21492783.jpg
↑ スックと誇らしげに晴れの舞台に立つ ヨツバシオガマのカルテット‥‥
c0084908_21495946.jpg
↑ 草原を圧倒する小さな白い花 チングルマ‥‥
c0084908_2150346.jpg
↑ やがて、ソフトクリーム状にねじれた花柱は次第にほぐれ‥‥初秋には白い綿毛となって、広い草原を飛んでいくらしい。
例えるならば、贅沢に三度も衣裳を替えてハーモニーを奏でる草原のオーケストラ‥‥かな?

さて、今日のお酒は、秋田の特別純米の中では特別な特別純米‥‥
『福小町・特別純米 角右衛門 亀の尾仕込』です。
c0084908_2151522.jpg
今年の4月に「福小町・角右衛門 山田錦仕込」でご紹介しましたように、『角右衛門』は、酒米品種別に少量生産された純米酒のシリーズ名‥‥「純米大吟醸 酒こまち仕込」も出荷されているようですが、当店取扱いの第二弾は、この『特別純米 亀の尾仕込』。せっかく米の違いでシリーズ化しているんですから、同じ特別純米で比べ飲みするのが面白いですからね〜。

使用米:亀の尾、精米率:60%、使用酵母:秋田酵母No.12、日本酒度:+2.0、酸度:1.6、アミノ酸度:1.2、アルコール分:16.5という酒暦をもち、もちろん一回火入れで出荷されています。

ほのかに広がるトロピカルな香りが飲み心を誘い、口に含むと爽やかな甘味がその香りと一体となって口中に広がり、ン〜〜旨い!
低精米ゆえの微かな渋味というかエグ味もあるが、それが味わいの深さを増しているようで、美味しさの邪魔になっておらず、ン〜〜旨い!
ただ、一つだけ我がままをいうなら、もう少し酸味を豊かにして、ほんの僅かでいいからキレをシャープにしてほしかった。
そうすれば、亀の尾独特の「甘さ」が払拭され、甘味があるのにピンとキレる、完璧な「秋田の特別純米の中で特別な特別純米酒」になること間違いなしだったのに‥‥次の仕込みの課題ですね。

価格は、1.8入り2940円、720入り1,470円。ん〜〜特別純米にしては、特別な価格‥‥かな? でも、完璧な「特別純米酒」の一歩手前を味わえると思えば、けっして特別に高価な特別純米酒ではないと思いますよ〜。
是非、お試し下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年7月〜8月の予定>
・07月18日()通常営業致します
・07月19日(海の日)午後1時から午後7時まで営業致します
・07月25日(定休日
・08月01日(定休日
・08月03日(土)〜06日(火)竿燈祭り期間中は、通常営業致します
・08月08日(定休日
・08月15日(定休日
・08月22日(定休日
・08月28日(土)臨時休業・大曲花火競技会 引率のためお休み致します
・08月29日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-07-13 21:54 | 福小町
<< 刈穂・蔵付自然酵母仕込み 純米... 竿灯・ゆきの美人 純米吟醸 し... >>