まんさくの花・呑みきり会(10.09.15 WED.)


(日照時間・720分
先週末から続いた長雨もすっかり上がり、今日の天気予報は全県どこもお天道様マーク一色。陽射しには猛暑の名残りがあるけれど、日陰はヒンヤリとした秋の空気に入れ代わり、爽やか〜な一日でした。

昨日の午後から、「まんさくの花・呑みきり唎酒会」のため横手市増田町まで出かけてきました。増田町はJRの最寄り駅からは遠く、それに何といっても、まんさくの花は唎酒するお酒の数が圧倒的に多いはずですから車での日帰りなどとんでもない、ひと晩泊まりの唎酒会でした。

さて、ウイークデーの午後の、アンニュイな雰囲気を漂わす増田の町のメーンストリートを蔵に向かうと‥‥
c0084908_204986.jpg
↑ 酒林が吊るされ、黄色の暖簾が降りているのがまんさくの花の蔵ですが、店前には紅白棒に日の丸提灯。そして向かいには、奉納幟を掲げた神輿のお旅所らしき囲いが作られ、何と今日は月山神社の例大祭の宵祭りとのこと。
それにしても、ズ〜〜ッと向こうまで、祭りの役員さんらしきお父さんを除けば人っ子一人見当たらず。まさか、お祭りは昨日終わったんじゃないでしょうね〜?

夜には、近所の河原で町民花火大会もあって、打ち上げ花火1,500発が夜空を彩るというのですから、まさにグッドタイミングの、まるでお祭りにお呼ばれされたような‥‥いえいえ、今日は唎酒会です!
c0084908_20493757.jpg
↑ 予想通り、ズラリ並んだ唎酒酒の多いこと。でも、唎酒の開始時刻からかなり時間も経っているのに参加者が少ないなぁ、どうしたんだろう?

c0084908_20501030.jpg← 「よ〜ぐるしゅ」や「ぶどうまんさく」や発売中の「ひやおろし」、いつもはなかなか口にすることがない一般販売の「大吟醸」や「純米大吟」まで21種類と‥‥


c0084908_20504283.jpg← これから出荷される予定の、「一回火入れ」の「瓶囲い」や「タンク囲い」されている「大吟醸」や「純米大吟」、「純米吟醸」などなど、特別仕込みされた48種類‥‥あわせて69種類、じっくりと唎酒させて戴きました。


もともと「呑みきり」は、醸造試験所の先生たちが今年の新酒の「酒質の変化」と「熟成度」をみて、出荷のタイミングをアドバイスするという目的で行われるもので、私たち酒販店はその大切な行事のご相伴にあずかっているだけ‥‥昨日も蔵の入口で、呑みきりを終えてお帰りになる試験場の先生たちとすれ違いましたけど、理由もなくどこかばつが悪いんですよね〜。でも、この呑みきりはホントに面白いし、特に年末にかけての商売にホントに役立つのです。

この蔵が、今季どんな米でどんな酒を仕込んだか? 真冬の仕込中に訪ねてもその全容を知ることはなかなか出来ません。しかし、呑みきりではその全てが把握でき、一つ一つを唎酒をし、自分なりの評価もし、近い将来に商品化された時にその酒を取扱うか否かの決定に大変参考になるという、酒販店なら喉から手が出るほど欲しい情報を得ることができるのですから‥‥。

ということで、唎酒した69種の中から商品化されたら是非とも‥‥と思ったお酒はたくさんありましたよ〜。
特に、「21-58号 生酛仕込純米・日の丸米」、「21-17号 純吟・麹:山田錦、掛:美山錦」、「21-31号 純吟・麹:山田錦、掛:吟の精」、「21-34号 純大吟・オール愛山」、「21-35号 純大吟・オール雄町」、更には「21-36号 純吟・山田錦のNo.15酵母仕込(現在発売中)」、「21-39号 純吟・酒こまちの熊本系酵母仕込」などなど、グッドバランス(GB)、グッドジョブ(GJ)と私の短評欄に書いてありました。商品化されたあかつきには直ぐにご紹介致しますので、乞うご期待! です。

今年の呑みきりは、常連の酒販店さんたちの何人かがお出でになれなっかたり、出席者はちょっと淋しかったのですが、出品されたお酒は淋しいことなど全くなし! GB、GJと短評したくなるような美味しいお酒ばかりでした。
これなら、試験場の先生たちの呑みきり会でもきっといい評価を得たはず。私たちを見送って下さった杜氏の高橋良治さんの顔は、何となくニンマリしているようにみえましたもの‥‥ ↓
c0084908_20512945.jpg
さて、唎酒を終え、ひと汗流し、今度は食事と一緒の「唎酒」を心ゆくまで楽しんで、昼には猫の子一匹いなかったメーンストリートに出てみたら‥‥
c0084908_2052029.jpg
↑ ズ〜〜ッと向こうまで、人、人、人。きっと増田の人たちはもちろん、近郷近在の町や村からもたくさん集まったんでしょうねぇ。しかも、こんなにたくさんの若者や子供たちがいたなんて、ビックリ。

町民花火大会には行けなかったのですが、食事の部屋まで聞こえてきた音は、それは確かに80万人も集めた大曲の花火とはダンチでした。
c0084908_2052355.jpg
↑ でも、子供たちにはそんなことは関係なし。夜遅くまで遊んでも怒られない、年に一度のお祭りの夜を思う存分楽しんでいる、あれはきっと遠い昔の自分だよなぁ‥‥。

そんな、ちょっぴり感傷的な気分になりながら、今朝早く営業開始に間に合うように車を飛ばして帰って来た、「まんさくの花・呑みきり唎酒会」でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年9月〜10月の予定>
・09月14日(火) まんさくの花・呑みきり会
・09月19日()通常営業致します
・09月20日(敬老の日)通常営業致します
・09月23日(秋分の日)通常営業致します
・09月25日(土) “やまとしずく”酒米稲刈り体験会・詳細はお問い合わせ下さい
・09月26日(定休日
・10月03日(定休日
・10月10日(敬老の日)通常営業致します
・10月11日(体育の日)通常営業致します
・10月16日(土)臨時休業 「京都・吟醸ひやおろしを飲む会」に出席のため
・10月17日(定休日
・10月24日(定休日
・10月31日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-09-15 20:56 | まんさくの花
<< 上喜元・純吟 美山錦 ひやおろ... 睛田・純米吟醸 雄町55(10... >>