まんさくの花・純吟 別誂(べつあつらえ)(2010.12.06 MON.)

ときどき
(日照時間・30分
c0084908_21525737.jpg
朝からぐずつき気味の曇り空で、時々小雨、お天気は“ブルー”マンデーでしたが、何しろ暖かい一日でした。午後3時の気温が15.2度ですから、ストーブ要らず。ホント、身体に楽でいいですねぇ。
↑ 千秋公園を通ったら、いつもは立ち止まってカメラを構えただけで飛び去ってしまうサギが、カモとマッタリと会話をしているようで‥‥見ているだけでノ〜ンビリした気分になり、しばしの間、12月の慌ただしさを忘れさせてくれました。

さて、ほとんどの蔵が22BYの新酒生酒ぐらいしか出す予定がない今の時期、21BY仕込みの新アイテムを出荷できるなんて大したものです‥‥
『まんさくの花・21-26號 純米吟醸 瓶囲い生詰原酒 別誂』です。
c0084908_21533584.jpg
「別誂」には使用米の違いによって、何種類かの「別誂」があります。純吟・秋田酒こまち、純吟・吟の精、そして今回の、使用米が『美山錦』の『21-26號 純米吟醸 瓶囲い生詰原酒 別誂』の三種類です。
その他に米違いではないけれど「大吟醸 別誂」なんてのもありましたから、単に「別誂」とお聞きになって、「あぁ、飲んだことあるよ」と簡単にパスをしないようにお願いしておきます。

では、何をもって「別誂」なのでしょうか?
純米吟醸だけに限っていえばその共通点は、精米率がいづれも『55%』で、最近の使用酵母はほとんどが『自社培養酵母』です。そして重要なのは、上槽後、必ず『半年以上にわたって低温瓶貯蔵熟成』させたという点にあります。

今回ご紹介の『21-26號 別誂』は、21BYですから貯蔵熟成期間は約一年と短いようですが、それも蔵が唎酒をして最上の「飲み頃」を見計らって出荷しただけのこと。飲み頃を迎えたのが、たまたま21BYだったということですから、「熟成期間が短いじゃないの?」というご心配もご無用ということです。

ということで、実は昨日、充分過ぎるほどの “唎酒” 致し‥‥さるところでの「忘年会」のお酒の選択を任されて、ご一緒に忘年もしましたが、数時間に渡ってしっかりと唎酒もさせて戴いたというわけです。

選んだお酒はいづれも秋田のお酒でしたが、A桜の純米大吟醸、A戸の純米大吟醸、A政の純米大吟醸出品酒を二種、K穂の純米大吟醸、K水の活性純吟一年熟成、それにこの『21-26號 別誂』。そして、何と20名近くの参加者の人気ナンバーワンが、この『21-26號 別誂』だったのです。

何が、このお酒を「忘年会」のナンバーワンにしたのでしょうか?
皆さん一様に言っていたのは、「他のお酒もどれも美味しい酒ばかりだけれど、『21-26號 別誂』は香りがほど良く、濃淡もほど良しで、お料理の邪魔をまったくしない」のがいいし、「飲み易くて、口中に淀むような雑味も残らず、スルッとキレてゆくから、また飲みたくなる」のがいい、ということだったのです。

私自身は、欲を言えばもう少し柔らかさというか、膨らみがあってもいいじゃないかなぁと思いましたが、少し硬くても(少し若くても)気持ち良くキレて後に残らないお酒を好む、最近の日本酒ファンの傾向を改めて垣間みる思いでした。

そして、何より驚かされたのが、実はこの『21-26號 別誂』、出品したお酒の中で最も価格の安いお酒だったことです。
ひと昔前なら、それぞれの価格を聞いて、高価なお酒から飲み尽くしていったものですが、今は違います。価格ではなく、自分の好みでお酒を選び、お酒だけを楽しむのではなく、お料理や会の雰囲気と一緒に楽しむ‥‥日本酒は、本当に面白い時代になってきたと思いますよ〜。

ということで、価格は1.8入・2,850円、720入はありません。
暖冬とはいえ季節は冬。1.8入を開栓後に冷蔵庫保管しなくても、超長期にわたらなければ問題なしです。しかもこの『21-26號 別誂』、冷やだけではなくぬる燗も楽しめそうですので、1.8入で様々に楽しんで戴けること間違いありません。

蔵からのパンフには出荷本数は書かれていませんが、「限定発売」とだけありました。こんなお酒が、思いの外早く終売になるんですよねぇ。
是非、お早めにお求め下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで「まんさくの花」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ〜。

c0084908_21544232.jpg『純米大吟醸・19BY 不死鳥』
720入・3,600円


c0084908_21564513.jpg『純米大吟醸・愛山酒』
1.8入・3,990円、720入・2,100円


c0084908_21572159.jpg『純米吟醸・八八七分の壱 No.15仕込(21BY-36号)』
1.8入・3,360円、7720入・終売


c0084908_2158114.jpg『純米吟醸 八八七分の壱 No.12仕込(20BY-39号)』
1.8入・3,000円、720入・終売


c0084908_21584781.jpg『純米吟醸・美郷 無濾過生詰 火入』
*リンク先の「美郷」とラベルは違っていますが、同じお酒です。
1.8入・3,150円、720入・1,740円


c0084908_2201679.jpg『特別純米・うまから万さく 無濾過生詰』
1.8入・2,730円、720入・終売 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月12日(定休日
・12月19日(定休日
・12月23日(天皇誕生日)午前10時~午後5時 営業致します
・12月26日(定休日
・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(
by nbhkkry20 | 2010-12-06 22:05 | まんさくの花
<< 上喜元・22BY 特純 仕込第... 飛良泉・山廃純米 No.15... >>