まんさくの花・純吟 三年熟成 限定酒(2011.01.18 TUE.)


(日照時間・6分
c0084908_20352283.jpg
今朝早く、川反通りでこの冬初めての除排雪が行われました。
町内には除雪をしても排雪する場所がなく、除けた雪は隣の店との間に積んで置くか、道路の中央に押し戻すしかありません。
しかも、狭いわりには車の通行量が多く、轍が深い溝となって歩く人の足をすくい、まるで泥田のようでした。
それが、最新式のロータリ除雪機と小型ダンプのコンボイで、僅か数時間で除排雪完了! すっかりキレイになりました。
今晩からは、安心して川反通りを歩けますよ〜‥‥飲みにお出で下さいまし。


さて、お正月休みも終った蔵からは少しずつ新酒生酒が入荷していますが、本日のご紹介は、新酒ではないけれど新入荷の‥‥
『まんさくの花・三年熟成 限定酒 低温瓶囲純米吟醸原酒』です。
c0084908_20355543.jpg
50%精米の酒こまちを、すっかり使い慣れた自社培養酵母を使い、日本酒度:+1.0、酸度:1.4というお酒に醸しあげ、アルコール分:16〜17度の原酒のまま瓶詰め、瓶燗火入れをし、それから三年のあいだ低温でじっくりと熟成させ、今ようやく飲み頃を迎え、満を持しての出荷です。

う〜〜〜旨い!
新酒生酒のようなフレッシュ&フルーティというのではなく、瑞々しくも落着きのある新鮮さ。老香の痕跡など微塵もなく、違和感なくスーッと体の中に染み込んでゆく。三年間も熟成させたとは思えない香味だ。

飲み初めは少し頼りなさげだが、喉に落としてやるとグンと押し返すような張りがあり、飲み堪えも充分。しかも、けっして雑な香りや重々しさを伴わず、あくまでも飲み口は軽快で滑らか‥‥そんなに軽いなんて、三年の熟成が勿体なくない? と濃醇熟成酒愛好者の方には文句の一つもつけられるかもしれません。

でも、三年熟成酒がこんなに軽く飲めるのがいいんですよね〜。
だって、重々しい熟成酒はいっぱいあるけれど、軽々しい熟成酒って滅多にありませんから。それに、けっして味わいの醸成を忘れておらず、ちょっと熱めのお燗をしたって崩れるわけなどありません。あ〜〜美味しそう。

新酒生酒のオンパレードが続くこの時期、それはそれで楽しいのですが、こんな瑞々しくも落着きのある香味を楽しめるなんて、ホントに貴重な『三年熟成 限定酒 低温瓶囲純米吟醸原酒』です。

1.8入・3,150円、720入・1,680円という価格。この味わいにしては、驚くほどコストパフォーマンスに優れている、というよりも蔵で値付けを間違えたんじゃないかと思えるほどの香味だと思いますよ〜。
そして、今直ぐ飲まなくても、新酒の生々しさに疲れた時にでも是非試してみてください。きっと、明日からまた飲むぞー! という勇気が湧いてくるはずです。

ところで、まんさくの花といえば、先日京都の北野天満宮を訪ねた折り、冷たい雪の中で見事に咲いておりましたした。
c0084908_20374468.jpg
それに、今年の歌会始の儀で、美智子さまが『おほかたの 枝葉は枝に残りつつ 今日 まんさくの花ひとつ咲く』と歌っておられましたし‥‥

c0084908_20391125.jpg← そして、お馴染みのラベルの文字が
「浩宮殿下のお習字のご進講役を務められた今関脩竹先生の奥様の枝竹先生のご揮毫」だということで‥‥


新春早々から「まんさく、まんさく」、今年は「まんさくの花」にとっていい年になりそうですね〜。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで「まんさくの花」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_20401113.jpg『純米大吟醸・19BY 不死鳥』
720入・3,600円


c0084908_20405322.jpg『純米大吟醸・21BY 愛山酒』
1.8入・3,990円、720入・2,100円


c0084908_20412617.jpg『純米吟醸・21BY 亀の尾55%仕込』
1.8入・3,150円、720入・1,740円


c0084908_20415741.jpg『21-26號 純米吟醸 瓶囲い生詰原酒 別誂』
1.8入・2,850円


c0084908_21365878.jpg『特別純米・22BY 槽しずく ささにごり』
1.8入・2,720円、720入・1,370円


c0084908_20423212.jpg『純米吟醸・21BY 美郷 無濾過生詰 火入』
*リンク先の「美郷」とラベルは違っていますが、同じお酒です。
1.8入・3,150円、720入・1,740円


c0084908_204348.jpg『純米酒・21BY 七山 生詰火入れ』
1.8入・2,730円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2011年1月~2011年2月の予定>
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日

・02月06日(定休日
・02月11日(建国記念の日)通常営業致します
・02月13日(定休日
・02月19日()都合により午前9時30分~午後3時の営業となります
・02月20日(定休日
・02月27日(定休日
by nbhkkry20 | 2011-01-18 20:47 | まんさくの花
<< 刈穂・番外品+21 生原酒&に... 雪と秋田からは離れられない?(... >>