まんさくの花・純吟 亀の尾55 火入れ (2011.11.02 WED.)

のち
(日照時間 324分
c0084908_21122488.jpg
11月とは思えない暖かい日が続いています。
今日は、ついに20度を記録しました。
渡り鳥も、これ以上南に向かうのをためらっているのかもしれません。

入荷は続いていたのですが、ご紹介するのは久しぶり‥‥‥
『まんさくの花・22BY 純米吟醸 亀の尾55 火入れ』です。
c0084908_21133010.jpg
使用米:亀の尾、精米率:55%
使用酵母:自社酵母、
日本酒度:+2.0、酸度:1.4、アミノ酸度:1.0
アルコール分:16~17度
*無濾過生詰原酒のまま瓶詰め、冷蔵瓶囲いをして出荷されている。
価格:1.8入・3,150円、720入・1,732円

まんさくの花さんの亀の尾仕込みといえば、純米大吟醸「亀寿」が評価も人気も高いのですが、この『純米吟醸 亀の尾55』も旨いんですよね~。

8月30日の「呑み切り」の際にちょこっと唎酒したのですが、その時の短評には 「GJ (グッド ジョブの意)、しっかり秋あがり」 とありました。

ということで、改めて唎酒してみると‥‥‥香りは、それほど吟醸っぽさはないが、美味しい酒特有の粗さもイヤミもないイイ香り。
口にふくむと、原酒とはいえあまり高くないアルコール分と、夏を越して落着いて円やかな酸味、亀の尾特有の甘味や苦味やエグ味、それらが渾然一体となって力強く奥行きのある味わいを形成し、ん~~旨い! もう一杯!

この『純米吟醸 亀の尾55』は「ひやおろし」とは称していません。でも、この美味しさ、この「秋あがり」感、もしかしてこの秋一番の「ひやおろし」かもしれません。まさに「呑み切り」で感じたそのままに、本当にグッド ジョブしていると思いますよ~。

蔵からの案内には数量限定と赤く大きな字で書かれていました。それに、出荷開始は10月中旬でしたから、この美味しさなら蔵在庫はもう無いかもしれません。
当店でも品切れゴメンです。
どうぞ、お早めにお問合せ、お求め下さいますようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて「まんさくの花」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_21141735.jpg『22BY 純米大吟醸生詰原酒 雄町酒 火入れ』

1.8入・3,990円、720入・2,100円


c0084908_21145753.jpg『22BY 純米大吟醸 生詰原酒 超限定』

1.8入・終売、720入・1,680円


c0084908_21152360.jpg『22BY 純米吟醸 生詰原酒 赤別囲(あかべっこ)』

1.8入・2,900円、720入・1,500円


c0084908_21161177.jpg『22BY 純米吟醸 杜氏直詰 生原酒(通称・ピンクラベル)』

1.8入のみ・2,625円


c0084908_21172289.jpg『21BY 生詰め原酒 特別純米 30粒』
使用米:日の丸、精米率:60%
使用酵母:協会9号、アルコール分:18~19度
日本酒度:+5.5、酸度:1.7、アミノ酸度:1.3

1.8入・2,730円、720入・1,370円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2011年11月~12月の予定>
・11月03日(木)文化の日 通常営業致します
・11月06日(定休日
・11月13日(定休日
・11月20日(定休日
・11月23日(水)勤労感謝の日 通常営業致します
・11月27日(定休日

・12月04日(定休日
・12月11日(定休日 酣々塾の忘年会
・12月18日(定休日
・12月23日(金)天皇誕生日 通常営業致します
・12月25日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は‥‥
───────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676  
───────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2011-11-02 21:20 | まんさくの花
<< 天の戸・夏田冬蔵 吟の精 火入... 刈穂・昔生酛純米酒 出羽の雫(... >>