上喜元・純米吟醸 神力 中採り(2012.05.14 MON.)

曇りのち 晴れ
(日照時間 588分
昨日の日曜日、県内の若い酒販店さんたちのグループ・酒和从(シュワット)が開催したイベント「酒縁2012」に出かけてきました。

c0084908_214594.jpg

主催するのも、参加するのも若者中心のイベントに、私みたいな年寄りではお邪魔かな? と思いながらも、参加蔵元とその出品酒をみれば行かないわけにはいきません。

発売中のお酒はともかく、これから出荷する予定のお酒は興味津々。出品各蔵のブースでしっかりと利き酒させて戴きました。

それにしても、こうして写真で改めて会場を見渡すと、幟や蔵の前掛けをぶら下げて賑わいを演出したり、お客さんの椅子は酒のP箱だし、(ここでは見えませんが)会場の外ではおつまみの屋台が並んでいたし・・・・こんなにゆっくりと飲めて食べて、基本会費1,500円(利き酒5杯付)というのですから、無駄に飾らない若者たちのイベントらしくていいもんでしたね~。
大変でしょうけど、これからも続けて欲しいものです。


さて、そのイベントとは全く関係なく、今日も上喜元さんの幻の酒米シリーズ・・・・
『上喜元・23BY 純米吟醸 神力 中採り 一回火入』です。

c0084908_2152681.jpg

使用米:福井県産 神力
精米率:50%
使用酵母:自社酵母
日本酒度:+4.0
酸度:1.5
アミノ酸度:1.2
価格:1.8入・3,050円、720入・1,530円

先回のブログでご紹介した『辨慶』同様に、「幻の」といわれる酒米『神力』。
「・・・生産量が極端に少ないため、今年も蔵に来てもらえるかと心配しておりましたが、無事に醸し終え、蔵人一同、自信をもってお薦めできる逸品に仕上がり・・・・」と蔵からの案内の通り、美味しいお酒になっておりますよ~。

上品で穏やかとはいえ、立ってくる香りはきっちりと吟醸香。口に含むと香りはフンワリと広がってゆき、ほのかに甘い酸が現れてきて、ん~~美味しい! 
飲み口はあくまでも滑らかで軽やか~なタッチ、それでいて、杯を重ねてゆくと芯のある味わいが底の方から湧くように現れて、最後はきれいにシュルーーッとキレてゆき・・・・ん~~何とも瑞々しい! お替わり、もう二、三杯! となるのは当然のことです。

蔵の案内には「 今年は中採りでご提供・・・」とありましたが、この美味しさなら「中採り」でなくとも、「荒ばしり」だって「責め」だって美味しいはず。まんさくの花さんのように、それぞれ別に「荒、中、責め」で出荷してくれても面白かったですけどねぇ・・・・。

まぁ、そんな我がままは、今度佐藤社長さんにお会いした時にでもお願いするとして、「中採り」だけに極々少量の出荷なことは間違いありません。
是非、お早めにお求めお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて「上喜元」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_2195364.jpg『23BY 純米大吟醸 辨慶 原酒 氷温貯蔵』

1.8入・3,990円、720入・1,995円


c0084908_21104437.jpg『23BY 特別純米 にごり酒』
使用米:山形産酒蔵好適米、精米率:55%
使用酵母:山形酵母、アルコール分:16~17度
日本酒度:+3.0、酸度:1.3、アミノ酸度:1.1

1.8入・2,625円、720入・1,320円(残り僅少)


c0084908_21111164.jpg『純米吟醸 五百万石 完全醗酵 超辛』

1.8入のみ・2,940円


c0084908_21114147.jpg『純米酒 出羽の里』

1.8入・2,100円、720入・1050円


c0084908_2112313.jpg『お燗純米酒 山田錦仕込』』

1.8入のみ・2,200円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2012年05月~2012年06月の予定>
・05月20日(定休日
・05月27日(定休日

・06月03日(定休日
・06月10日(定休日
・06月15日(金)全国鑑評会一般公開&日本酒フェア 於:池袋 サンシャインシティ
・06月17日(定休日
・06月24日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676  
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2012-05-14 21:12 | 東北の酒・上喜元
<< 春霞・特純 八反錦仕込 無濾過... 上喜元・純米大吟醸 辨慶 氷温... >>