上喜元・特純 にごり酒(2012.12.05 WED.)

曇り ときどき 小雪 (日照時間 36分
寒くなってきたとはいえ、日中は5度前後。最低気温が氷点下にはならず、雪もちらつく程度。
テレビや新聞の予報欄に、秋田はズ~~ッと雪だるまマークが並んでいますが、予報通りということもないんですよ。今日だって36分もお陽様が顔を出していたし・・・とはいえ、この先一週間も雪だるま。いよいよ師走の秋田らしいお天気になりそうですねぇ。


さて、上喜元さんから同時入荷した新酒生酒。その2は定番酒中の定番酒・・・・
『上喜元・24BY 特別純米 にごり酒』です。

c0084908_20145996.jpg使用米:山形県産米
精米率:55%
使用酵母:山形酵母
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:1.1
ALC度:16~17度
価格:1.8入・2,625円、720入・1,320円


改めてご紹介するまでもなく、毎年フレッシュ&クリアーな味わいで人気の一本ですが、さ~て今年はどんな香味に仕上がっているのでしょうか。利き酒、利き酒です。

開栓すると・・・ん? 以前は発泡ガスが元気よすぎて開けるのに苦労したのですが、すんなりと開けれられます。1センチほど瓶の底に沈んでいる滓も大人しく動きがない。ん~~ちょっと寂しいなぁと思いながら、ジッと見つめて約2分ほど。 
あれ? その滓が少~しずつジャンピングを始めるではありませんか。ん~~これです、これがなけりゃ「上喜元のにごり酒」ではないですよね。

そんな濁りがかったお酒をカポ、カポ、カポッとグラスに注ぎ、クイッとひと口。
ピリピリっとした快い酸みが口中を刺激し、オ~フレッシュ! 
ほのかな吟醸香と爽やかできれいな甘みがシュワ~ッと広がり、オ~フルーティ! 

しかも、口当りも喉越しもすべて滑らかで、どこにも引っ掛かることもなくシュワ~っとキレてゆき、ん~~~旨い! 美味しい! だけど、飲み始めたら止まりそうもなくてヤバイ! といっても、やっぱり飲みたい! ・・・・そんな美味しさの、今年の『上喜元 にごり酒』です。

残ったお酒はしっかりと栓を締め、キッチリと冷蔵保存してください。
次に飲む時、もしかしたら瓶内で醗酵が進み、ガスが溜り、発泡力が増しているかも知れません。
それはそれで楽しいのですが、再度の開栓にも充分にご注意下さい。

御蔵では、来年の春先まで出荷し続けてくれるはずですが、『上喜元 にごり酒』、これを飲まなきゃ新酒のシーズンは始まらない! ということで、是非お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ところで「上喜元」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_20153868.jpg『24BY 純米吟醸 出羽燦々太古米仕込 本生』

1.8入・2,940円、720入・1,470円


c0084908_20161531.jpg『22BY 特別純米 山田錦60 瓶燗火入れ瓶囲い』

1.8入のみ・3,045円


c0084908_20165137.jpg『純米吟醸 五百万石 完全醗酵 超辛』

1.8入のみ・2,940円


c0084908_2017948.jpg『純米酒 出羽の里』

1.8入・2,100円、720入・1050円


c0084908_20173597.jpg『お燗純米酒 山田錦仕込』』

1.8入のみ・2,200円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2012年12月~2013年01月の予定>
・12月09日(定休日 酣々塾の忘年会
・12月16日(定休日
・12月23日(天皇誕生日)午前10時~午後7時 営業致します
・12月24日(月)振替休日 午前10時~午後7時 営業致します
・12月30日()午前10時~午後7時 営業致します
・12月31日(大晦日) 午前10時~午後6時 営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月2日、3日は 午前10時~午後6時 営業致します
・01月06日(定休日
・01月13日()午前10時~午後7時 営業致します
・01月14日(成人の日)午前10時~午後7時 営業致します
・01月20日(定休日
・01月21日(月)臨時休業致します
・01月27日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676  
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2012-12-05 20:23 | 東北の酒・上喜元
<< 天の戸・純大吟 夏田冬蔵 吟の... 上喜元・純吟 出羽燦々<太古米... >>