月光飛天

 まんさくの花の先代社長・佐藤光男さんが大病を患い、長時間にわたる手術を受けて麻酔から醒め、最初に目にしたのが看護婦さんの優しそうに微笑んだ顔でした。そして、自分の両親にもしないような退院までの献身的な看護。そんな慈愛に満ちた看護婦さんたちをみて生まれたのが、この月光飛天。
 その由来の通り、二年も寝かせていながら瑞々しさを無くさず、生モト特有の深い香味が心にも身体にも優しい、滋味豊かなお酒です。
 ハレの日のお食事、大切の人との会食など、ちょっと贅沢なお料理を引立てる食中酒としては間違いなく逸品。稀少な個性が光る純米大吟醸です。
・720入のみ 3,066円
c0084908_116211.jpg

by nbhkkry20 | 2007-04-28 11:06 | まんさくの花
<< 若葉 ツバメ >>