まんさくの花・ななやま

 今季19BYの酒造りが始まって、各蔵とも新酒の出来上がりを待つように、秋のひやおろし以降、ほとんどの蔵から新商品の出荷がない状態です。寒さとともにお酒の最需要期に入ってきたのにちょっと物足りないところですが、秋田ではただ一つ、「まんさくの花」からだけは次々と新商品が出荷されています。
 「純米酒・七山・生詰め・瓶燗火入れ瓶熟成」のご紹介です。
c0084908_2155826.jpg

 「山」田錦を「七」割に搗いたから「七山」。この蔵お得意の判じ物のような名称ですが、「MK−X」や「吟熟」などよりは「七山」ってお酒らしい名前でいいと思いますけどねえ。
 蔵では『品質的にも金額的にも日本一の山田錦。そんな米だからこそ、あまり磨かない米本来の味に挑戦・・・』と申しております。この「七山」の味が山田錦本来の味なのかどうかはわかりません。ただ、飲んでみると嫌味なくすーっと入るのに底堅く、生詰めの効果もあってみっちりとした密な味わいで飲み応えあるのは確かです・・・こんな美味しさが、山田錦本来の味わいなのかもしれません。
 その意味では、丁寧に造られた山田錦のお酒なら全国何処のお酒も同じように山田錦の特徴を引出しているのでしょうが、それをいとも簡単に、しかも、60%ではなく70%精米ででかしたのが、最近のまんさくの花の心境著しいところだと思うのです。
 冷やしてはもちろん、常温でも、またはぬる燗にしても美味しく飲めるのも山田錦のお酒の特徴。木枯らし吹く寒い夜など、あったか〜いおでんや鍋物などと一緒に楽しむにはピッタリですネ。是非、お試し下さい。
・1.8入のみ 2,625円 終売致しました

*まんさくの花からは、19BYの新酒生酒が出るまでに、もう一つ新機軸の18BY純米酒が出ると予告をしています。乞う、ご期待! です。
by nbhkkry20 | 2007-11-10 21:59 | まんさくの花
<< 佐藤佐七の塩魚汁(ショッツル) 冬支度 >>