まんさくの花・吟丸(ぎんまる)

まんさくの花の蔵から、『香りは立たないけど、芳醇』『辛くないけど、甘くはない』『濃く感ずるけど、サラリと飲める』『余韻は長いが、飲み飽きしない』、そして価格は『決して安くはないけれど、この酒質なら絶対に高くはない』という、攻走守揃った・・・いろんな意味で超バランスのとれた純米吟醸が入荷してきました。
c0084908_1632664.jpg

 香りや味の様々な要素の何か一つが出しゃばらず、どこにも障らない、角がない、まん丸だ。だから、その名も「まんさくの花・吟丸」。既に、「吟丸」は登録商標取得済みというのですから、よほど以前からこの超バランスにこだわったお酒を造りたかったのでしょう。
 使用米は、蔵人さんたちが冬の酒造りに思いを馳せながら栽培した「酒こまち」と「美山錦」。それを50〜55%精米し、日本酒度+4.0、酸度1.4、アルコール16度に仕上げ、瓶貯蔵で低温熟成させた純米吟醸に仕上げています。更に、ラベルはまんさくの花カラーの旧来ラベルを復活。いろんな意味で、満を持して発売したお酒なのです。
 蔵では、発売中の「うまからまんさく」と並ぶ、蔵の基軸商品にしたいと考えています。しかし、デパートやスーパーや量販店での販売はしないという、流通面ではちょっと角が立ちそうな方針ですが、この「吟丸」を大事に育てたいという蔵の気持ちをくみ取って戴き、皆様には、長〜〜く愛してくださるようお願いする次第です。
 先ずは、忘・新年会などに持ち込んでみてはいかがでしょう。「エッ? こんなスルーッと飲めるお酒、初めてぇ〜〜」なんて言わせる貴方は、ヨッ、日本酒通!
・1.8入のみ 2,850円
by nbhkkry20 | 2007-12-06 16:40 | まんさくの花
<< Fryday-night in... 薄暗い街 >>