うまからまんさく・無濾過生(08-04-25 FRI.)

日照時間342分) 桜(ソメイヨシノ)があらかた散ってしまい、花がないけど観桜会開催中! の千秋公園本丸ではなく、入口にある図書館まで、ウインドブレーカーなしで自転車を飛ばしたら寒いっ!
 晴れていましたが、北よりの風で気温は12℃止まり、身体はコチコチ。帰ってきて思わず石油ストーブを点けちゃった、というような一日でした。

 図書館の前の八重桜、今が満開。
c0084908_2220114.jpg

 日に日に濃さを増している新緑と、まるで絵に描いたようなマッチング〜
c0084908_22203232.jpg


 さて、しばらく前に入荷していましたが、“予想以上に美味しい”お酒のご紹介。『まんさくの花・うまからまんさく無濾過生酒』です。
c0084908_2221157.jpg
 このお酒の米「秋の精」は、秋田の農業試験場でトヨニシキと美山錦を交配育成し、2000年に品種登録された酒米です。

 「秋の精」は、“美山錦”に比べれば耐冷性が強く、稈長が短く倒れ難く、心白が少なくて小さいが、“吟の精”よりは穂数が多く、心白が大きい。つまり、丈夫でたくさん収穫できるけど、高級酒用ではなく中クラスのお酒の掛米にはピッタシ、という酒米です。

 しかし、収量が安定していて価格もある程度低いことから、ここ数年は掛米に使われるだけでなく、オール秋の精での酒造りが増えてきています。そして、醸されるお酒は押し並べて「サッパリ辛口」系。これまでの秋田の酒米ではあまりなかった酒質を得られています。もしかしたら、北陸の五百万石のお酒に近いのかな?

 この『うまからまんさく無濾過生』もオール秋の精仕込みの、まさにサッパリ辛口系です・・・が、ヤッパリ無濾過生、タダの淡麗辛口ではありません。
 濃醇でコクッとした凝縮感、酒本来の甘味(旨味)を無くさず、瑞々しく美味しい酸味と高い日本酒度でサラッとキレる。濃醇だけどサッパリ、甘味もあるけど辛口という矛盾がいっぱいの味わい。だから、ウマ・カラまんさくなんですね。

 しかも今年は、精米率は麹も掛も55%で昨年より5%アップ。タダの純米ではなく、もはや特純か純吟。協会9号酵母を使い、日本酒度+10、酸度1.7のお酒に醸し上げています。

 何より嬉しいのは、この「秋の精」。実は蔵の杜氏・高橋良治さんが山内村で自ら丹誠を込めて栽培した「秋の精」なのです。自分で育てた米での酒造り、力が入らないわけはありません。もしかしたら、大吟醸の鑑評会出品酒よりもリキが入った、なんてことは・・・あるかもしれませんよ〜。ことほどさように、今年の『うまからまんさく無濾過生』は旨いんです。

 但し、残り数が僅か。生が終われば火入れになり、火入れは火入れで美味しいんですが、私とすればず〜〜〜っとこんな生酒を飲みたいなぁ、と思っています。皆さんも、お早めに先ず一本! いかがでしょうか?
・1.8入 2,625円  ・720入 1,320円
終売致しました
by nbhkkry20 | 2008-04-25 22:28 | まんさくの花
<< 白瀑・純米吟醸 山本(08-0... 語る、語る(08-04-21 ... >>