カテゴリ:たてのい( 6 )

最後の? たてのい(08-07-01 TUE.)

c0084908_237787.jpg日照時間618分) ま〜つか〜ぜ〜さぁ〜わぁ〜ぐぅ お〜かのぉ〜う〜え〜 古城よ一人何偲ぶ(古い!)・・・って、唄いたくなるような景色でしょう。
 千秋公園二の丸から本丸への階段です。風は、「騒ぐ」ほど吹きませんでしたが、日ざしの下を歩いて少し汗ばんだ身体には、この木陰の涼しさはホントにい〜い気持。今日も、爽やかな一日でした。
 それにしても、階段の手摺。身体の弱い方には必要なのですが、もう少し景色に邪魔をしない設置の方法がなかったのかなぁ。

 さて、今日は昨日のお約束通り、美味しくて惜しい(?)お酒のご紹介。『たてのい・「純米」「山廃純米」「純米吟醸」 19BY 中取り原酒 瓶囲い』です。
c0084908_23837.jpg
 「たてのい」純米シリーズは、去年も旨かったし、今年の新酒生も美味しかった。そして、今年の火入れ酒も絶対に美味しいはずなのは充分に分かりますが、「惜しい」ってどういうこと?

 ・・・実は、「たてのい」の醸造元である横手市の沼館酒造が、突然に蔵を閉めることになったのです。
 閉めるということは5月の連休後には知りましたが、昨日、蔵からの正式な閉鎖の連絡があったので、こうして沼館酒造最後のお酒をご紹介しながら、皆様にお伝えする次第です。

 蔵からの連絡には、「・・・当社はこの度諸般の事情により、去る6月23日株主総会において、会社の解散を決定いたし・・・」という、簡単な文章の印刷物、一枚。百年近くの歴史をもち、戦後の企業整備の際も操業工場として経営を続け、いっときは7千石を超える石数を誇った蔵としてはあまりにも寂しい最後のように思えました。そんなものだよ、と云われればそれまでですが・・・残念です。

 ということで、2月、3月、4月とご紹介した新酒生酒が終わり、そろそろ火入れの酒が入荷してくる頃と心待ちにしていた矢先に、蔵からの出荷が一切ストップされてしまったのです。

 しかし、「たてのい」はここ数年の間に、当店にとっても、飲食店さんや愛飲家の方達にとっても、なくてはならないお酒に急速に成長してきました。
 来年からは「たてのい」をもう飲むことはできないけれど、今年のお酒はまだあるはず。会社が、閉鎖だ、解散だ、清算だとゴタゴタしている間に、中取りや瓶囲いといった素性のはっきりしたお酒はどうなるのだろう。少しでもいいから、素性のはっきりしたお酒を頒けてもらえないだろうか。そして、秋田の沼館に「館の井」という銘酒があったことを一人でも多くの方に記憶してもらわなくては・・・そう思い、ゴタゴタしているのを承知で蔵に問い合わせ、昨年と同じ「中取り原酒、瓶囲い」の「たてのい」純米シリーズ・火入れ酒三種を確保したのです。
 お酒は、6月初めに入荷してきました。それから今日まで、11度前後の大型冷蔵庫で静かに熟成させてきました。

 昨シーズンの火入れ酒の入荷は、純米酒が4月、純米吟醸が6月、山廃純米は10月でした。ですから、今年も純米と純米吟醸はそろそろ飲み頃になっていますが、山廃純米は確かに若いと思います。
 でも、「たてのい」は若い時期から飲み始めても美味しいし、今回の発売に際して行った利き酒でも、充分に旨味はのっていると感じました。もちろん、これから少しづつ熟成を深めて、香味共に今以上に深い味わいになることは、昨年までで実証済み。今飲むも良し、もっと熟成させても良し、です。

 そして、こんな美味しいお酒が来年から飲めなくなるなんて、本当に惜しい。こんな良い酒を造る蔵がなくなるなんて、本当にもったいない・・・残念を通り越した無念さと、日本酒業界が直面している現実の厳しさ、それに対してどうにも出来ない我々の非力さを、強く強く感じながらの利き酒でした。
  
 「たてのい」最後の純米シリーズ、宜しく、宜しくお願い申しあげます。
・19BY 純米吟醸 中取り原酒 瓶囲い 1.8入のみ 2,950円
・19BY 山廃純米 中取り原酒 瓶囲い 1.8入のみ 2,600円
・19BY 純米酒 中取り原酒 瓶囲い  1.8入のみ 2.350円
    *それぞれのお酒の詳細は、お問合せください。
by nbhkkry20 | 2008-07-01 23:12 | たてのい

たてのい・山廃純米 生(08-04-17 THU.)

日照時間480分) ちょっと前に入荷していたのですが、いろいろあって、花曇りだった今日のご紹介になりました。
 『たてのい・わくわく山廃純米 中取り生原酒』です。
c0084908_21401521.jpg
 仕込順号33號。秋田酒こまちを60%精米し、協会10号酵母を使い、山廃酒毋で醸し、アルコール16.8度、日本酒度+6.0、酸度1.7というお酒に醸しています。

 え〜〜と、去年の「わくわく山廃」は確か9号酵母だったのに、今年は10号酵母。それで「山廃」なんて面白いじゃないですか。何故って、独特の渋味や苦味やエグ味が魅力の山廃仕込みに、優しい吟醸香とスキッとした飲み口を醸し出すのが特徴の10号酵母を使ったのですから、どんなお酒になったのか興味津々ですね。

 一応は利き酒をしたのですが、私の感想よりも、蔵元インプレというのがありますので、先ずはそちらをご覧下さい。
 『・・・速醸モトの純米酒はきれいであるものの、線の細さと味の幅の「あと一歩」がモノ足りず、その答えを山廃モトのふくよかさに求めました。まずは新酒でお味見いただきますが、この酒の本来の魅力は秋口以降にあると考えておりますので、生の新酒は少量だけの限定販売にさせていただきます。しっかり熟成したこの酒の未来を「わくわく」と楽しみにしながら、新酒をみていただければ幸いです。』と蔵元は申しておるのですが・・・。

 確かに、この「わくわく山廃」は速醸にはないふくよかさと味の幅、腰の強さみたいなものを感じさせ、飲み応えというか、香味の充実感は速醸よりも数段上です。しかし、この「わくわく山廃」は、速醸のもつ綺麗さや軽妙感も、何故かきちっと持ち合わせているのです。もしかしたら、秋を待たなくともこの酒の本来の魅力は、既に発揮されているのじゃあないだろうか?

 なんて大袈裟ですが、そこらあたりは、この「わくわく山廃」の上槽が「中取り」っていうことに関係ないでしょうか。そして、この仕込順号33號は、この「生原酒」だけが「中取り」で、秋口まで寝かされるのは「中取りではない」のです。

 それに、秋口以降に酒本来の魅力を発揮されても、今の「たてのい」人気からすれば、秋まで待ってもあっという間の品切れで、結局飲めなかったなんてことにもなりかねません。
 そんなことにならないように、今は今の魅力あるお酒を存分に楽しみましょう。ワクワクしながら、そう思いますけどね〜。
・1.8入 2,700円  ・720入 1,350円
by nbhkkry20 | 2008-04-17 21:42 | たてのい

たてのい・純米 生原酒(08-03-24 MON.)

c0084908_17354527.jpg日照時間0分) 予報通りに午後からは雨。かなりの本降りですが、数週間前と違って、今日のは暖っかい春の雨です。ひと雨毎に春が近づくようで、気分も暗くなりません。
 ただこの先一週間、こんな天気が続くという予報なので、それだけは勘弁してほしいなぁ。


 さて、『たてのい・純米 生原酒』のご紹介です。
c0084908_17371824.jpg
 この生原酒、2月に出荷され既に完売した「おりからみ」の「おりからみでない」ヴァージョンです。その「おりからみ」が非常に美味しくて、あの時の誉め過ぎ気味の評価は間違いではないと思うのですが、こうして、「おりからみでない」生原酒を利き酒してみると、さて、どうお伝えしていいのか悩んでしまいます。
 同じ仕込配合、同じ搾りの同じ生酒ですから、酒暦数字は「酒こまち60%精米、日本酒度+5.0、アルコール16.8度」と同じです。但し、酸度が1.8ccと「おりからみ」より0.2cc低いのです。「おりからみ」と「おりからみでない」生原酒の違いは、この酸度の僅かの違いが味の違いとして出てきているのかもしれません。
 「おりからみ」は、“2.0と高い酸味は甘やかで、果実を齧ったように爽やか。新酒の香りとあいまって、まるでグレープフルーツの果汁をゴクリッと飲むような爽快感、もちろん2.0という酸度でサッとキレる”と感じたのですが、この「おりからみでない」方はもちろんキレはいいのですが、ジューシーで爽快な香味の余韻が長く続き、それだけ味わいに深さが出てきたようなのです。
 少しずつ春の陽気が高まり、極寒に飲むのとは、同じ酒でもその美味しさの感じ方はだいぶ違うはず。これからの気温が高くなってゆく季節には、味わい深さのある酒をキリリと冷やして飲るのもいいし、花冷えの中で常温で飲むにも相応しい・・・そんな感じのする「おりからみでない」純米生原酒です。
 蔵では、昨年より少しは増石をしたといっていますが、価格の手頃さからして、先の「おりからみ」のようにあっという間に品切れになることも予想されます。是非、お早めにお楽しみ下さるようお願い致します。
・1.8入 2,400円  ・720入 1,200円

c0084908_17382185.jpg *沼館酒造の「たてのい」シリーズの特約店からお届けするお酒には、このような裏ラベルが貼られることになりました。
 QRコードからは、お酒の成立ちが読めるとのこと。どうぞご利用下さい。
by nbhkkry20 | 2008-03-24 17:47 | たてのい

たてのい・純米吟醸・生(08-02-22 FRI.)

c0084908_20365951.jpg 日照時間170分) 午前中は燦々と日が照っていたのに、夕方には雪まじりの雨。明日は、低気圧の通過で吹雪の予報です。気温が高めなので、きっとベタベタした吹雪だろうな〜。
 それにしても、雪の多い冬です。降雪量は、横手や湯沢など山沿いでは、一昨年の豪雪を超えているというのです。
 秋田・宮城の県境にある東成瀬村では、2月も今になって豪雪対策本部を設置しています。積雪が2メーターを超えたということですが、詳しくは、東成瀬村の村長さんのブログを覗いてみて下さい。過疎地と呼ばれる地域に暮らす人達の大変さと頑張りが伝わってきて、本当に面白いブログですよ。


 さて、新入荷です。
 今月初めにようやく新酒第一弾が入荷して、やっぱり旨い!と大好評の「たてのい」さんから第二弾、第一弾よりワンランク上のお酒『たてのい・純米吟醸・生』が入ってきました。
c0084908_20393566.jpg
 50%精米の秋田酒こまちを、今年は9号系の酵母を使い、日本酒度+0.5、酸度1.5、アミノ酸度0.5、というお酒に醸しています。アルコール度数が16.5とかなり低く仕上がったのですが、0.5という低いアミノ酸度と相俟って、非常に軽やかです。
 生なのに生臭くなく、原酒なのに重くない、日本酒度だって+0.5といえば甘い?と言われそうですが、決して甘くはない。ジューシー&フルーティ(ワインじゃないんですけど、ネッ)で爽やかな酸味と、スーッとキレてゆく後口で、これまでの生酒独特の重くてきつい印象は全くありません。ホント、飲みやすいですね〜。
 この美味しさなら、夏から秋にかけて出荷される、火入れのお酒の出来も大いに期待されるというものです。
 純米吟醸は、昨年より少し増石しましたと蔵では言っておりますが、県外での人気が高く、3月末には品切れとなるのは必至です。是非、お早めにこのジューシー&フルーティ(大事なことだから、二度言いましたよ)な香味をお楽しみ下さるようお願い致します。
・1.8入 3,000円  ・720入 1,500円
終売致しました
by nbhkkry20 | 2008-02-22 20:45 | たてのい

たてのい 純米生 おりからみ(08-02-02 SAT.)

c0084908_19575371.jpg日照時間76分)日曜日の関東地方は雪という予報ですが、そんな時はこちら側の寒気は緩みます。気温が4℃位の予報で、寒さも明日はひと息つけそうで、ホッ。


 さて、昨年秋から新入荷がなかった「館の井」沼館酒造の「たてのい」シリーズ。19醸造年度の第一弾、『たてのい・純米生・おりからみ』が入ってまいりました。
c0084908_1958511.jpg
 「たてのい」シリーズの使用米は、今年も100%「秋田酒こまち」。その手始めが、この60%精米の純米酒です。モヤモヤッと濁った滓をからめて、槽から滴る荒ばしりの様・・・但し、発泡は致しません。
 アルコール16.8度で、ほゞ原酒。日本酒度が+5.0、今季の秋田の新酒の中ではかなりの辛口。そして酸度2.0というのですから、数字的には完璧にズッシーンと重い濃醇辛口タイプ・・・いや、完璧にそうではないのです。
 立ち香は穏やかで、キレェーに澄んでいるのが分かります。口に含むと香りはふくよかさを帯びてきて、吟醸タイプかと思うほどの含み香。2.0と高い酸味は甘やかで、果実を齧ったように爽やか。新酒の香りとあいまって、まるでグレープフルーツの果汁をゴクリッと飲むような爽快感、もちろん2.0という酸度でサッとキレる。
 確かに、荒さやエグミもある。しかし、酒の善し悪しにはまったく影響なく、逆にその荒さやエグミは酒の味わいを深める役目をし、今後の瓶内生熟成にも期待は大きいぞ・・・なんて、久しぶりの「たてのい」シリーズで、利き酒にもリキが入りすぎちゃったかなぁ? まぁ、ことほど左様に美味しかったということですので、ご勘弁を願います。
 来月以降、順次出荷される予定の純米吟醸生、山廃純米生、そしてそれらの火入れ酒・・・昨年、出荷するお酒が次々と品切れする人気だっただけに、今季の第一弾の出来が心配でした。でも、これなら先ずは心配なし!
・1.8入 2,400円 ・720入 1,200円 終売致しました
by nbhkkry20 | 2008-02-02 20:13 | たてのい

「うきうき」から「わくわく」へ


 お待たせしました! 「館の井」から「たてのい」の18BY最後の純米系のお酒が入荷してきました。
 「たてのい」は出荷する端から品切れとなって、リピートのご注文になかなかお応えできず大変ご不便をおかけしておりました。ここにきてようやく出荷されたのが、この「わくわく山廃純米酒」。もちろん瓶燗火入れ瓶囲いで、キチッと熟成させての発売です。
c0084908_14534916.jpg

 発売中の純米大吟醸が「うきうき」で、今度は「わくわく」。おふざけだとお思いでしょうが、でも、飲んだら本当にWAKUーWAKUです。
 ひと夏じっくり熟成させたのに、フレッシュ感がたっぷり残り、ジューシーな香りや酸味、まるで果実を齧るような香味。従来の山廃酒とはだいぶ違うような気がします。
 でも、この「柑橘系」とでもいうような香味が、これまで日本酒を飲まなかった若い人、特に若い女性を引きつけて、日本酒ファンというより一気に「たてのい」ファンにしています。
 蔵では、来年はもう少し純米系「たてのい」を増やしてご迷惑のないようにと申していますが、こんな美味しさはあまり広く知られずに独り占めしたい・・・でも、蔵にそんなことは言えません。ただただ、今の美味しさが無くならないように、と祈るのみです。
 さ〜て、今宵も WAKUーWAKU しましょうかネ。
・1.8入(限定30本入荷) 2,500円 終売致しました
・720入(限定36本入荷) 1,250円 終売致しました
by nbhkkry20 | 2007-10-17 15:20 | たてのい