カテゴリ:福禄寿( 13 )

福禄寿・純米吟醸 農醸 火入(2017.04.22 SAT.)



さて、本日は「福禄寿」さん‥‥といっても「一白水成」ブランドではなく、「福禄寿」ブランドの純米吟醸酒です。それも、一般販売は県内8店の酒販店のみという、完全に県内限定酒ですぞ〜〜!

c0084908_19171520.jpg御蔵からは 大潟村の松橋ファーム様と4年前から共同に創り上げた一品でして、「農家が造る日本酒」をテーマに米作りから酒造りまで消費者の皆さんに関わりをもってもらう、つまり農家が生産から消費まで、いわば国が目指す6次産業事業といっていい企画‥‥というご案内。

そして、これまではこの企画に賛同するメンバーを募集し ささにごり(生)・生酒・ひやおろしの年3回に分けてそのメンバーのみに販売 してきましたが、プロジェククト4年目の今年は お米の生産量・仕込み数量も増え一般販売できるように なったということで、こうして当店からもご案内する次第です。

「農醸」、いえ“農場”ではありません。酒米の種から日本酒が出来上がるまで、作業体験をしたり、生育過程を見守ったり、交流しながら醸されたお酒 だから「農醸」‥‥ん〜〜さすが、耕地面積の中の水田面積比率が97.4%(日本一!?)を誇る大潟村から生まれたお酒なればこその酒名ですねぇ。

そこで、「農醸」の肝心のお味ですが‥‥実は明日、大潟村の松橋ファームさんで、来シーズンの「農醸」用の酒米の種まきが行われます。当店からは、花コメが代表して手伝いにゆく予定ですが、明日の種まきをする酒米の種類が改良信交! と聞いて花コメ、万全の体調で臨まなければ‥‥ということで、本日の唎酒は無し。種まきを無事終えたら、しっかりとコメントを書くそうですので、乞うご期待! です。

まぁ、爺コメでもいいかもしれませんが、花コメが種まきから酒造りまで一年を通じて関わろうと張り切っていますので、ここは一つ花コメの唎酒評価を待つことに致しましょう‥‥‥‥
『福禄寿・28BY 純米吟醸 農醸 火入れ』です。

c0084908_19215329.jpg使用米:大潟村の松橋ファーム作付け 秋田酒こまち
精米率:50%
使用酵母:秋田県酵母
日本酒度:ー2.0
酸度:1.6
アミノ酸:1.0
ALC度:16.1%

価格:720入のみ・2,160円

花コメ:「農醸」・・・一言で言うなら、この名前にぴったりの味です。素朴で、優しくて、大地を想像させるたくましさも持っている・・・日本酒が「米」の酒であることを再認識させてくれる、しみじみ美味いお酒です!
そして、昨日の「お米の種まき」は、私にとって初めての貴重な体験でした。ビニールハウスの中でちっちゃい芽を出し始めたお米の赤ちゃんの可愛らしさ♡まるで新生児室にいるよう・・・。これから一年、この子の成長を見守るおばあちゃんの心境です。皆さんもご一緒に体験しませんか? お酒を飲む楽しさ、どんどん広がること間違いなしです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2017年04月~2017年05月の予定>
・04月23日()定休日
・04月29日(土)昭和の日 通常営業 致します
・04月30日()定休日

・05月03日(水)憲法記念日 通常営業 致します
・05月04日(木)みどりの日 通常営業 致します
・05月05日(金)こどもの日 通常営業 致します
・05月07日()定休日
・05月14日()定休日
・05月15日(月)お休み 致します
・05月21日()定休日
・05月28日()定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*秋田の 花・旅・人 も御覧ください。

当ブログへのお問合せ等は下記宛にお願い致します。
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676
 営業時間・午前9時30分~午後9時00分
 定休日・毎週日曜日
────────────
*尚、未成年の方からのお問合せにはお応えできませんのでご了解ください。

by nbhkkry20 | 2017-04-22 19:31 | 福禄寿 | Comments(0)

福禄寿・純米吟醸 草木谷のしぶき (2015.02.27 FRI.)

曇 ときどき 晴 ときどき 吹雪 日照時間 156分

お酒のご案内の前に臨時休業のお知らせを・・・・・
店舗の冷蔵庫改修工事のため、*3月7日(土)、8日(日)はお休みさせて戴きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承をお願い申し上げます。


さて、本日の「福禄寿」さんのご紹介は一年八ヶ月ぶり・・・昨年137回を迎えた秋田県の農の祭典「種苗交換会」を開設し、秋田県農業の礎を築いた秋田の大偉人、農聖・石川理紀之助翁ゆかりのお酒です。

明治時代、石川翁が身を以て貧農生活をしながら、村人を督励し、借金を返させ、貧農救済に一生をかける端緒となった地が(潟上市)豊川山田村の「草木谷」。その地で、石川翁の心の原点に立ち戻り、地域住民と恊働し美しい里山復活と下流にある八郎湖の環境保全を目的に、無農薬・無化学肥料で育てた酒米を使い、隣町の五城目町にある「福禄寿」さんで醸されたのがこのお酒です。

収益の一部は環境保全活動に使われ、愛飲家はお酒を飲むだけで環境再生活動に参加できるという仕組みになっているということですので、石川翁に倣い「身を以て」環境再生に協力するために、翁の残した「寝ていて人をおこす事なかれ」の言葉通りに率先垂範、先ずは自分から飲むことに致しましょう・・・・・・
『福禄寿・26BY 純米吟醸 草木谷(くさきだに)のしぶきです。

c0084908_18574987.jpg使用米:酒こまち
精米率:58%
使用酵母:協会1001号
日本酒度:+1.0
酸度:1.7
アミノ酸:1.3
ALC度:17度前後

価格:1.8入・3,240、720入・1,620円


花コメ:このお酒、ちょっと燗した方が好きです! 
ぬる燗にすると、香りがまろやかになり、ほんのり甘く、まるでウエハースのようになります。
しかし、お米の旨味は、冷やと変わらずググッと全面的に出てきて・・・飲むと辛口なのもいいっ!
料理と共にゆったり味わいたい、そんなお酒です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2015年03月~2015年05月のGWの予定>
・03月01日(定休日
・03月07日(土)冷蔵庫改修工事のため臨時休業致します
・03月08日(定休日
・03月15日(定休日
・03月21日(土)春分の日 通常営業致します
・03月22日(定休日
・03月29日(定休日

・04月05日(定休日
・04月12日(定休日
・04月19日(定休日
・04月26日(定休日
・04月29日(水)昭和の日 通常営業致します

・05月03日(憲法記念日 通常営業致します
・05月04日(月)みどりの日 通常営業致します
・05月05日(火)子供の日 通常営業致します
・05月06日(水)振替休日 午前10時~午後6時 営業致します
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676
*午前9時30分~午後9時30分
 定休日・毎週日曜日
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2015-02-27 19:20 | 福禄寿

福禄寿・純米吟醸 隠れ彦べえ 五百万石(2013.06.22 SAT.)

曇り(日照時間 54分
夏向きのお酒のご紹介が続いていますが、今日のお酒も、ラベルからして夏のお酒・・・かな?
『福禄寿・24BY 純米吟醸 隠れ彦べえ 五百万石 火入れ』です。

c0084908_16393828.jpg使用米:新潟県産 五百万石
精米率:58%
使用酵母:金沢酵母
日本酒度:+2.0
酸度:1.9
アミノ酸:1.1
ALC度:16.8度

価格:1.8入・2,520円、720入・1,260円

酒暦にあるように、米・五百万石で酵母・金沢酵母とくれば「瑞々しい香りと、飲み口滑らか、少し淡麗、少し辛口、軽いタッチでスパッとキレてゆく」という北陸酒独特の味わいになるのかな? と思いながら利き酒してみると・・・・。

確かに、香りは瑞々しく綺麗に澄んだほのかな吟醸香で、美味しそう~。
口に含むと、シュワッとした甘さを伴った酸が一瞬にして口中に広がり、爽やか~。
でも、飲み口は軽いけれど淡麗と表現できるほど軽くはなく、日本酒本来の甘さはあっても甘過ぎる! ということはなく、かといって辛口! というほどではない。

そして、最後はスパッとではなくジュワーーッとキレてゆき、ジューシーな余韻が残って美味しい! これなら絶対にお替わり! もう四、五杯! となること間違い無しの旨さ・・・ん~~いくら米も酵母も北陸産といえども秋田の水と秋田の人が醸したら、やっぱり “少し甘め・少し濃醇” な秋田特有の味わいをもったお酒になるんですね~。

ということで、ラベルは夏向きっぽいのですが、酒質はしっかりとしたボディとみっちりとした旨みで、むしろ重厚な印象。夏だけではなく、こんな奥深い酒なら年中飲んでいたいもの。しかも、五百万石の58%精米でこの価格ですからコストパフォーマンスも良し! これなら、毎日飲んでも懐OKの純米吟醸・・・と、良いこと尽くめの今年の隠れ彦べえ 五百万石』です。

ただ、発売直後ながら御蔵では予約で完売しているようです。
どうぞ、お早めにお求めお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2013年06月~2013年08月の予定>
・06月23日(定休日
・06月30日(定休日

・07月07日(定休日
・07月14日()午前10時~午後6時 営業致します
・07月15日(月)海の日 午前10時~午後6時 営業致します
・07月21日(定休日
・07月28日(定休日

・08月03日~06日 秋田市竿灯まつり 期間中は通常営業致します
・08月11日(定休日
・08月18日(定休日
・08月24日(土)臨時休業  致します
・08月25日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676
*午前9時30分~午後9時30分
 定休日・毎週日曜日
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2013-06-22 16:59 | 福禄寿

福禄寿・純吟 隠れ彦べえ 生酒 (2012.12.18 TUE.)

雨 のち 曇り(日照時間 30分
そういえば、今週末は三連休。いよいよ、忘年会も追い込みですねぇ・・・。
師走の総選挙で忘年会どころではなかった方も、カレンダーの日数より忘年会の数の方が多かった方も、今度の三連休が終わればすぐに御用納め、今年の憂さを晴らす時間もあと僅かです。
美味しいお酒をいっぱい飲んで、来る年のために鋭気を養うことに致しましょう。


そんな時には、こんなを呼ぶ新酒生酒を是非どうぞ・・・・
『福禄寿・24BY 純米吟醸 隠れ彦べえ 五百万石 生酒です。

c0084908_20375794.jpg使用米:新潟県産 五百万石
精米率:58%
使用酵母:金沢酵母
日本酒度:+2.0
酸度:1.9
アミノ酸度:1.1
ALC度:16.8
価格:1.8入・2,520円、720入・1,260円


米も酵母も北陸産で、水と人手が秋田産という「脱秋田」を目指して造り始めた「隠れ彦べえ」ですが、さ~て今年はどれだけ秋田らしくないお酒になったのか? それとも、北陸の材料を使いながら、やっぱり秋田色に染まってしまったのか? ・・・・利き酒です。

香りは穏やか~で、優しい吟醸香がほのかに立ってきて、ん~~爽やか~。
口に含むと、軽くシュワシュワッとした酸が口中に広がり、お~~爽やか~。
その酸の陰からは仄かな甘みが、そしてその二つが綯い交ざり充実した旨みを作り、飲む人に爽やかな満足感を与え、最後は滑らかに円やかにキレてゆき、ん~~爽やか~! 即、お替わり! となることは間違いなしの爽やかさと旨さです。

そして、何よりも今年の美味しさの最大の要因は、キチンと味を出しながら、苦味やエグ味など妙な雑味を全く感じさせない綺麗さにあり、それが、最初から最後まで「爽やか~」と感じさせる大きな理由にもなっているのかもしれません。
素晴らしい「隠れ彦べえ」になりました。たぶん、今までで最高の「隠れ彦べえ・五百万石」と言っても過言ではない美味しさだと思います。  

ところで、その美味しさは脱秋田? それとも、やっぱり秋田色? ん~~分かりません!
でもたぶん、そのどちらでもない、「福禄寿らしさ」という爽やかさと美味しさのような気がしますが、皆さんもその辺りを考えながら飲む・・・一興かと思いますよ~ん。

入荷したばかりでアッという間の終売はありませんが、この美味しさとこの価格の良さなら、終売はそれほど遠くは無いはずです。
どうぞ、お早めにお求めお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて「福禄寿」、極僅かですが「隠れ彦べえ・23BY 火入れ」がございます。

c0084908_20383636.jpg『23BY 純米吟醸 隠れ彦べえ 五百万石仕込 火入れ』

1.8入・2,520円、720入・終売


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2012年12月~2013年01月の予定>
・12月23日(天皇誕生日)午前10時~午後7時 営業致します
・12月24日(月)振替休日 午前10時~午後7時 営業致します
・12月30日()午前10時~午後7時 営業致します
・12月31日(大晦日) 午前10時~午後6時 営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月2日、3日は 午前10時~午後6時 営業致します
・01月06日(定休日
・01月13日()午前10時~午後7時 営業致します
・01月14日(成人の日)午前10時~午後7時 営業致します
・01月20日(定休日
・01月21日(月)臨時休業致します
・01月27日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676  
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2012-12-18 20:41 | 福禄寿

福禄寿・純吟 隠れ彦べえ 五百万石 火入れ(2012.05.18 FRI.)

曇り のち 晴れ
(日照時間 144分
朝方は小雨模様で、今日も天気予報が外れかと思っていたら、夕方にはこの通り・・・・

c0084908_21501624.jpg

護岸に、川反通りの家並の陰がクッキリと映るほど晴れてきて・・・・
この先一週間、ズ~~ッと晴れの日が続きそうな秋田です・・・・予報が外れなければ、ネ。

週明け21日は「金環日蝕」ですね。
秋田では9割程度が隠れる部分日蝕ですが、いつもよりちょっと早起きをして、25年ぶりの天体ショーを楽しもうと思っています・・・・「晴れ時々曇り、降水確率20%、予報信頼度ランクA」という、21日の予報が外れなければ、ネッ!


さて、およそ二年ぶりにご紹介する御蔵のお酒、今年も美味しいっすよ~・・・・
『福禄寿・23BY 純米吟醸 隠れ彦べえ 五百万石仕込 火入れ』です。

c0084908_21512328.jpg

使用米:新潟県産 五百万石
精米率:58%
使用酵母:金沢酵母
日本酒度:+1.0
酸度:1.9
アミノ酸度:1.0
アルコール分:16.8度
価格:1.8入・2,520円、720入・1,260円

昨日の「春霞・八反錦仕込」のお酒同様に、この『隠れ彦べえ 五百万石仕込』も酒米や酵母といった主要な原料は北陸産で、「秋田で醸した県外酒」とでもいえるお酒です。
ここ数年、こんな面白い酒造りに挑戦し続けている福禄寿さんですが・・・・

「 隠れ彦べえシリーズは、私のわがままで仕込んでいるお酒です。 この米を使ったらどうなのか? 福禄寿はこんな表現も出来ます! とか。こういったお酒の中でも「米味」というものを福禄寿なりに表現しております 」 と、蔵元の渡邊康衛さんが案内に書いておりました。

・・・・お酒に限らず、モノを作る人というのは様々な可能性に挑戦したがるというか、良いことですねぇ。そういう挑戦の中から、福禄寿の新たなオリジナリティが生まれてくるのですから、まだまだ若い渡邊康衛さん、これからもどんどん挑戦して下さいね。
ということで今年の『隠れ彦べえ』、どんなオリジナルティが隠れているのか・・・・

顔を近づけると、微かに柑橘系の瑞々しい香りがスーッとあがってきて、美味しそう。吟醸香だろうけど、単に吟醸香というと化粧っぽい香りすぎて、そんな香りとは全く無縁の爽やかで美味しそ~な香りです。

その香りに誘われてヒョイッと口に入れると、香りの瑞々しさそのままに、酸味も味わいも爽やかで瑞々しく、軽やか~な飲み口。生酒の華やかなフレッシュ&フルーティとは違い、味わいは落着いていてシットリとした感じ。後からは、仄かな甘みと軽い苦みが滲むように湧き出て、それがお酒に奥行きを与え、旨味となって先ほどの穏やかな酸と共にツイーーッと喉に落ちてゆく・・・・ん~~~美味しい! お替わり! もう二、三杯!

蔵の案内には、上槽日が平成23年12月20日とありましたから、搾って瓶燗火入れをして約半年弱もの熟成。しかも、今季は冷蔵設備を充実させての酒造りでしたので、新鮮さを保ちながらも旨味が充分に乗っているのは当然のこと。そして、これからも日が経つにつれ、この旨味は増してゆくことは間違いなし。といっても、五百万石と金沢酵母の組合わせですから、飲み口はあくまでも軽妙洒脱・・・・もう、間違い無しの「福禄寿のオリジナリティ」ですね。

出荷したばかりで多少の蔵在庫があるようですので、お急ぎになることはないかもしれません。
でも、春先にはフレッシュさを楽しみ、初夏からは少しずつ増してゆく熟成を楽しむ・・・・両方を楽しんでこそ、『隠れ彦べえ』の隠れたオリジナリティがもっともっと見えてくるかもしれませんよ~。是非、お早めにお求めお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2012年05月~2012年06月の予定>
・05月20日(定休日
・05月27日(定休日

・06月03日(定休日
・06月10日(定休日
・06月15日(金)全国鑑評会一般公開&日本酒フェア 於:池袋 サンシャインシティ
・06月17日(定休日
・06月24日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676  
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2012-05-18 21:59 | 福禄寿

福禄寿・隠れ彦べえ fifteen (10-07-21 WED.)

のち
日照時間・462分
c0084908_21101720.jpg
ネムの花が咲くと思い浮かべるのは、「ねむの木の子守歌」です。

 ♪ ねんねの ねむの木 眠りの木 そっとゆすった その枝に 
   遠い昔の 夜(よ)の調べ ねんねの ねむの木 子守歌 ♪
                   ー作詞 美智子さまー

夏の日の午睡時、この歌を口ずさみながら、フワフワと風に揺れる淡い
ピンク色のネムの花を眺めていると、穏やかな微睡みに誘われていきます。
子育ての頃に子供達に唄った子守歌も懐かしいけれど、大人になってから出会った「ねむの木の子守歌」は、自分自身への子守歌のように思えます。
あつ〜い午後2時過ぎ、なんだか眠くなってきました‥‥と、女房記す。

さ〜て、子守歌などなくても何時でも何処でも眠れる私ですが、今日のお酒のご紹介は、「福禄寿・隠れ彦べえ」の新ヴァージョン‥‥
『福禄寿・純米吟醸 隠れ彦べえ fifteen』です。
c0084908_21104854.jpg
今年で三造り目となった、福禄寿の「隠れ彦べえ」シリーズ。シリーズ第一弾は、皆さんご存知の「純米吟醸 五百万 金沢酵母仕込」で、第二弾が「本醸造 良心」でした。
そして今年は第三弾、『純米吟醸 fifteen』が新たに仲間入りです。

♪ヤ、ヤ、ヤン、ヤン、ヤヤヤ、ヤン 一人ぽっちお部屋で 夢見るはあの人 なぜか悲しいこのごろ‥‥あ〜、これはsixteenか。じゃ、fifteenって、なに?
特に難しいことではありません。このお酒を造るのに『秋田酵母 No.15』を使った、だから『fifteen』、ただそれだけのことです。ん〜〜最近はこういう若い人達でなければ思いつかないようなネーミングが多くて、昔気質の我々にとっては‥‥いいことですねぇ。決して変ではありませんよ〜。何といっても、酒質も名称もyoung at heart でなければ、これからの若い人達に飲んでもらえませんからねぇ、ホントに。

使用米は、蔵の地元の五城目町酒米研究会の会員が丹誠こめて栽培した秋田酒こまち。それを58%精米。秋田酵母 No.15を使い、日本酒度:+6.0、酸度:1.4、アミノ酸度:1.2というお酒に醸しあげています。そして、アルコール分:17.2度という原酒で、もちろん瓶燗一回火入の後は瓶貯蔵をしての出荷です。

ん〜〜さすがに young at heart ! 香りも味わいも瑞々しくて、酸味も思いっきりジューシーで、ジュワッとくる美味しさ。日本酒度が示す通り、秋田ではなかなか口にすることのない辛口。といっても、単調で薄っぺらではなく、口中でちょこっと転がして温度を上げると、ホワ〜ンと旨味が広がるのが、何ともいえず楽しく‥‥ん〜〜美味しい!

それでも、まだ少し若いかなぁ、もう少し熟成が欲しいなぁと思われるかもしれませんが、そこが秋田酵母 No.15を使ったいいところ。昨年のNo.15を使った様々なお酒からしても、徐々に熟成が進んで旨味が増してゆくことは確実と思われるからです。

ということで、もう少し先の『隠れ彦べえ fifteen』の熟成も楽しみですが、今のこの未熟とも思える young at heart な『隠れ彦べえ fifteen』を楽しんでおくのも一興です。そうすれば、一つのお酒を二度楽しめる‥‥こんな楽しいことはありません。

価格は、1.8入り2,625円、720入り1,315円。じっくりと時間をおいて楽しんでもらえるよう直ぐには終売にならないと思いますが、先ずは一本、お早めにお試し下さるようお願い申しあげます。


c0084908_21112425.jpg‥‥3月に出荷された隠れ彦べえシリーズ第一弾の「純米吟醸 五百万 金沢酵母仕込 21BY」
蔵では終売となっていますが、720入りは未だ少し在庫がございます。『隠れ彦べえ fifteen』との飲み比べなど如何でしょうか。是非、お楽しみください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年7月〜8月の予定>
・07月25日(定休日
・08月01日(定休日
・08月03日(土)〜06日(火)竿燈祭り期間中は、通常営業致します
・08月08日(定休日
・08月15日(定休日
・08月22日(定休日
・08月28日(土)臨時休業・大曲花火競技会 引率のためお休み致します
・08月29日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-07-21 21:13 | 福禄寿

福禄寿・純吟 隠れ彦べえ 火入れ(10-03-27 SAT.)

いっとき☃ときどき
日照時間・198分
今日も北風が強く(風速10m/s)、気温も低く(3〜4度)、昼頃には突然空が暗くなって猛吹雪。10分ほどの間に5センチも積もり、街は真っ白に。その後は時おり太陽が顔を出し、すっかり融けてしまいましたが、なかなか寒さが抜けない秋田です。
明日の日曜日、田沢湖の刺巻にミズバショウを観に行こうと思っていますが、この雪に隠されてしまったかなぁ。

さて、いくら “隠れ” ていても、美味しさが滲み出てしまう‥‥
『福禄寿・純米吟醸 隠れ彦べえ 火入れ』です。
c0084908_2141471.jpg
『58%精米』の『新潟県産五百万石』を『14号金沢酵母』で醸したのですから、これはもうすっかり北陸の酒‥‥そう思われても仕方がないレシピです。でも、使った水は秋田の五城目の水だし、何よりも造り手が秋田の食で香味の感覚を育んだ秋田人。そして、出来上がったお酒は、やっぱり「秋田の酒」だという味わいです。

14号酵母は、一般的には「‥‥生成される酸が少ないために綺麗な味の仕上がり‥‥吟醸酒本来の香り」をもつお酒を醸すのが特徴ですが、この『純米吟醸 隠れ彦べえ 火入れ』の美味しさはそれだけにとどまっていません。その特徴の上に、秋田らしさというか、福禄寿らしさをキッチリと加味した美味しさになっているのです。

先ず、酸が少なくありません。今どきの酒としては少し高めの『酸度:1.8』。アミノ酸に至っては、由利正宗の高橋杜氏が言う限度を遥かに超えた『アミノ酸度:1.2』。日本酒度も、北陸の酒なら+5〜6は当たり前ですが、このお酒は『日本酒度:+2.0』。
唎酒をしてみると、きれいで後口がサッパリとした辛口かな?と思うお酒です。しかし、北陸の酒のように、ふわ〜っと消えてしまうような「儚げ」さを特徴とするお酒ではありません。

この価格(1.8入り2,520円、720入り1,260円)帯のお酒の中では、たぶん一、二を争うようなフルーティな香りがお酒全体を包み、ジューシーで美味しい酸味が爽快、アミノ酸は高めの数字だが雑味が出たり、後口がもたつくこともなくシュパッとキレてゆきます。しかも、飲み口は軽快なのにボディ全体は力強く、最後まで崩れることはない。ん〜〜む、なんか秋田のお酒の新しい方向の一つが垣間見えたような‥‥そんな気にさせる、今年の『純米吟醸 隠れ彦べえ 火入れ』です。

蔵からのリーフレットの最後に、こうありました。
「ちなみに、某試験場長より『良かったじゃない!』と言われホッとしている次第です」‥‥あの、酒質にうるさい(失礼!)某試験場長に誉められるなんて、絶対に飲んでみる価値ありですよ〜ん。
是非、お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
・05月02日()通常営業致します
・05月03日(憲法記念日)通常営業致します
・05月04日(みどりの日)通常営業致します
・05月05日(こどもの日お休みさせて戴きます
by nbhkkry20 | 2010-03-27 21:42 | 福禄寿

福禄寿・隠れ彦べえ 生酒(09-12-14 MON.)

のち☃(日照時間・0分
c0084908_2132484.jpg昨日から急に寒くなり、今日は一日中チラチラと雪が舞い、夜になって本格的に降ってきました。
川反通りは、初積もり‥‥ようやく、秋田らしい師走になってきました。



さて今日も、新酒のしぼりたて生酒が入荷しています‥‥
『福禄寿・純米吟醸 隠れ彦べえ 新酒生酒』です。
c0084908_21323068.jpg
『隠れ彦べえ 新酒生酒』は、2008年4月5日のブログにご紹介したのですが、昨年は入荷を致しませんでした。
何故なら、「純米吟醸 隠れ彦べえ」というお酒は、“新鮮さを残した若々しい熟成感?”という、矛盾したような美味しさに特徴があると思います。そして、その特徴を最大限に味わえるのは、やはり「火入れ酒」。しかも福禄寿は、純米酒以上をすべて瓶燗火入れ瓶囲いをしているのですから、なおのこと「火入れ酒」が「隠れ彦べえ」の最も美味しい状態ではないかと考えているからです。
しかし、今年は、搾ったばかりの『新酒生酒』からご紹介を致します。

実は、今年の『新酒生酒』の案内状に、‥‥この商品は発売開始から3期目‥‥「脱秋田!!!」をテーマに、米は新潟産五百万石、酵母は金沢酵母という秋田県醸造試験場からクレームが来るような仕込み‥‥出来上りも、うちの蔵にはないような爽快さと、酸度の切れが生まれた非常に面白いお酒となり‥‥と、あったのです。

‥‥へぇ〜「脱秋田!!!」ねぇ?   へぇ〜「試験場からクレーム」ねぇ?   へぇ〜「うちの蔵(福禄寿)にはないような」ねぇ? ‥‥面白そうじゃん。こりゃ、飲んでみなけりゃ‥‥ということで、今年は『新酒生酒』から始めることとなったのです。

新潟産五百万石を55%精米し、金沢酵母を使い、日本酒度:+2.0、酸度:1.8、アミノ酸度:1.2、アルコール分:17度 という生原酒での出荷。価格は、生も火入れも同価格で、1.8入り2,520円、720入り1,260円と昨年と同じです。

入荷したばかりで、唎酒はまだなんですが、さて、どれくらい「脱秋田!!!」しているのか?  その辺りを探りながら、つめた〜く冷えた『純米吟醸 隠れ彦べえ 新酒生酒』を飲るのも、一興ですねぇ。

『火入れ酒』の出荷の予定は来年3月ですから、それまで『生酒』が継続出荷できるはずがありません。早々に売切れになること必至です。どうぞ、お早めに「脱秋田!!!」をお試しくださるようお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<12月〜2010年1月の予定>                    
・12月27日(定休日
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・2010年01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(土)営業致します 午前10時〜午後6時
・01月03日()営業致します 午前10時〜午後6時
・01月10日()営業致します 午後1時〜午後7時
・01月11日(成人の日)営業致します 午後1時〜午後7時
・01月16日(土)都合によりお休み致します
・01月17日(定休日
・01月18日(月)都合により午後1時から営業致します
・01月24日(定休日
・01月31日(定休日
by nbhkkry20 | 2009-12-14 21:43 | 福禄寿

福禄寿・20BY 隠れ彦べえ 良心(09-07-01 WED.)

日照時間・6分
c0084908_2116596.jpg
入梅から半月ほど、本格的な雨はまだまだ。降っても、幸いなことに西日本のような大雨や長雨には、いまのところなっていません。水不足にならない程度にして、このまま梅雨明けしてくれればいいなぁと願っていますが、どうなりますやら。

さて、昨日の刈穂のスーパーな本醸造に続き、今日のご紹介も本醸造。しかも、スーパーなスーパーな本醸造、『福禄寿・20BY 隠れ彦べえ 良心』です。
c0084908_21163054.jpg
今年で二造り目の『隠れ彦べえ 良心』、昨年は『酒こまちの60%精米で、最後の最後まで純米仕込みをした‥‥でも、本醸造は本醸造。1.8入りで2,100円は‥‥酒蔵の良心です』 と蔵元さんが言ったように、偶然というか、仕方なく本醸造にしたお酒でした。でも今年の『良心』は、偶然でも仕方なくでもありません。端っから『良心』的な本醸造に挑戦した、本醸造です。

酒造好適米の酒こまちを60%精米、秋田酵母No.12を使い、去年はなかなかキレなくて仕方なくアル添をしましたが、今年はまぁまぁキレて、アルコール度:17度、日本酒度:±0.0、酸度:1.8という、去年より味わい深い本醸造に醸しあげています。そして、瓶燗火入れで冷蔵瓶囲い。そのため、瓶には「要冷蔵」のレッテルが貼られ、ちょっとした“高級本醸造”ですね、これは。

爽やかで艶やかな果実のような香りは、えっ、吟醸酒だっけ? と思わせるほど。口に含めば香味が一体となって膨らみ、旨さが身体中に染み渡ってゆく、滑らか〜に、滑らかに。そして後口は、本醸造らしくキレて、アル添酒がもつ独特の嫌味を残すこともない‥‥ん〜〜む、ちょっとした純米酒だね、これは。

ところで、京都の“GKK”という蔵のHPに、本醸造とは? という、こんな面白い記事が載っていました‥‥なんと、「本醸造とは、純米酒に近い香りと風味をもった日本酒」と書いてあるのです。

法律では、本醸造は「精米歩合が70%以下で、アルコール添加量が白米の総重量の10%未満」であればいいんですが、それを敢えて「純米酒に近い香りと風味」と言い切っています。
‥‥ん〜〜む、あの大手の蔵は、アル添酒の風味を純米酒に近づけようとしているんだ。ということは、「酒は、やっぱり純米酒じゃなきゃ」と考えているんだ。なら、端っから純米にすりゃいいのに‥‥まぁ、そういってしまっては身もふたもありません。ここはひとつ、どこまでも純米酒に近い風味をもつアル添酒、スーパーな本醸造という領域のお酒を楽しんでみましょう。何か、新しいお酒の世界を見つけるかもしれません。

そんなお酒の楽しみ方をするのに、この『福禄寿・20BY 隠れ彦べえ 良心』はピッタリ。まさに、純米酒と見紛うばかりのスーパーな本醸造です。しかも、1.8入りで2,100円と昨年と変わらず。
これなら、いかに“高級本醸造”といえども、どなたでも楽しめるお値段です‥‥ン? 昨日ご紹介した「刈穂」の本醸造と飲み比べだって出来るなぁ。こりゃ、楽しみだ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<6月〜7月の予定>        
・ 7月05日() 定休日             
・ 7月12日() 定休日 八幡平の高山植物を訪ねる予定(雨天中止)             
・ 7月19日() 午後より営業致します
・ 7月20日(月・海の日) 通常営業致します
・ 7月26日() 定休日 やまと会・臨時総会             
・ 7月29日(水) ナイター観戦 楽天vs西武 於・こまちスタジアム             
・10月17日(土) 京都・白沙村荘とまんさくの花 「不死鳥の会」
                        
(ご出席者募集中です。お問合せ下さい)            
by nbhkkry20 | 2009-07-01 21:20 | 福禄寿

福禄寿・隠れ彦べえ 20BY 火入れ(09-04-27 MON.)

一日いっぱい日照時間・0分
c0084908_21441952.jpg
  桜が咲き始めてからほぼ二週間。寒い雨の日が多いのですが、昨日の日曜日も案の定、冷たい雨。県の南部ほど晴れてゆくという予報だったので、「用事を作って」湯沢市まで1,000円ハイウエーで出かけてきました。
  用事を済ませ、ついでに温泉にでもと思い走っていた途中の旧横堀町で、きれいに春耕されたばかりの畑の向こうに、なんとも見事な枝垂れ桜‥‥樹の下にある白山神社にちなんで、「おしら様の枝垂れ桜」と呼ばれています。
  推定樹齢が200年前後とかなりの古木で、幹別れしている辺りには空洞(ウロ)があったり、たぶん雪の重みのせいでしょう、枝が裂けたところが数カ所ありますが、そのウロや傷の跡はきれ〜いに修復されていました。
  きっと、近隣の農家の方達が、自分たちの畑や田んぼと同じように、何代にもわたって「おしら様の枝垂れ桜」を大切にしてきたんでしょうねぇ‥‥花見の時期だけ注目されて、いつの間にか寿命が尽きかけているといわれている、都会の公園のソメイヨシノが可哀想だなぁ。
  そんなことを思いながら、見とれていたら‥‥温泉へ行く時間がなくなっちゃった。

  ということで、気持良〜く今年の桜の見納めをしたところで、今日のお酒は、これからの若葉の季節にピッタリ‥‥『福禄寿・純米吟醸 隠れ彦べえ 瓶火入れ』です。
c0084908_21444762.jpg
  このお酒の詳細は、昨年ご報告した生酒と同じ、秋田の蔵でも使われ始めた新潟の五百万石を58%精米し、これも他の蔵でも使い始めた金沢酵母で醸し(‥‥全く同じ仕込み配合のお酒が、湯沢の某F酒蔵から出荷されたんですよ。ただ、価格が1.8入りで3,000円を越えてたかな?)、日本酒度+2.0、酸度2.1、アルコール16〜17度の純米吟醸原酒に醸しあげ、生詰めをし、瓶燗火入れをし、瓶囲いをして出荷されています。

  五百万石と金沢酵母といえば、北陸特有の淡麗辛口となるのですが、そこはそれ、造ったのが秋田の酒蔵。思ったほど淡麗辛口とはなりません。濃醇だけどちょっと上滑りするような、少し若いというか生硬な感じです。ところが‥‥
  このお酒を持って帰った亜熱帯の国、シンガポールのお客様から、『昨晩、隠れ彦べいを試しました。すごいコスト・パフォーマンスですね〜! 1260円で飲みやすいし、なんとユニークなお酒でしょう〜!  このようなものが通年、常時出せるのでしょうか?』というお誉めのメールを戴いたのです。(‥‥いえ、マレー語でもなく英語でもなく、日本語でです。何故なら、シンガポール在数十年の日本の方ですから。)

  ん〜〜、北国の私たちからすれば、もっと熟成が欲しいと思うのに、南の暑い国の人にすればこの若々しさがいいのか〜? こんな、カキッとした少し硬めのタイプが美味しいと思うのか〜?
  ということは、秋田で売らずに、秋田より一度でも気温の高い「国」の方に飲んでもらえばいいんだ! ということは、このブログを読んで下さっている、秋田よりちょっとでも南国に住む貴方ッ! にピッタリの春のお酒。うかうかしてると、熟成が進んで、秋田の人にピッタリの『隠れ彦べえ』になってしまうかもしれませんから、お早めに‥‥。

  1.8入りで2,520円、720入りで1,260円なら、これから初夏にかけては若々しく初々しいのを飲んで、その後に、熟成が進み濃醇旨口となるはずの、秋田の「五百万石と金沢酵母の組合わせ」を楽しんでも、懐は痛くないですよねぇ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<4月〜6月の行事予定> 
・ 4月29日(昭和の日) 通常営業致します
・ 5月03日(日・憲法記念日) 通常営業致します
・ 5月04日(みどりの日) 通常営業致します
・ 5月05日(こどもの日) 通常営業致します
・ 5月06日(振替休日) 臨時休業致します
・ 5月10日() 定休日       
・ 5月17日() 定休日       
・ 5月24日() 定休日       
・ 5月27日(水) 全国新酒鑑評会・製造技術研究会 (於・東広島市)
・ 6月17日(水) 全国新酒鑑評会・公開唎酒会&日本酒フェア(於・東京池袋)
by nbhkkry20 | 2009-04-27 21:47 | 福禄寿