カテゴリ:天寿( 4 )

天寿・純米大吟醸 鳥海山 生酒(2012.12.28 FRI.)

曇り ときどき 晴れ(日照時間 114分
最高気温が+1.5度ほどでしたが、雪も降らず、風も弱く、何だか寒くない一日でした。
ようやく、クリスマス寒波が終わったんですね。
でも、次には年越し寒波が控えているという予報・・・ん~~秋田は、冬です!


さて今日は、お久しぶりにご紹介する御蔵の、大変にジューシーな新酒生酒・・・・
『天寿・24BY 純米大吟醸 鳥海山 生酒』です。

c0084908_21182573.jpg使用米:(天寿酒米研究会産)美山錦
精米率:50%
使用酵母:ND-4
日本酒度:+1.0
酸度:1.6
アミノ酸:0.7
AKC度:15.3度
杜 氏:(新杜氏の)一関陽介さん

価格:1.8入・3,150円、720入・1,575円


最近のお酒の表現に、「ジューシー」という言葉が良くでてきます。口に含んだ第一印象が甘く酸みが豊かで、芳醇なタイプを「ジューシー」と言うのだと思います。
でも、それはあくまでも「フレッシュ感」の豊かさを表す言葉として使うのですが、この『純米大吟醸 鳥海山 生酒』、「ジューシー」どころではありません。まるで、オレンジの生ジュースのようにゴクゴクと飲めてしまう、何とも「ジューシー」で美味しいお酒です。

使用酵母ND-4は、なでしこの花から抽出分離された「花酵母」。当然ながら、花の香りを思わせる華やかさと、爽やかで柔らかい飲み口を特徴とするお酒を醸します。
しかし、これまではその華やかさや柔らかさだけに流れてしまい、最後はフニャフニャとなって、飲みこんでゆくと「締まりのない」お酒になってしまうことが多々あり、それが天寿さんのお酒を久しくご紹介しなかった所以かも・・・・。

でも、この『純米大吟醸 鳥海山 生酒』、これまでとは印象がちょっと違います。
もちろん、花酵母の華やかな香り、甘やかで爽やかな味わいですが、今までなかったジューシーで味のある『酸』が喉に落ちるまで甘さと寄添い、その『酸』ゆえにスーッとキレ、お酒全体を「締まりのある」ものにし、飲みこんだ後から感ずる軽いシブやニガも味わいを深くする要因となって・・・ん~~美味しい! ホントにジュースのようにゴクゴク飲めて、ちょっとヤバイッ! くらいの美味しさなんですよ~。

酒販店からの予約本数しかビン詰出荷しない、完全予約限定酒です。
新杜氏・一関陽介さんの、もしかしたら今後を占う大切な最初の『純米大吟醸』、どうぞ、お早めにお求めお楽しみ下さるようお願い申しあげます。

このお酒をきっかけにして、「天寿さん、他にも美味しいお酒がまだまだありますよ~」と、ご紹介してゆくかもしれません。乞う、ご期待! です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2012年12月~2013年01月の予定>
・12月30日()午前10時~午後7時 営業致します
・12月31日(大晦日) 午前10時~午後6時 営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月2日、3日は 午前10時~午後6時 営業致します
・01月06日(定休日
・01月13日()午前10時~午後7時 営業致します
・01月14日(成人の日)午前10時~午後7時 営業致します
・01月20日(定休日
・01月21日(月)臨時休業致します
・01月27日(定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当ブログへのお問合せ等は・・・・
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676  
────────────
へお願い申し上げます。
by nbhkkry20 | 2012-12-28 21:21 | 天寿

天寿・鳥海山 吟味良香(09-04-21 TUE.)

時々日照時間・0分
c0084908_205113.jpg
  こんなに見事に咲いたのに、明日から二、三日は気温が低く、雨も続くという予報。まさに、「花発(ひら)けば風雨多し」ですねぇ。 
  といっても、井伏大先生のように「さよならだけが人生だ」なんてことにはならず、美味しいお酒を並々と注いでくれれば雨でも風でもOK、OKという花より団子。
  そこで、こんな桜の下で酌み交わす今日のお酒は‥‥
  『天寿・純米吟醸生 鳥海山 吟味良香』です。
c0084908_205418.jpg
  天寿といえば花酵母といわれるほど、花酵母での酒造りに取組んできたのですが、今年はひと休みかな? この吟味良香は「吟醸酒用 自社保存」酵母での仕込み‥‥ん、花酵母から離れた! それだけで、先ずは飲んでみる価値ありですよねぇ‥‥?

  酒こまちの55%精米、総米750キロの小さな仕込み、しかも搾ったままの原酒なのにアルコール度数は15度、日本酒度+1.5で酸度1.7という酒暦ですが、アルコールが15度台でも原酒っていうのがこの酒の良さ、先ずその軽さがいいですねぇ。
  それに、「自社保存」酵母が醸す瑞々しい香り。口に含むとジューシーな酸味と一体となってますます瑞々しさを増し‥‥「自社保存」酵母って、ベースの酵母は何なのかな? もしかして花酵母だったりして‥‥で、飲みこむとちょっと甘いかなと思わせるけど、スーッときれて嫌味なし。これなら、甘味があっても飲み飽きしない。美味しい甘味は、美味しい旨味ということですね。
  そして、1.8入り2,625円、720入り1,365円。これは、絶対にコストパフォーマンスが高いですよ〜。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<4月〜6月の行事予定> 
・ 4月26日() 定休日       
・ 4月29日(昭和の日) 通常営業致します
・ 5月03日(日・憲法記念日) 通常営業致します
・ 5月04日(みどりの日) 通常営業致します
・ 5月05日(こどもの日) 通常営業致します
・ 5月06日(振替休日) 臨時休業致します
・ 5月10日() 定休日       
・ 5月17日() 定休日       
・ 5月24日() 定休日       
・ 5月27日(水) 全国新酒鑑評会・製造技術研究会 (於・東広島市)
・ 6月17日(水) 全国新酒鑑評会・公開唎酒会&日本酒フェア(於・東京池袋)
by nbhkkry20 | 2009-04-21 20:08 | 天寿

Oh, Nigori by Tenjyu

 稲の収穫が終わって少しずつ気温も下がり、今日から11月。各地の酒蔵では平成19醸造年(19年7月〜20年6月、19BY)の仕込みが始まる季節となりました。
 そんな時期に、あえて18BY仕込みのお酒の発売です。しかも、全く火入れをしていない「生々」、そのうえドロッと濁った「大にごり」っていうんですから、エッ! 本当?
 「天寿・純米生酒・鳥海山・おおっにごり・氷点熟成」です。
c0084908_1147155.jpg

 美山錦を65%精米し、協会9号酵母で醸し、日本酒度+2くらい、酸度が1.6くらい、度数が17〜18度の純米原酒濁り酒。その酒から400リットル(1.8リットルで約200本)分だけを春先から氷点下貯蔵で熟成させ、旨味の上がったところでの発売としたのです。
 いくら氷点下でも生老(ナマヒネ)が気になりますが、上澄み状態の時にちょっとだけ感じさせるけれど、濁り状態にすると全くありません。そして、タッチは滑らかでほんのり甘く、後口にしつこさはなく、キリッと冷やしたら旨い!
 静止状態では上澄みと濁りは分かれますが、瓶を振ると写真のように完璧な濁りになります。でも、造りのちょっとした工夫で開栓時に噴出することはなし。ですから、思い切り瓶を振って、濁りを混ぜて飲むのが美味しいかもしれません。
 19BYの生酒や濁り酒の出荷はまだまだ先・・・今年の冬は寒くなるのかなあ〜、大雪が降るのかなあ〜なんて思いながら、一足「早く?」冬の味を楽しむのも一興ですネ。
 24本の限定入荷です。お早めに、どうぞ。
・720入のみ 1,365円
終売致しました
by nbhkkry20 | 2007-11-01 11:53 | 天寿

天寿酒造 飲み切り

 8月も今日で終わり。昔の月末というと問屋の集金は次々に来るし、こちらはこちらで夜遅くまで必殺集金人になって代金回収をしたものです。問屋とは来月の入荷予定などを、集金先では新しい酒の売込みなど、月に一度は必ずある取引き相手との交流でした。でも今は、買うのも売るのもすべて振込み。年に一度も面と向かわない購入先やお得意さんが結構ありますね。なんとも、クールになってしまいました。
 その分月末の忙しさがなくなったのですが、でも月末は月末。酒屋はなかなか出難いものなのです。にもかかわらず、その月末に合わせたように(来るな!というようなもんですね)設定された天寿酒造の飲み切りのため、鳥海山の麓矢島町まで出かけてきました(ん〜〜、酒屋まるひこはヒマ?)。
 そうまでして飲み切りに行くのは、蔵から出荷しているすべての「商品」の聞き酒ができるからなのです。ここ最近、天寿の扱いが少なくなっていてこれでいいのかなあ? と考えていた矢先だったので、改めて全製品の聞き酒はいい機会だったのです。で、(月末にもかかわらず!)行ってきたのですが、その甲斐はありました。聞き酒表に、三十花丸をつけた酒がありました。
 契約栽培米の美山錦を使い、「撫子の分離酵母」ND4で醸した純米吟醸。というと、「天寿純米吟醸」じやんとお思いでしょうが、これがひと工夫あるのです。その工夫で、一般発売の酒とはまるで違う美味しさなのです。杜氏の佐藤俊二さんでさえ「驚いた〜」と言うほどの違いなのです。
 さて、どう違うか? これは、(月末にもかかわらず、シツコイ!)鳥海山の麓まで高いガソリン代をかけて頑張って行った酒屋だけしか扱えないことにしましたので、今はヒ・ミ・ツ。早々にラベルを決めて、皆様にお目見えできると思いますが、価格は一般品と同じ「1、8・2835円、720・1417円」の大サーヴィス。 入荷次第お知らせしますので、乞うご期待!
 写真の中にそのお酒があるのですが、わかるかな〜?
c0084908_19573720.jpg

by nbhkkry20 | 2006-08-31 19:58 | 天寿