<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

備前雄町を6号酵母で醸す・白瀑

 雄町米を使った秋田のお酒と云えば、10月10日に「まんさくの花・純米大吟醸・雄町酒」を紹介しましたが、こちらはお陰様で残りあと僅か。今度は、白瀑さんから「備前雄町で仕込んだ純米吟醸原酒」の発売です。
c0084908_1102960.jpg

 白瀑が雄町を仕込むのは二年ぶりです。米はもちろん、雄町の発祥の地・岡山県産の備前雄町、しかも、秋田発祥の6号酵母を使っての仕込み。ずいぶんと、面白い組合わせで醸したものです。但し、白瀑のは協会6号ではなく、麹菌作りで有名な秋田県大仙市にある今野商店が培養した秋田今野6号。さて、備前のお米を、秋田の酵母はどう料理をしたのでしょう。
 お米は55%精米、総米800kgという小さな吟醸仕込をし、日本酒度+4.0、酸度1.5、度数16.8%という酒質に仕上げ、上槽後は9日目という圧倒的な早さで火入れを行い、そのため、生酒の様な爽やかな香味と抜群のキレ味が特徴の、秋田らしくないようなお酒になっています。
 しかし、飲むほどにお酒の温度があがるにつれ、キレの背後に隠れている酒本来の甘味や旨味がじわーっと広がる、6号酵母らしさと云うか、秋田らしさが出てくるのが面白いお酒なのです。
 日ごとに秋らしくなって、お酒も常温が美味しくなる季節。このようなお酒は、管理は冷蔵庫でも、飲む時は常温に戻しながら、ゆっくりと隠れた美味しさを見つけるのも楽しいものです。
・1.8入 3,400円 ・720入 1,700円 終売致しました
by nbhkkry20 | 2007-10-31 11:11 | 白瀑

はんなりと まんさくの花

 27日、28日と連休を戴き、京都・飛良お酒の会「まんさくの花を飲み尽くす」に、女房共々出席してまいりました。
 京都の「〜〜を飲み尽くす」会は、今年で三回目。会場は、今回も銀閣寺門前の橋本関雪美術館「白沙村荘」。
 宴までの少しの間、銀閣寺を拝観です。雨上がりのしっとりとした緑と、始まったばかりの紅葉の向こうに銀閣。そして、その向こうには今の京都、そんな時代なのです。
c0084908_20253880.jpg

 で、下の写真が私が撮った白沙村荘のお庭。
c0084908_2027078.jpg

 こんな雅な会場で、秋田のお酒を楽しもうと企画をして下さったFさん始め京都の方々には、秋田の酒関係者の一人として頭の下がる思いです。
c0084908_2027291.jpg

 白沙村荘の橋本関雪画伯の画室・存古楼に、「まんさくの花」の幟がひるがえり、いよいよ宴の始まりです。秋田からのご出席はお二人。東京、栃木、岐阜、大阪など京都以外からも大枚の足代や宿泊代をものともせずに大勢の方々がご参集、ありがたいことです。総勢50名となりました。
c0084908_2028899.jpg

 まんさくの花・佐藤社長の「まんさく色」の法被が、お客様との交流を求めて、テーブルからテーブルへ・・・そして、京都の夜は雅に、はんなりと更けてゆきました。
c0084908_20291153.jpg

c0084908_20294247.jpg

 今回、出品されたお酒は10点。1.「全国新酒鑑評会金賞秋田県清酒品評会知事賞、東北清酒鑑評会仙台国税局長賞の大吟醸受賞酒」2.「秋田県清酒品評会知事賞、東北清酒鑑評会仙台国税局長賞の純米大吟醸受賞酒」3.「山廃純米大吟醸」4.「雄町仕込みの純米大吟醸」5.「亀の尾仕込みの純米大吟醸原酒」6.「チタン容器囲いの17BY大吟醸熟成原酒」7.「5年熟成大吟醸・吟熟」8.お燗酒用に「生モト仕込純米・真人」9.「大屋の梅仕込み・梅まんさく」&10.「蔵の仕込水」。
 そして、一番人気は、6.番の「チタン容器囲いの17BY大吟醸熟成原酒」。
c0084908_20302521.jpg

 高い香気が穏やかに広がり、何かが突出することのない味わい。飲んだ後からは、表現しようもない旨味がむくむくと湧き、それがスーッとキレると、また一杯飲みたくなる・・・結局、チタン容器を逆さまにして、最後の一滴まできれいに飲みほしてしまいました。
 早春の雪が残っている中にいの一番に咲くまんさくの花は、小さくて可憐な花です。でも、今日のまんさくの花は、京都の夜にまるで大輪の花を咲かせたようでした。
by nbhkkry20 | 2007-10-29 20:47 | まんさくの花

秋田の勿体ない

c0084908_2112560.jpg

 紅葉した樹木、朱塗りの柱、我が愛輪ニルバーナ号の鮮やかなエンジ。これは、中国を自転車旅行をした時の写真・・・んなわけはありません。
 秋田市と甘粛省蘭州市との有効提携5周年を記念して、昭和の終わりに市郊外に建てられた友誼亭という中国風四阿です。我が家から自転車でゆっくり30分、一つ森公園という所にあります。
 公園内には体育館や弓道場など市民のための施設もあって、樹木が多く名前の通りに森のような公園ですが、この中に、何でこんな所にあるの?という歴史的建造物があるのです。
c0084908_2112369.jpg

 約300年前に建てられた秋田藩の上級武家・旧黒沢家住宅です。
 もちろん、以前は市中心部のお城の近くにあったのですが、相続税が払えずに、土地はマンション業者に売り、家屋は市が買い上げて、お城から遥か離れたこの一つ森公園に移築保存したというものです。
 移築後、かなり手を入れて修復していますが、この様な秋田の歴史を偲ばせる建築物が市の中心部にこのままの形であったなら、秋田の旧市街はだいぶ趣も変わっていたと思います。
c0084908_2113036.jpg

 住宅は部屋の数も多くかなり大きいものですが、この湯殿には驚かされました。何と、湯船がないんです。自宅に風呂があるのは珍しかったのでしょうが、これほどのお屋敷の高級武家でさえ湯船のないお風呂とは。
 北国秋田の厳しい冬の寒さを癒してくれたのは、きっと、お酒と温かいお風呂だったと思うんですが、本当に厳しい暮らしだったんですね。
c0084908_21143837.jpg

 実は、この旧黒沢家同様に今は移転してしまったのですが、私が通った小学校が黒沢家の並びにありました。学校帰り、この中庭で飼っていた鶏を追いかけたりして遊んだような記憶があるんだけど、どうだったかなあ? そんな半世紀も昔を思い返しながら、日の当たる縁側でぼや〜っと過ごしてきました。
 それにしても、市の観光にも一役かってもらおうと、移築・修復・管理と今もかなりのお金をかけているはず。でも、私がいる間、だ〜れも来ませんでした。
 駅から歩けば1時間以上、自転車でさえ30分もかかるんでは・・・来るわけがありません。勿体ないなあ。
by nbhkkry20 | 2007-10-24 21:30 | 秋田のいろいろ

出羽の雫 あと10日

 刈穂・生モト純米「出羽の雫」の品切れのお知らせをしたのが7月下旬。それから三ヶ月、皆々様には大変ご不便をおかけしており本当に申しわけありません。11月1日の「18BY・出羽の雫」発売日まであと10日、もう少しのご辛抱をお願い致します。
 蔵では、予定通りの出荷ができるよう準備をしているところですが、出荷本数は昨年とほぼ同じ。決して増やしておりません・・・『いつまでも あると思うな 旨い酒』ですぞ。是非、お早めにお求め下さるようお願い致しておきます。
 さて、昨日の日曜日。20年前、最初にこの「出羽の雫」の醸造を刈穂に依頼する際、強力な推進役を担ってくれた、蔵の営業のOKさんの退職をお祝いし、出羽の雫販売会の主催でささやかな送別会を催しました。
 当時、特定の小売店だけのためにオリジナル酒を造るなどということは秋田では全くなかったことで、蔵の了解を簡単に得られるはずがないと思っていました。ところが、OKさんの何としてでもという情熱と上手な説得で、社長にウンと言わせてしまったのです。つまり、OKさんがいなければ「出羽の雫」は生まれなかった、少なくとも刈穂の「出羽の雫」はなかったのです。
 お世話になったOKさんの第二の人生の出発を、「出羽の雫」でお祝いするのは当然のこと・・・なんですが、如何せん「出羽の雫」は完全に品切れ! ということで、瓶詰めされたばかりで酒質がまだ落着いていない、11月1日発売予定の「18BY・出羽の雫」を蔵から分けてもらい、計らずも送別会と同時に利き酒会をしてしまった・・・こればかりは、小売り酒屋の役得。どうか、ご勘弁を願います。
c0084908_226134.jpg

 生モト造り特有の乳酸系の柔らかな香り、米から醸し出される酒本来のほんのりとした甘味は旨味となり、冷えている時はキリッと後が締まり、酒温の上昇と共に滑らかさが増し、極ぬる燗をすれば飲み飽きを忘れ、いつまでも飲み続けられるような気にさせてくれる、「米の秋田は酒の国」を体現するような純米酒、それが「18BY出羽の雫」。どうぞ、ご期待下さい。
・1.8入 2,800円 完売致しました
・720入 1,400円 

 ・・・この出来に、OKさんも大いに満足。8月に退職してから少し体調を崩していたとのことでしたが、自らの来し方を振返るように「出羽の雫」を大いに楽しんでくれました。良かった、良かった。
by nbhkkry20 | 2007-10-22 22:08 | 刈穂

晩秋の月下美人

 最低気温が5度をきって、さすがに先日まで蒼かった街路樹も紅くなって、朝夕はストーブも焚き始め、秋・深しです。
 なのに、昨日の夜半、月下美人が今年二度目の花を咲かせました。
c0084908_18394243.jpg

 7月に一度大輪を広げ、もう咲かないだろうとベランダに置いたままでした。それが、今月初めにちっちゃな芽がポチッと出て、こんな時期に咲くのかと訝っていたのですが、晩秋の寒さをものともせず見事に咲いちゃったのです。
 以前にも、一年に二回咲いた年はありました。でも、こんなに寒くなる前で、しかも室内で栽培していたのです。
 熱帯系の花でも、何年かの間に秋田の寒さに慣れてしまったのか、それとも、10月下旬の屋外で熱帯の花が咲いてしまうほど、秋田の秋は暖かくなってしまったのでしょうか?
 10月の月下美人は、7月より香りが弱くて虫たちを呼び寄せるようなこともなく、翌朝にはただショボンと萎れているだけ。次に咲いたら、台湾料理に倣って食べてみようと思っていましたが、何となく食指を動かされることもありませんでした。やはり、熱帯の花は熱帯の季節でこそ、なんでしょうね。
by nbhkkry20 | 2007-10-19 18:45

天亀・ひやおろし

 天の戸から、亀の尾仕込みの純米吟醸(通称・天亀)の一回火入れ「天亀・ひやおろし」が発売されています。
c0084908_2042744.jpg

今年は、酵母違いの二つの亀の尾が仕込まれました。一つは、最新の酵母「秋田華こまち酵母」仕込み。もう一つは、この蔵が亀の尾を仕込み始めた時から使ってきた「秋田流花酵母」、AK−1と呼ばれる酵母の仕込みです。
 蔵では、華こまち酵母の天亀はすべて生酒で、そして、AK−1酵母の天亀はすべて火入れ酒で出荷をしました。そのAK−1酵母仕込の一回火入れ瓶囲いをしたのが、この「天亀・ひやおろし」です。
 華こまち酵母の生酒は華やかで軽やかと評判だったのですが、甘辛酸苦渋の五味一体とした亀の尾特有の「亀味」をしっかりと感じられるのは、やはりAK−1酵母の天亀です。しかも、夏を越した「ひやおろし」は、亀味にいっそうの深みと調和をもたらしています。そして、それは亀の尾という特徴的に個性のある米にしか醸し出されないものかもしれません。
 下は、杜氏の森屋さんが育てている吟の精(2007.8.27)
c0084908_20425861.jpg

 下は、佐藤一義さんとの契約栽培の亀の尾(2007.8.27)
 ヒゲとよばれる芒が長く、刈取り直前のこの時期でも、田んぼは黄金色ではなく真っ白。普通の稲とはかなり様子が違います。
c0084908_20435048.jpg

 蔵からは、9月中旬の大雨の影響もなく無事に刈取りが終わったと聞いています。あと半月もすれば今年の酒造りが始まり、正月を過ぎると、今度は新酒生酒の出荷です。それも今から楽しみですが、それまでは、正に飲み頃になった「天亀・ひやおろし」を存分にお楽しみ下さるようお願い致します。価格が、昨年よりグッと下がったのも嬉しいですよね。
・1.8入 3,400円  ・720入 1,700円
終売致しました
by nbhkkry20 | 2007-10-18 20:52 | 天の戸

「うきうき」から「わくわく」へ


 お待たせしました! 「館の井」から「たてのい」の18BY最後の純米系のお酒が入荷してきました。
 「たてのい」は出荷する端から品切れとなって、リピートのご注文になかなかお応えできず大変ご不便をおかけしておりました。ここにきてようやく出荷されたのが、この「わくわく山廃純米酒」。もちろん瓶燗火入れ瓶囲いで、キチッと熟成させての発売です。
c0084908_14534916.jpg

 発売中の純米大吟醸が「うきうき」で、今度は「わくわく」。おふざけだとお思いでしょうが、でも、飲んだら本当にWAKUーWAKUです。
 ひと夏じっくり熟成させたのに、フレッシュ感がたっぷり残り、ジューシーな香りや酸味、まるで果実を齧るような香味。従来の山廃酒とはだいぶ違うような気がします。
 でも、この「柑橘系」とでもいうような香味が、これまで日本酒を飲まなかった若い人、特に若い女性を引きつけて、日本酒ファンというより一気に「たてのい」ファンにしています。
 蔵では、来年はもう少し純米系「たてのい」を増やしてご迷惑のないようにと申していますが、こんな美味しさはあまり広く知られずに独り占めしたい・・・でも、蔵にそんなことは言えません。ただただ、今の美味しさが無くならないように、と祈るのみです。
 さ〜て、今宵も WAKUーWAKU しましょうかネ。
・1.8入(限定30本入荷) 2,500円 終売致しました
・720入(限定36本入荷) 1,250円 終売致しました
by nbhkkry20 | 2007-10-17 15:20 | たてのい

まんさくの花・星あかり仕込・純米吟醸生詰原酒

 「星あかり」は、飯米の「初星」と酒米の「美山錦」を掛合わせ、平成10年に品種登録された比較的新しい酒米です。
 そして、この米を研究開発したのが「東方電力」。それで、「星あかり」と命名されたのです。
 何で、電力会社が酒米の開発を? 社会貢献の一環ということですが、詳しくは「酒米と電力会社の不思議な関係http://homepage3.nifty.com/tenshinokuma/slow4.htm」がいい参考になります。
 開発当初は、東北の幾つかの蔵でこの米を使っていましたが、できたお酒は「やわらかい」「優しい」「女性向け」など、ある意味では際立つ特徴がないという評価でした。
 そこで、まんさくの花では、快い香りのために自家培養酵母を使ったり、芳醇さを求めて無濾過原酒にしたり、力強さを出そうと麹米に山田錦を使ったり、納得できる酒質にするまで苦労の多い酒米だったのです。
 結局、昨年春の時点で星あかりで酒造りをしたのは「秋田県と山形県の酒造会社3社」(東北電力HPより)だけになってしまっまいました。必要とされないものは社会から消えるのは当然のことかもしれませんが、ちょっと勿体ないことです。
 そんな様々な試行錯誤の末に醸された、平成19年3月上槽のまんさくの花18BY「星あかり」。
c0084908_22524544.jpg

 もちろん100%星あかり使用で、「やわらかく優しい」だけではなく、「気持ちのいい含み香と、飲み応えある味わいで、すっとキレる」男女問わずに楽しめるお酒に醸されています。
 そして、いい酒米も美味しいお酒も、一朝一夕に出来るものではないことを教えてくれるような味わい・・・? 是非、お試し下さい。
 精米50%、アルコール度16.9度、日本酒度+4.5、酸度1.5
 価格1.8入のみ 2,940円 終売致しました
by nbhkkry20 | 2007-10-16 22:54 | まんさくの花

紅葉と栗だから秋

 秋の景色を探して、乳頭温泉郷まで出かけました。
 しかし、山はかなりの上まで緑が残っていて、いかにも秋の山という趣ではありません。それだけに、緑の中に見つける紅色のきれいなこと。
c0084908_16375581.jpg

 この景色が普通の10月中旬の山なのか、それとも温暖化による季節のズレなのか?・・ただ、これで3日も時雨れれば、紅葉どころかあっという間に灰褐色の山になるのですから、北国の秋は短いのです。
 渓流沿いの日当りのいいところは寒暖の差が大きいからでしょうか、紅葉がひときわ色鮮やかです。
c0084908_16382525.jpg

 紅葉狩りなんて風流もいいのですが、花の下より鼻の下。帰りがけに、秋の味覚を求めて西木村(現・仙北市)西明寺へ立ち寄りです。栗園を営んでいる茂左エ門さんから直接手に入れたのが、こんな立派な西明寺栗。
c0084908_16392672.jpg

 目の前で美味しそうな栗を選んで、機械で艶出し。クルクル回るブラシの上をピコン、ピコンと跳ねながら磨かれてゆく栗、可愛い〜ですよ。
c0084908_16401358.jpg

 ツヤツヤに磨き上げられたのがこの姿。西明寺栗は大きなことで有名ですが、茂左エ門さんによれば、すこしだけ大きめのが美味しいとのこと。まさに、この程度の大きさ。直接、栗園で買えたからこそです。晩ご飯で戴いた栗ごはんの美味しかったこと、言うまでもありません。
c0084908_16405368.jpg

 それにしても、西木村の名産品が「栗」。西・木だから栗を名産にしたのか、栗がよく取れたから西・木なのか。どっちかなあ? そういえば、早春に西木村の里山一帯を薄紫色に染めるあの可憐な花も、カタ・クリでしたネ。
by nbhkkry20 | 2007-10-15 16:54 | 秋田のいろいろ

秋の品評会

 秋の秋田県清酒品評会の一般公開がありました。
 今、秋田には43の製造場(蔵)があります。この品評会に出品をした蔵は吟醸酒の部で31蔵、純米酒の部では27蔵。昨年と比べると、出品をした蔵はかなり減ってしまいました。
 ここ数年、二つ以上の製造場を持つ大手の蔵が、造りを集約したために出品数が減ってはきていました。しかし、現に酒造りを行っている蔵、少なくとも今年の冬に酒造りをしたはずの蔵から出品されていないというのは何故なんでしょう。出来た酒がどんどん売れてしまって出品する酒がない、というのなら嬉しいことですけどネ。分かりません。
 ということで、豪華シャンデリアが輝く会場も秋風が吹くような寂しい雰囲気、てなわけではありません。たまたま旧いデジタルカメラしかなくて、ちょっと写りが悪かっただけですから、誤解のありませんように。
c0084908_1326984.jpg

 出品数は寂しくなりましたが、お酒は本当に著しくレベルアップをしています。香りとか、味わいとか、何かが突出しているのではなく、香味の一つ一つのエレメントが見事に調和している酒が多いのです。つまり、利き酒をして吐き出すには勿体ない、ゴクリと飲みたくなる酒ばかり。
 そのレベルの高い競争で堂々の知事賞トップスリーに選ばれたのが、
*吟醸の部・・由利正宗(首席)・太平山・まんさくの花。
*純米の部・・太平山(首席)・由利正宗・まんさくの花。
 なんと、両方の部ともに同じ蔵がダブル受賞、大したものです。でも、この三つの蔵の最近の酒造りをみていれば、この賞は偶然でもフロックでもなく当然の結果のように思います。
 賞をとるために極僅かの頂点の酒造りだけに大きな力を注ぐのではなく、そのトップの酒を支えるたくさんの土台となる酒、つまり、日常的に飲まれる純米や純米吟醸を美味しくしようとする「良い酒活動」をしてきたからこその結果だ、と思うのです。
 受賞酒は、吟醸酒では太平山(当ブログ07年10月9日参照)、まんさくの花(07年6月21日参照)。純米酒では、受賞酒同等の由利正宗・純米大吟醸原酒(07年10月12日参照)が入荷しております。この機会に是非お楽しみください。
by nbhkkry20 | 2007-10-12 13:40