<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新政・純米大吟醸 佐藤卯兵衛 あらばしり(10-03-31 WED.)

ときどき
日照時間・456分
明日から4月、新年度ですね。当店も今日が決算日で、年に一度の大棚卸。といっても、商品の八割が日本酒で、三ヶ月に一度は中棚卸をしているし、それほど種類も多くはないので簡単なものです。
夕方から取りかかり、閉店時刻までに終わっちゃいました。

ところで、この一年の当店の営業状態は‥‥御蔵さんや問屋さんにご迷惑をかけることなく、払うべき処に払うべきものをキチンとお支払いすることができ、明日からも、夫婦二人でどうにか酒屋を続けられる‥‥そんな程度の一年でありました。
これも、偏に皆様方の暖かいご愛顧の賜物と心から感謝申しあげる次第です。
本当に、ありがとうございました。

ということで、今年度末を飾るに相応しい旨酒を‥‥
『新政・21BY 純米大吟醸 佐藤卯兵衛 あらばしり 生』です。
c0084908_21584498.jpg
ご存知のように、『佐藤卯兵衛』は大吟醸から純米大吟醸に切り替わって二年目。この変更を飲み手の方達がどのように評価をするか、ちょっと不安だったのですが全くの杞憂だったようです。

確かに今の『純米大吟醸 佐藤卯兵衛』には、大吟醸時代のような強い果実香はなく、味わいにも強いインパクトや、ギリッと豪快なキレはありません。
その代わり、優しく身体に染み入るような含み香が心地良く、どんな食にも邪魔することなく、アル添特有の後口の悪さなど全く感じさせず、スーッと穏やかにキレてゆく。

そのため飲み飽きせず、ちょっと贅沢な食中純米大吟醸酒として認知され、大吟醸時代よりも評価は高くなったようにさえみえます。そして、その全体的な優しさや穏やかさが、逆に、新感覚の飲み手をファンにし、最近の新政再評価にも繋がっているように思えるのですが‥‥

今年も使用米は、オール山田錦で精米率が45%、自社の六号酵母を改良した「六號改」を使い、アルコール分:16度台、日本酒度:+1.0、酸度:1.3、アミノ酸度:0.8というお酒に醸しあげ、無濾過生原酒での出荷です。

立ってくる香りは上品で穏やかだが、口に含めばその香りは口中に快く広がる。豊かなボディとしなやかな腰の強さ、後キレもよく飲み飽きすることはない。刺激の少ない綺麗で美味しい酸味が、飲む度に口中をサッパリと洗ってくれるよう。え〜〜っ! これで、生原酒なの? 飲み易いし、美味しい! ‥‥‥と思うのですが、「純米大吟醸」としての「凄さ」のようなものは、少〜し足りないかもしれません。

しかしながら、このスペックで、1.8入り4,600円、720入り2,300円というコストパフォーマンスのいい価格もさることながら、何よりも、「食中純米酒」の酒造りを標榜する新政の “旗艦酒” として、まだまだ二回目の造り。これからの進歩に期待して、今日はこの『純米大吟醸 佐藤卯兵衛 あらばしり 生』で、今年度の〆と致しましょう。

『あらばしり』の後は、中だれ、ひやおろし、寒おろしの四度に分けての発売となります。その初っ端、『あらばしり』を飲まずして『佐藤卯兵衛』を語るなかれ‥‥ですね。
どうぞ、お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年4月〜5月の予定>
・04月04日(定休日 やまとしずく会の研修会  於・出羽鶴、刈穂の蔵で
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日) 通常営業致します
・05月02日() 通常営業致します
・05月03日(憲法記念日) 通常営業致します
・05月04日(みどりの日) 通常営業致します
・05月05日(こどもの日) お休みさせて戴きます
・05月09日(定休日
・05月16日(定休日
・05月23日(定休日
・05月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-03-31 22:12 | 新政

白瀑・活性純米 ど Pink(10-03-30 TUE.)

☃のちときどき
日照時間・分
この一週間、毎朝のように雪が降ります。今朝も、起きてみたらどこもかしこも真っ白。午前中には融けてしまう淡雪ですが、やっぱり雪が降るくらい寒いんですね〜。とはいっても、三月も末。ほんの少しですが暖かさがでてきたような、陽射しも明るさを増したような、そんな気がする一日でした。

さて、この寒さは全国的だそうですが、西日本や関東ではお花見シーズン真っ盛りのようですね。
秋田の桜は来月下旬という予想。そこで、ひと足早く桜色‥‥
『白瀑・活性純米 ど Pink』が入荷してきました。
c0084908_20483466.jpg
蔵からの予約パンフが届いたのが、1月下旬。予定では3月上旬の出荷ということだったのに、一ヶ月近くも遅れ、よ〜〜やく入ってきました『ど Pink』。いや〜良かった。お雛祭りには間に合いませんでしたが、これで、北国の遅いお花見には充分に間にあいますねぇ。

「白瀑・活性純米 ど」と同じく、65%精米の“めんこいな”を、赤く発色する赤色酵母を使って仕込み、アルコール分:15〜16度、日本酒度:-10.0、酸度:2.0というお酒に醸しあげ、もちろん無濾過生原酒で、大濁りのまま出荷しています。

昨年も暴発事件があったらしいのですが、今年は活性をキチンと抑え、噴き出さない状態で出荷されているようです。そのため、活性ガスは上手に液体の中に封じ込められていて、グラスに注ぐと、初めてシュワ〜〜ッと細かな泡があがり、フレッシュ感抜群! 酸度:-2.0という高い酸が、日本酒度:-10という甘さを中和(?)し、甘酸っぱくて、爽やかな飲み心地の、飲んだ人をほのぼのとした春の気分にさせてくれるような『ど Pink』です。

価格は、720入りのみの入荷で 1,300円。蔵の案内パンフには、「注文に応じられない場合もある」とありましたが、たぶん、一度きりの出荷だと思います。
桜前線の北上とともに、『ど Pink』への需要もどんどん高まることが考えられますので、どうぞ、お早めにお求め下さり、貴方のお花見の日まで、大事に大事に冷蔵貯蔵をしておいて下さるようお願い致します。でもなぁ、今週末あたり、お花見の練習でもしようかなぁ‥‥。

追伸・昨年末に入荷した「白瀑・純米活性 ど」通称『どシロ』が、少しだけですがまだあります。紅白揃って目出たいお花見なんて、如何でしょうか。ご希望の方は、これもお早めにどうぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年4月〜5月の予定>
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
・05月02日()通常営業致します
・05月03日(憲法記念日)通常営業致します
・05月04日(みどりの日)通常営業致します
・05月05日(こどもの日お休みさせて戴きます
・05月09日(定休日
・05月16日(定休日
・05月23日(定休日
・05月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-03-30 20:51 | 白瀑

千代緑・純吟 重右衛門の酒 瓶燗火入れ(10-03-29 MON.)

ときどき☃ときどき
日照時間・246分
昨日の日曜日、田沢湖の刺巻湿地に水芭蕉に会いに出かけてきました。
c0084908_22185333.jpg
しかし、湿地は所々に氷が張り、大部分がまだ雪に覆われたまま。木道の周回路にも雪が積もり、滑って流れに落ちそうで怖い。
水芭蕉は、陽射しが当って雪が融けた流れには、点々と咲いていました。でも、よ〜く見ると、一度は咲いたけど、その後の雪や凍結で凍傷にでもかかったのでしょうか、茶色く焼けたようになって‥‥ん〜〜今年は、ホントになかなか暖かくなりませんねぇ。

ということで、3月29日。今日も、気温が3度くらいで寒い!
散歩の時、咲き始めたクロッカスを撮りたいと思うのですが、立ち止まって、手袋を脱いで、カメラを構えるのが億劫で一枚も撮らず、本当に寒い一日でした。

さて、このブログを始めてからは、初めてご紹介する御蔵のお酒‥‥
『千代緑・純米吟醸 重右衛門の酒 No.12酵母仕込 瓶燗火入』です。
c0084908_22192558.jpg
千代緑・奥田酒造店さんは、大仙市協和(旧協和町境)の“安産の神様”として有名な唐松神社の参道入口にあります。延宝年間(1673〜80)の創業というのですから、大変な歴史のある蔵です。そして、代々の蔵元のお名前が「重右衛門」さん、なことはもうお分かりですね。

その蔵元名を冠した「重右衛門の酒」は、重厚なタイプの純米吟醸として一般に販売されています。しかし、今回ご紹介する『純米吟醸 重右衛門の酒 No.12酵母仕込 瓶燗火入』は、720ミリで僅か300本の超限定出荷。一般販売の「重右衛門の酒」とは大きく違う『重右衛門の酒』なのです。

50%精米の特別栽培(契約栽培)の美山錦を、これまで何度もご紹介してきた秋田酵母NO.12号酵母を使い、日本酒度:+4.0、酸度:1.6、アミノ酸度:1.1、アルコール分:17.5度のお酒に醸し、火入れは瓶燗火入れ、そのまま一ケ月以上冷蔵瓶囲いをして、もちろん無濾過原酒の状態での出荷です。

でも、これだけでは何故このお酒が超限定なのか判りようがない‥‥実は、この『純米吟醸 重右衛門の酒 No.12酵母仕込 瓶燗火入』の仕込総米が、一般販売の「重右衛門の酒」の六分の一の、何と『150キロ』という極々小仕込み。そこから出来るお酒は正真正銘、1.8入りで120〜130本相当、従って720入りで300本しか出来ない、美山錦50%精米クラスの純米吟醸とすれば、異例の贅沢な仕込みなのです。

以前にご紹介した、「竿灯・ゆきの美人 純米大吟醸生 鑑評会出品用の仕込」は総米120キロでしたが、あちらは純米大吟醸の出品酒用ですから、この『重右衛門の酒』の贅沢さかげんを分って戴けると思います。

酒造りは、仕込総量が小さくなればなるほど温度管理が難しく、当初、杜氏さんもビビった(次代蔵元の談)そうですが、次代蔵元の強い希望で仕込まれたようです。また、次代蔵元も初めて蔵に入って一緒に酒造りをしたというのですから、何か、思うものがあったのではないかと想像できます。

さ〜て、これで旨ければ文句はないのですが、唎酒してみると‥‥秋田酵母No.12酵母の開発目標「バナナのような香りで、軽快で爽やかな飲み心地」、その目標にピッタリのお酒じゃないですかぁ!

立ってくる香りは、とにかくフルーティ。バナナだけではなく、リンゴ、マンゴーなどなど、様々な果実様の爽快な、「香り命」のお酒です。
しかし、その香りは全く嫌みなく、しつこくもなく、旨味の一粒一粒を香り豊かな旨味に変え、スーッと軽快に喉に落ちてゆく。しかも、適度な酸味が旨味の後にひかえていてボディもしっかり、ただただ淡白な「香りだけの酒」にしていない‥‥(失礼を承知で言えば)「重右衛門の酒」って、こんなに美味しかったかなぁ? 名前の通り、もう少し重くて、ズーンと身体に応えるようなお酒じゃなかったかなぁ?  ‥‥もしかして、これが「総米150キロ」がもたらした、素晴らしい結果なのでしょうか。

ということではありますが、まぁ、何キロで仕込もうと、美味しければノープロブレムです。しかも、価格は仕込総量に関係なく、一般販売の「重右衛門の酒」と同じ、720入りで1,682円。これも、嬉しいことですねぇ。
当ブログ初登場、しかも、300本の超限定です。どうぞ、お早めにお試し下さるようお願い申しあげます。
・・・また一つ、旧〜い蔵が新しい胎動を始めたのかもしれませんよ〜ん。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年4月〜5月の予定>
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
・05月02日()通常営業致します
・05月03日(憲法記念日)通常営業致します
・05月04日(みどりの日)通常営業致します
・05月05日(こどもの日お休みさせて戴きます
・05月09日(定休日
・05月16日(定休日
・05月23日(定休日
・05月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-03-29 22:45 | 千代緑

福禄寿・純吟 隠れ彦べえ 火入れ(10-03-27 SAT.)

いっとき☃ときどき
日照時間・198分
今日も北風が強く(風速10m/s)、気温も低く(3〜4度)、昼頃には突然空が暗くなって猛吹雪。10分ほどの間に5センチも積もり、街は真っ白に。その後は時おり太陽が顔を出し、すっかり融けてしまいましたが、なかなか寒さが抜けない秋田です。
明日の日曜日、田沢湖の刺巻にミズバショウを観に行こうと思っていますが、この雪に隠されてしまったかなぁ。

さて、いくら “隠れ” ていても、美味しさが滲み出てしまう‥‥
『福禄寿・純米吟醸 隠れ彦べえ 火入れ』です。
c0084908_2141471.jpg
『58%精米』の『新潟県産五百万石』を『14号金沢酵母』で醸したのですから、これはもうすっかり北陸の酒‥‥そう思われても仕方がないレシピです。でも、使った水は秋田の五城目の水だし、何よりも造り手が秋田の食で香味の感覚を育んだ秋田人。そして、出来上がったお酒は、やっぱり「秋田の酒」だという味わいです。

14号酵母は、一般的には「‥‥生成される酸が少ないために綺麗な味の仕上がり‥‥吟醸酒本来の香り」をもつお酒を醸すのが特徴ですが、この『純米吟醸 隠れ彦べえ 火入れ』の美味しさはそれだけにとどまっていません。その特徴の上に、秋田らしさというか、福禄寿らしさをキッチリと加味した美味しさになっているのです。

先ず、酸が少なくありません。今どきの酒としては少し高めの『酸度:1.8』。アミノ酸に至っては、由利正宗の高橋杜氏が言う限度を遥かに超えた『アミノ酸度:1.2』。日本酒度も、北陸の酒なら+5〜6は当たり前ですが、このお酒は『日本酒度:+2.0』。
唎酒をしてみると、きれいで後口がサッパリとした辛口かな?と思うお酒です。しかし、北陸の酒のように、ふわ〜っと消えてしまうような「儚げ」さを特徴とするお酒ではありません。

この価格(1.8入り2,520円、720入り1,260円)帯のお酒の中では、たぶん一、二を争うようなフルーティな香りがお酒全体を包み、ジューシーで美味しい酸味が爽快、アミノ酸は高めの数字だが雑味が出たり、後口がもたつくこともなくシュパッとキレてゆきます。しかも、飲み口は軽快なのにボディ全体は力強く、最後まで崩れることはない。ん〜〜む、なんか秋田のお酒の新しい方向の一つが垣間見えたような‥‥そんな気にさせる、今年の『純米吟醸 隠れ彦べえ 火入れ』です。

蔵からのリーフレットの最後に、こうありました。
「ちなみに、某試験場長より『良かったじゃない!』と言われホッとしている次第です」‥‥あの、酒質にうるさい(失礼!)某試験場長に誉められるなんて、絶対に飲んでみる価値ありですよ〜ん。
是非、お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
・05月02日()通常営業致します
・05月03日(憲法記念日)通常営業致します
・05月04日(みどりの日)通常営業致します
・05月05日(こどもの日お休みさせて戴きます
by nbhkkry20 | 2010-03-27 21:42 | 福禄寿

新政・純吟 生酒「究(きわむ)」(10-03-26 FRI.)

ときどき夜は☃
日照時間・228分
え〜〜、一週間のご無沙汰でした。また、今日から少しづつ秋田のお酒をご紹介していきますので、宜しくご笑読をお願い致します。

ということで、3月26日。気温は5度前後で北風やや強く、その北風が身を刺すように冷たくて、3月末だというのにホントに寒〜〜い一日でした。今夜から明日にかけては「雪」で「吹雪く」という予報‥‥その予報通り、夜は小雪が風に舞う程度ですが「吹雪」になりました。

さて、この一週間、またまた新しいお酒が入ってきていますよ〜ん。
マスコミに大々的に取りあげられて、出荷したばかりなのに残り僅少‥‥
『新政・純米吟醸 究(きわむ)生酒』です。
c0084908_2113020.jpg
新政は6号酵母が産まれた蔵ですが、現在使われている6号酵母はもちろん発祥当時の6号酵母ではありません。醸造協会が頒布している「協会6号」や、新政で独自に改良を加えた「六號改」など、様々な6号系の酵母で酒造りを行っています。

そして、この『純米吟醸 究(きわむ)』を醸したのは、秋田県立大学、今野商店、新政の三者共同で十年に渡る研究から誕生した『新六号酵母』。さらに使用麹菌は、秋田県立大学と今野商店が研究開発をした、雑味を生まないと評価の高い『吟味』。もちろん使用米は55%精米の『秋田酒こまち』‥‥「真理や本質をつかむため、これ以上行けないところまで押し進めること(大辞林)」という意味をもつ『究(きわむ)』という名を冠した意味がお分かり戴けるかと思います。

そして、アルコール分:15〜16度、日本酒度:+8.0、酸度:1.2、アミノ酸度:0.7 というお酒に醸し上げられ、濾過も火入れもしない無濾過生原酒で出荷されています。

つい先日、蔵で新酒生酒の唎酒会があったのですが、そこで鈴木杜氏さんがこの『新六号酵母』で造られるお酒について、「‥‥酢酸エチルが生み出すバナナやマンゴー系の香り。旨味アミノ酸が大量に生成されるため、辛口に仕上げても甘味が感じられる‥‥」と説明してくれたのですが、ん〜〜〜唎酒すると、まさにその通り。

口に含むとジュワッとした酸味が口中に広がり、オー、フレッシュ! その酸味は、伝統的な味わいの日本酒とはかなり異なり、もしかしたら「酸っぱい!」と思われるかもしれません。しかし、その酸っぱさはいつまでも残ることはなく、酒の甘味を感じ始めるとスイッと消えてしまい、今度はその甘さをも喉の奥に一緒に引込み、後キレもいい。このジューシーな酸味と、雑味のない旨味と爽快なキレなら、初心者や若い人たちにも美味しいと思われること間違いなしです。

共同研究した県立大学からは、教授はもちろん学生たちもスタッフに入っていますが、その学生たちは稲刈りから蔵での作業にもかなり携わったということですから、自分たちが美味しいと思う酒を造ろうとするのは当然のことかもしれませんねぇ。

そんな経過があったのですから、『新政・純米吟醸 究(きわむ)生酒』がマスコミの話題にならないはずがありません。新聞テレビはもちろん、最後は某公共放送までもが、秋田版ですが10分以上の特集番組を放映したのです。これじゃ、アッという間に完売しても不思議ではありません。

ということで、日頃は売れ足がスローペースな当店ですが、さすがに今回だけはアッという間に残り僅か。火入れのお酒も出るようですが、予定は未定。先ずは、この若さ溢れる『新政・純米吟醸 究(きわむ)生酒』をお楽しみ下さるようお願い申しあげます。

価格は、720入りのみで 1,500円。これだけ研究開発に年月と予算をかけて、そしてこの美味しさ。絶対に、リーズナブルだと思いますよ〜ん。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
・05月02日()通常営業致します
・05月03日(憲法記念日)通常営業致します
・05月04日(みどりの日)通常営業致します
・05月05日(こどもの日お休みさせて戴きます
by nbhkkry20 | 2010-03-26 21:16 | 新政

明日から‥‥(10-03-19 FRI.)

のち夜は雷
日照時間・384分
最高気温は6〜7度でしたが、朝から抜けるような青い空。
小学校近くの公園で、子供たちがの〜んびりと (最近は、マッタリ?) ひなたぼっこをしていました。
c0084908_2059952.jpg
そういえば、市内の小学校は今日が終業式でした。明日から、短い期間だけれど、宿題の最も少ない春休み。マッタリしたくなるのも分りますね〜。

京都のお客様から、来週の土曜日にお花見をするからお酒を送って、とご注文がありました。え〜〜もう、お花見ぃ?  暖かそうで、うらやましいぃ‥‥

c0084908_20595318.jpg秋田も、ようやく梅の花が咲き始め‥‥春だぞぉ!


それなのに、明日、明後日は爆弾低気圧が来るらしく、暴風雪の予報。
やはり、花には嵐が付き物なのかな。

そんな暴風雪にもめげず、弊店は21日、22日とも営業致します(22日は、午後6時頃には終業致しますが‥‥為念)
秋田へお出での方は、雨宿り、雪宿りにでもお立ち寄り下さい。
お待ち申しております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
by nbhkkry20 | 2010-03-19 21:10 | 秋田のいろいろ

秋田県清酒鑑評会・一般公開(10-03-18 THR.)

☃のちときどき
日照時間・198分
雪はこの週末にかけてという予報だったのに、今朝カーテンを開けたら‥‥
c0084908_22325462.jpg
5〜6センチの積雪、気温も3度前後と低かったのですが、昼前から陽も射し始め、夕方までにはすっかり融けてしまいました。
やっぱり、春の淡雪でした。

その程度の淡雪などには足をとられることもなく、昨日お知らせしていました「秋田県清酒鑑評会・一般公開」に出かけてきましたが‥‥
c0084908_22331697.jpg
開催時間が、ウイークデーの朝の10時から午後1時までというのですから、いくら唎酒とはいえ、この時間にお酒を口に入れることが出来る「一般」人がそんなにいるわけがなく、例年のことながら参加者は酒関係者ばかり‥‥いつになったら、「一般公開」に「一般」人が大挙して飲みに、イヤ、唎酒に来る日がくるのでしょうかねぇ。

そんな愚痴はさておき、お酒は、何処の蔵のも間違いなく美味しいものでした。選び抜いた酒米を、ギリギリまで精米し、蔵人たちの技能を最大限に結集した出品酒が美味しくないわけがない‥‥が、やはり好き嫌いもあるし美味しさの基準は人それぞれ、いいという酒もあれば、そうじゃないという人もいます。

そんな中で、私自身も含め「うん、いいねぇ」と皆さんの口から出た銘柄が、能代の「喜久水」‥‥ん〜〜意外といえば意外かな?
ボディがあって、綺麗で、スイッとキレて後口良く、バランスがいいだけではなくメリハリもあり、唎酒を忘れて、思わずコクッと飲んじゃったほどでした。

他にも、2、3点、いいなぁと思う銘柄もありましたが、正直言って、出品酒はよく分かりません。
何しろ、どんなに美味しいと書いても、出品酒は「一般公開」限定酒。このブログをお読みになった誰もが飲むことが出来ないのですから‥‥ネッ。
まぁ、今日の私のピカイチは「喜久水」だったというご報告でご勘弁をお願い致します。

ということで、明日からはまた、皆さんが飲むことが出来る、当たり前のお酒をご紹介することと致しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月21日(日・春分の日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月22日(振替休日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
by nbhkkry20 | 2010-03-18 22:34 | 品評会、唎酒会

竿灯・ゆきの美人 純米吟醸 仕込08号 生原酒(10-03-17 WED.)

たま〜にたま〜に☃
日照時間・72分
全国的には昨日から一転して低い気温だったようですが、秋田は週明けからぶり返した寒さが続いたままで、今日も薄日が射しながらもときどき小雪が舞う寒〜い一日。暑さ寒さも彼岸までといいますから、本当に暖かくなるのはもう少し‥‥先ほど週間予報をみたら、21日と22日の連休は、なな何と暴風雪! こりゃ、まだまだかなぁ。 

さて、先日の上喜元では、確か仕込54号の「神力」を搾る直前でしたが、こちらの蔵から本日入荷したのは「仕込08号」。
いかに小さく、いかにゆっくりと酒造りをしているかお分かりでしょう‥‥
『竿灯・ゆきの美人 純米吟醸 仕込08号 無濾過生原酒』です。
c0084908_21461527.jpg
今年の三本目の、「ゆきの美人 純米吟醸 生酒」です。
今年の一本目は、12月にご紹介した仕込02号の「ゆきの美人 純米吟醸 しぼりたて生酒」でした。そして、今日ご紹介するのは三本目‥‥じゃぁ、二本目は? え〜〜実は、二本目も蔵から出荷されていました。でも、敢えてご紹介致しませんでした。はい、取扱わなかったのです。

12月の一本目は、「‥‥香りも味わいも、がさつさがなく非常に上品で、滑らかで、軽いのに密なタッチ‥‥ジュワジュワッとした甘味も、後からくる酸味でサラサラとキレて、後口に苦味やエグ味はなく‥‥いくらでも飲める〜〜」ということで、アッという間に完売してしまい、「新酒2号でこの旨さですから、「ゆきの美人」、今年はホントに楽しみ」と期待をし、「マンション蔵という特異な造りの環境に慣れてきて、少しづつですが蔵の癖のようなものを掴まえた‥‥」とまで思っていたのですが‥‥2月に出荷された二本目は、どうしたことでしょうか? どんな温度で飲んでも飲み口が硬くて、旨味が開かず、一本目のような美味しさがなかったのです。ガックリでした。
そして今回の三本目‥‥‥ん〜〜旨い! 一本目同様に、いや一本目以上に美味しいッ! と思いますよ〜ん。

仕込配合は一本目と同じで、麹:山田錦、掛:酒こまち、両方ともに55%精米、金沢酵母を使い、日本酒度:+3.0、酸度:1.7、アミノ酸度:0.9、アルコール分:16.5%というお酒に醸しあげ、無濾過生原酒のまま出荷されています。

一本目の香りの上品さや滑らかさを充分に踏襲して、その上に、一本目にはなかった少しの苦味やエグ味を美味しさの中に上手に丸め込み、それが故に、旨味はのびのびと広がり、奥行きを感じさせ‥‥ここまで待った甲斐があったというものです。

価格はもちろん一本目と同じ、1.8入り2,600円、720入り1,400円というお手頃価格。そしてこの美味しさですから、一本目同様にアッという間に完売すること間違いありません。是非、是非、お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。

さて、明日は「秋田県清酒鑑評会一般公開」。
今年は、春先から秋田の酒蔵が雑誌 dancyu で取り上げられたりして、ちょっと盛り上がっています。果たして、その盛り上がりに実力が伴っているのか、いないのか? 真面目に唎酒しなければなりません。金賞とか銀賞とかはありませんが、それがないだけに、先入観なしで唎酒できるのも楽しみです。
朝の10時から午後1時の開催ですから、こりゃ、明日は車での仕事は出来そうもないぞ〜。お願いいたします、奥様。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月18日(木)秋田県清酒鑑評会一般公開 キャッスルホテル 午前10時〜午後1時                   
・03月21日(日・春分の日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月22日(振替休日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
by nbhkkry20 | 2010-03-17 21:49

上喜元さんを訪ねました。(10-03-15 MON.)

のちのち
日照時間・186分
放射冷却で氷点下の朝だったのに、昼過ぎには12度を超えて、春だぁと思っていたら夜は雨で気温も下がり、明日は雪かもという予報。
諺通り、春に三日の晴れなしです。

さて、昨日の日曜日。久しぶりに、現在当店で扱っている唯一の県外酒、酒田市の酒田酒造・上喜元さんを訪ねました。

今回は、ひょんな経緯で、先にご紹介した本「新生代日本酒が旨い(いま飲むべき全国36銘柄)」の著者・かざまりんぺいさんを蔵にご案内するのが目的‥‥だったのですが、車で酒田に着いてホテルに電話をしたらとっくに蔵に出かけられ、急いで蔵に向かったらとっくに佐藤社長さんと話し込んでおられる。さすが、アクティブに行動し、何方ともフレンドリー且つ真摯にお話しをなさるかざまさんです。
c0084908_22583758.jpg
麹室でのツーショット‥‥ん〜〜む、失礼ながらお身体の割には動きがお早い。そうでなければ、あのような本を書くことなどできませんものねぇ。私ごときが案内するまでもありませんでした。

さて、もちろん上喜元さんは、かざまさんの「新生代日本酒‥‥」の「今飲むべき36銘柄」の一つですが、「‥‥蔵の設備も素晴らしく、われわれ消費者がいかにおいしく飲むことができるかということを念頭に‥‥さまざまな工夫があり‥‥」とあるように、ハイテク、ローテク、訪ねる度に本当に様々な設備や工夫を増やしています。

蔵を訪ねるのは2008年1月以来の二年ぶりでしたが、今回も一つ、初めてみる機械が導入されていました。
c0084908_22591156.jpgえっ、なにこれ!? あまりにも酒造りに縁遠いような形で、造りの何処にどんな関わりを持つのか全く思い浮かばず、呆然としてしまい正式な名称を聞き忘れてしまいましたが‥‥


生酒を火入れ殺菌する際、60〜65度で「3分間」熱することで火落ち菌の発生をほぼ確実に防ぐことができるのですが、その「3分間を保持する機械」だということです。

そして、「3分間を保持する機械」に接続し、同時に稼働させる機械がこちら‥‥
c0084908_22595365.jpgよく分らんのですが、名称は「熱交換器」。


一方の管には、サーマルタンクから10度以下の冷たいお酒を流し、一方の管には、前述の「3分間を保持する機械」から60度以上に熱せられたお酒を流し、(写真では見えませんが)分厚い鉄板に挟まれた交換器で接触させ、「極短時間」に「冷→熱、冷←熱」を行う機械だそうですが‥‥ん〜〜まだよく分りません。

佐藤社長さんは、大意、こうも説明してくれました。
お客さんが蔵にみえた折りに、槽前で唎酒をしてもらうと、その時搾っているのがどんなお酒でも間違いなく『美味しい!』 といってくれる。そして蔵は、この槽前の美味しさを出来る限り保持する責任があると思う。
だから、上喜元の火入れは早すぎると批判されるほど素早く火入れをするし、瓶燗火入れの酒だけでなくサーマルタンクに貯蔵する酒も含め、蔵の全ての酒をタイミングを逃さずに火入れ貯蔵をしたい‥‥

そのために、大量に確実に火入れが可能になる、「3分間保持装置」と「熱交換器」を導入したということでした。

2008年1月に訪ねた時は、蔵で使う全ての使用米を限定吸水させるのを目的に、10キロの米をグラム単位で瞬時に計量できる装置を入れ、もちろん最新式の洗米機も入っていました。
そして今回は、火入れに関係する最も新しい、日本国中探してもおそらく10蔵もまだ使っていない機械を導入‥‥ん〜〜凄い! 何が凄いって、高価な機械を入れたことではなく、槽前のお客さんの「美味しい!」の一言を忘れることなく、そこから蔵がやるべきことを見いだし、キチッと実現させてきているのですから、やっぱり、凄い。
‥‥かざまさんが、新世代の36銘柄にいれた理由の一つが分ったような、今回の蔵訪問でした。

その「3分間保持する機械」や「熱交換器」を使った「火入れ酒」のサーマルタンク貯蔵のお酒の入荷予定はありませんが、先日ご紹介した『上喜元・純米吟醸 仕込み第39号 無濾過生原酒 “渾身”』
c0084908_230353.jpg
蔵から帰ってきて、蔵での様子を思い起こしながらしみじみと唎酒をしてみました‥‥蔵の槽前で少しだけ唎酒をさせてもらった大吟醸に勝るとも劣らない美味しさだ、と運転をしなかった同行の女房が申しておりました。
在庫はまだ少しございます。是非、お早めにお楽しみ下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>
・03月18日(木)県清酒鑑評会一般公開 キャッスルホテル 午前10時〜午後1時
・03月21日(日・春分の日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月22日(振替休日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
by nbhkkry20 | 2010-03-15 23:05 | 東北の酒・上喜元

春霞・純吟 美郷錦仕込 無濾過生(10-03-12 FRI.)

のち
日照時間・534分
久しぶりに太陽が燦々と照り、気温も11度を超えて、ベランダに布団を干せるような好い天気の一日でしたが、夕方から急に曇りだし、夜には暴風警報まで出ました。
そして、今週末は荒れ模様の予報。でも、日曜日からは晴れが二、三日、その後はまた雨か雪‥‥こんな繰返しで、春になってゆくんですね。

さて、秋田は春まだ浅きですが、このお酒を飲めばすっかり気分は春‥‥
『春霞・純米吟醸 美郷錦仕込 無濾過生原酒』です。
c0084908_2261250.jpg
春霞の蔵のある美郷町の酒米研究会が育んだ美郷錦を50%精米し、熊本酵母を使い、日本酒度:+1.0、酸度:1.5、アミノ酸度:0.8、アルコール分:17〜18度というお酒に醸し、無濾過生原酒で出荷しています。

春霞では、この新酒をまるごと生酒で出荷することはありません。その大半が、火入れ熟成させてから出荷されます。変質しやすい生酒よりも、熱殺菌をして酒質の安定したお酒を飲んでほしいからですが、それにもう一つ、しっかりと熟成されたお酒の旨さにこそ春霞の特徴があり、生酒よりも熟成酒の方が本番、と考えているからのようです。ですから、この蔵の新酒生酒の良し悪しは、この後から出てくる熟成酒の出来を占うという楽しみもあります。

ということで、この『純米吟醸 美郷錦仕込 無濾過生原酒』を飲んで、夏の呑み切り後に出てくる本番の『純米吟醸 美郷錦仕込 無濾過原酒 火入れ』の出来を占ってみましょう‥‥

とはいうものの、そう簡単に占うことなんて出来やしません。でも、新酒の生酒にこんな香りやこんな風味があれば、ほぼ間違いなく火入れ熟成酒も美味しくなるんじゃないかという、私の拙い経験から見つけた、独断的で偏見的な占い法があるんです。

それは新酒生酒の段階で、一つは、香りが出来る限り澄んでいてきれいなこと。そして二つ目は、口に入れると、活性酒や濁り酒でもないのにシュワッ、シュワッ、シュワシュワ〜とする醗酵ガスを含んでいること、です。

何故、シュワシュワ酒が熟成すれば美味しくなるのか? また、どうすれば活性酒でもないのに、シュワシュワッとした醗酵ガスがお酒の中に残るのか? 分りません。でも、こんなシュワシュワ酒の “ひやおろし” が、確実に美味しくなったのを何度も経験しています。そして‥‥今年の『春霞・純米吟醸 美郷錦仕込 無濾過生原酒』も、このシュワシュワ酒なのです。

きれいで上品な吟醸香、美郷錦と熊本酵母が醸し出す優しくてガサツキ感のないしっかりとした味わい、そのうえにシュワシュワ〜〜ですから、ん〜〜旨いもう一杯! となること請け合い‥‥亀山杜氏さん亡き後、全面的に製造責任を継いだ次代蔵元の栗林直彰さん、なかなかやるじゃないですかぁ。

価格は、1.8入り2,940円、720入り1,470円と昨年と同じです。
‥‥聞くところによると、今月初めの東京の展示会で「ガバッと注文をもらった」(春霞の営業さん談)とのことで、それでなくても数が少ない生酒です。秋の “ひやおろし” も楽しみですが、先ずは、シュワシュワ〜酒のシュワシュワ〜が消えないうちに、お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年3月〜4月の予定>                    
・03月14日(定休日 酒田市・酒田酒造さんへ
・03月21日(日・春分の日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月22日(振替休日)午前10時〜午後7時 営業致します
・03月28日(定休日
・04月04日(定休日
・04月11日(定休日
・04月18日(定休日
・04月25日(定休日
・04月29日(昭和の日)通常営業致します
by nbhkkry20 | 2010-03-12 22:09 | 春霞