<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

天の戸・大晦日の朝しぼり 美稲 にごり(2010.12.31 FRI.)

☃のち
(日照時間・0分
c0084908_18371454.jpg
昨日の穏やかな一日から一転、いかにも秋田の大晦日というお天気になりました。北国の冬はやっぱりこうでなくちゃあ始まりません。

なまはげ、梵天、犬っこ、あめっこ、かまくら、紙風船あげ等々。
これから訪れる長く厳しい冬を、楽しく過ごす知恵が溢れた「まつり」が
めじろ押しです。是非、秋田にお出でください。
雪の季節に秋田でのむ日本酒はまた格別ですよ。

そうして秋田ファン、秋田の酒ファンになってくださった皆様に支えられて
この一年も無事に終わろうとしています。
心より感謝申し上げます。

明日の朝までの積雪が20〜30センチという予報ですから、巣ごもりのお正月になりそうですね。
ぬくぬくと身体を休めて寝正月もいいけれど、酒屋まるひこは、1月2日から営業しています。
どうぞ腹ごなしにお出かけ下さいませ。
お待ちしております。(haru)


さて、本日のご紹介は、本年の掉尾を飾るに相応しいお酒‥‥
『天の戸・大晦日の朝しぼり 特別純米 美稲 にごり』です。
c0084908_18383722.jpg
何も申しあげることはございません。
天の戸さんの「夏田冬蔵・絵日記ブログ」に、このお酒の全てが書かれています。是非とも、ご覧下さるようお願い申しあげます。
c0084908_18391931.jpg
12月31日午前10時10分に出発した『大晦日しぼり』が、当店に到着したのが午後3時50分。直ちに、冷蔵ケースのど真ん中に置き、値段をつけて、閉店前での2時間ちょっと‥‥お店に来たお客様、全部の方が買っていかれましたよ〜。蔵の皆さんの頑張りは、お客様に通じるのですね。

でも、まだまだ在庫はございます。
本日お求め出来なかった皆様には、当店は1月2日から営業をしておりますので、お屠蘇気分でお出かけ下さるよう心からお待ち申しております。

‥‥さ〜てと店も終わったし、今日は早めに一杯やるか。もちろん、届いたばかりの『大晦日しぼり 美稲にごり』ですよ〜ん。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで「天の戸」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。
 
c0084908_1840335.jpg『純米大吟醸 白雲悠々』
1.8入・6,830円(箱無し・6,300円)
720入・3,150円


c0084908_18403658.jpg『純米大吟醸 夏田冬蔵 2010 吟の精40』
1.8入・3,800円、720入・1,900円


c0084908_18411895.jpg『21BY 純米吟醸 亀の尾 雫取り 生原酒』
1.8入・3,400円、720入・1,700円


c0084908_18415595.jpg『21BY 純米吟醸 亀の尾 ひやおろし』
1.8入・3,400円、720入・1,700円(終売)


c0084908_18423314.jpg『大吟醸45』
1.8入・3,000円、720入・1,500円


c0084908_18431614.jpg『22BY スパークリング純米酒 シュワトロ』
使用米:吟の精・美山錦、精米率:55%
使用酵母:AK−1
アルコール分:14度

720入・1,525円


c0084908_18434273.jpg『22BY 純米にごり酒 じゃごたろ』
使用米:酒こまち、精米率:80%
使用酵母:秋田今野No.29
アルコール分:15度

720入・1,000円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-31 18:44 | 天の戸

春霞・純米 活性濁り酒(2010.12.30 THR.)

のち
(日照時間・264分
昼近くまではお陽様が顔を出し、気温は4度近くまであがり、風もなく、明日が大みそかだなんて信じられないくらい穏やかな一日でした。

街は年末休暇状態で、道行く人もどことなくノ〜ンビリしています。
店にお出でのお客様も、いつもと違いゆっくりと品定めをして、正月用のお酒を買ってゆかれます。
私どもも、県外発送の荷造りが大方終わり、じっくりとお酒の説明ができ、納得の一本をお薦めできるのが嬉しいですね〜。
そして、「来年も宜しく、どうぞよいお歳を‥‥」という年の瀬の挨拶を交わしあい、一年で最も忙しい12月もあと一日。今年も何とか年を越せそうだなぁ‥‥‥。

さて、そんな感傷に浸ってばかりはおられません。続々と入荷してくるお酒のご紹介、ご紹介‥‥
『春霞・純米 活性濁り酒』です。
c0084908_19464775.jpg
使用米:美山錦、精米率:60%、使用酵母:901号、日本酒度:+0.5、酸度:1.5、アルコール分:18度前後という、生原酒の『活性濁り酒』です。

活性濁り」とか「危険」とかいうタグを付けていながら、最近は栓を開けたらプシュともいわない「活性しない濁り」や「危険ではない」お酒が多いので、入荷してきたら先ず開栓してみなければ‥‥ということで、クキッと口金を切ったら、ん? 音沙汰なし。え〜〜、やっぱり看板倒れかなぁと思っていたら、底に溜まっていた白い濁りが、小さな泡と一緒にゴボッ、ゴボッと上がり始めるではあ〜りませんか。

c0084908_19471365.jpg← 泡と濁りがネックに溜まり始め、活性濁り酒を楽しめる雰囲気が出てきましたよ〜ん。
でも、爆発するような活性力ではなく、直ぐに口金を全開させることができました。


開栓後直ぐにグラスに注ぐと、最初に出てくるのはネックに溜まった濁り部分 。ドロリとしたドブロクの溜りを飲むようで、これはこれで美味しいですね〜。但し、最初のひとグラスだけですから、開栓する人の役得かもしれません。

その濁り部分を飲んでしまえば、後はちょっと濃い目の濁り酒といったところ。
口に含めば、シュワ〜ッとした酸味がフレッシュで爽快。綺麗な含み香で心地よく、生原酒とはいいながら優しいタッチで非常に飲み易く、いくらでも飲める感じでスイスイといけそう。でも、決して飲み過ぎないでくださいね。だって、アルコール分が18度。後で、効いてきますよ〜〜。

価格は、1.8入・2,420円、720入・1,210円です。
1.8入は穴開き栓で、720入より活性力は弱いかもしれませんが、ちょこっと振ってやると、小粒の泡が瓶の中でシュワシュワしてますから充分にお気をつけ下さい。
また、出荷の直ぐ後よりも、少し時間が経ってからの方がガス圧が強くなります。年が明けて、成人式の辺りが最も飲み頃になるかもしれませんね〜。

とはいえ、真っ白い濁り酒は新春を寿ぐにはピッタリのお酒。どうぞ、お早めにお求め、お楽しみくださるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで「春霞」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_1948492.jpg『純米吟醸 21BY 美郷錦仕込み 一度火入れ 瓶貯蔵』
1.8入・3,150円、720入・1,575円


c0084908_19482910.jpg『純米吟醸 21BY 青ラベル 一度火入原酒』
1.8入・2,890円


c0084908_1949541.jpg『純米 21BY 赤ラベル 一度火入れ原酒』
1.8入・2,420円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-30 19:56 | 春霞

百年柚子のレシピ( 2010.12.29 WED.)

いっとき
(日照時間・126分
岐阜に実家を持つKさんが、里帰りのお土産に柚子を持ってきてくれました。樹齢100年は越すという庭の柚子の木が、今年も沢山の実をつけたそうです。
c0084908_22203975.jpg
百年以上の歴史を刻んだ木には、古っぽい実しかならないのか?
と思ったら大間違い。皮も柔らかく、鮮やかな黄色で何ともいえない良い香りなのです。それに小粒でとってもジューシー。
勿論無農薬だそうで、これ以上望むべくもありません。
こんな素敵な食材を戴いたら、新鮮なうちに調理するのが一番!
暮れの忙しい時なのに、頭の中は柚子、柚子、柚子‥‥。
「ゆっくり後で」ができない性分が我ながら恨めしい。

〈柚子を余す所なく楽しむレシピ〉
1)皮をスライスし軽く水煮し一度水を替える。(汁はすてない)
   ゆっくり、じっくり水煮する。お砂糖を入れて又煮る。
   仕上げにオレンジリキュール、ハチミツを入れたら、マーマレード完成。
2)実は搾ってジュースに。
3)搾った後の実や種は少量の水で煮て、充分搾って汁はマーマレー ド作りの鍋に 入れる。

こうして3時間後、26個の柚子から、「柚子湯用の汁」と
「ジュース」とお気に入りの 「百年柚子のマーマレード」ができあがりました。
c0084908_22213212.jpg
あ~疲れた。ヘトヘトですが、柚子の香りに包まれた至福の時間でした。
とりあえず1)の汁を入れた柚子湯に浸かって‥‥オイリーでなんと贅沢な入浴剤だこと!!
ジュースは柚子醤油に、マーマレードは、ヨーグルトやパンにつけて戴きましょう。
Kさんありがとうございます。(haru)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-29 22:29 | 秋田のいろいろ

刈穂・純吟 六舟 中取り&あらばしり(2010.12.27 MON.)

ときどき☃
(日照時間・36分
最高気温が2度にもならずけっこう寒いはずですが、身体が寒さに慣れてきたのか、それほど寒く感じません。それに、雪はチラホラと降る程度で風もなし。先週末から続いていたブリザードも収まり、“穏やか” と言ってもいい一日でした。

さて、今日もまた一つ、いや二つの新酒が入荷してきました‥‥
『刈穂・純米吟醸 六舟 生原酒 あらばしり』と、『刈穂・純米吟醸 六舟 生原酒 中取り』です。
c0084908_21344793.jpg
どちらの酒暦も、使用米:美山錦、精米率:55%、使用酵母:自社培養酵母(KSP)、日本酒度:+4.0、酸度:1.4、アミノ酸度:0.9、アルコール分:17度(16.1〜17.9)と同じ数字です。

でも、軽く濁りの入った『あらばしり』と濁りのない『中取り』、微妙な味わいの違いがあって飲み比べが大変に面白いですよ〜。

どちらの価格も、1.8入・3,000円、720入・1,500円です。そして、
出荷本数は‥‥『あらばしり』が1.8入・300本、720入・500本。
     ‥‥『中取り』は1.8入・700本、720入・900本と、どちらも微妙に多くない本数です。
どうぞ、お早めに飲み比べをお楽しみく下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて「刈穂」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_21352379.jpg『平成22年度 大吟醸 全国鑑評会金賞受賞酒』
720入・5,250円


c0084908_21355852.jpg『21BY 仕込128号 純米大吟醸生 中汲み』
1.8入・5,040円


c0084908_21373112.jpg『選抜大吟醸』
1.8入・5,000円(箱入・5,250円)、
720入・2,625円


c0084908_21375783.jpg『21BY 活性純米 六舟』
720入・2,310円


c0084908_21383534.jpg『21BY 昔生酛純米 出羽の雫』
1.8入・2,800円、720入(20BY)・1,400円


c0084908_21461646.jpg『22BY 純米新酒生 あらばしり うすにごり』
1.8入・2,520円、720入・1,260円


c0084908_21395797.jpg『21BY 純米吟醸 六舟 瓶火入れ』
1.8入・2,910円、720入・1,460円


c0084908_21402460.jpg『山廃純米 燗あがり』
1.8入・2,513円


c0084908_2140496.jpg『純米酒 錦風』
1.8入・1,957円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-27 21:46 | 刈穂

子ども達にとっての『なまはげ』( 2010.12.26 SUN.)


(日照時間・42分
c0084908_2241470.jpg
「なぐ子はいねが~!」「言うごど聞がね子はいねが~!」と大声で脅かし怖がらせるなまはげ。子どもむけの郷土かるたにも、お馴染みなまはげは登場します。
ですから秋田の子ども達は、その怖さを小さい頃からよ~く知っています。
そのことを承知で親たちは「なまはげさんが来るヨ!」と言って子どもを叱ることがありますが、これがまた効果てきめんなんです。

孫達が小さかったころを想い出します。
「だめ!」と親に言われても、「どうして?」を連発する孫娘は
母親に「わからないこと言うと、なまはげさんが来るよ!」と、叱られると「ごめんなさい!もうしません!!」と、自分の要求を大急ぎで取り下げたものでした。
ダメの理由を聞くより、恐ろしいなまはげに、食べられてしまうかもしれない恐怖を、回避するのが先決だと思ったのでしょう。

町に住む子どもたちでさえ怖いなまはげ。
では男鹿半島で毎年、なまはげの洗礼を受ける子どもたちはどんな思いなのでしょうか。

『百聞は一見に如かず』男鹿半島の真山神社にお参りをし、伝承館で男鹿の風習『なまはげ行事』の体験をしてみました。
c0084908_22215268.jpg
大晦日の夜、激しく戸障子を開け放ち、なまはげがやってきた
c0084908_2223582.jpg
四股を踏み、戸や壁をたたき、大きな音で悪霊を払いながら子どもを捜すなまはげ
c0084908_22315284.jpg
家の主人はお膳とお酒をすすめ、なまはげの機嫌をとりなします
c0084908_2225542.jpg
子どもは恐怖で泣き叫ぶのに、親は何故か好んでなまはげ体験をさせたがっているように見えます。

本場男鹿は船川で、小さい頃実際に『なまはげ体験』をしたOさんのとっておきの『体験談』もご紹介いたしましょう。

毎年大晦日が近づくと、こどもたちは落着きません。
恐ろしいなまはげから身を守る場所を考えなければならないと思うと、そのことで頭が一杯になります。
去年も一昨年も、絶対大丈夫と思っていたのに見つかってどやされてしまった。どうしてだろう?
おしいれ、物置、水のはってないお風呂‥‥。
何故か、簡単に見つかってしまいます。

それもそのはずです。
なまはげは、家に入ってくるなりこどもたちの居場所を、こっそり親達から聞き出していたのですから。

その上、[なまはげの中身は近所のお兄さんだ]と知ったO少年や部落の子どもたちの怒りは収まりません。
一挙に反撃しようと、作戦をねります。
なまはげの巡る道を調べ、各家々でふるまわれるお酒で酔いがまわったころを見計らって、落とし穴に落とすという作戦です。

昼間、気づかれないように通り道に、深~い穴を堀ります。
凍てついた道路はコチコチで、穴堀作業は汗ダクです。
それでもなんとか大人がスッポリはいる穴を堀り終え、小枝やわら、雪でしっかりカモフラージュして夜を待ちます。
やがて暗い夜道を千鳥足のなまはげがやってくる。
穴に落ちてあわてもがくのを物陰からしっかり見届けて‥‥
小さな胸の『怒りの炎』を沈めたそうです。


感覚を研ぎ澄まし知恵を搾って、困難に立ち向かう少年たち。
寒風吹きすさぶ闇の中で繰り広げる攻防は、少年たちがなまはげを卒業して大人になっていく為の必要不可欠の『通過儀礼』なのかもしれません。

雪がしんしんと降る夜、少し酔いがまわってきたOさんから聞く
少年の頃の『なまはげ体験』は、何度聞いてもまた聞きたい、冬の夜の楽しみのひとつです。
最近では、妖怪の気配におびえる闇も少なくなり、『恐れを知る』機会がめっきり少なくなりました。
偉大な自然や自然現象に出会った時、
偉大な人やその業績に出会えた時、畏怖の念を抱き恐れを覚える。「そんな心を今でも持てているのか?」自問する‥‥寒さが身にしむ夜にもなるのです。

それにしても最近では、どこの部落でも全戸を回って(重労働の)なまはげを演じる青年が少なくなって大変だそうです。なまはげ行事が、なんとかこれからも続いていくことを願わずにはいられません。
c0084908_22273176.jpg
いえ、いえ。なまはげは間違いなく、結界の向こう真山の山奥から毎年一回、麓の家々にやってくるのです。
大晦日の夜に子どもたちに会うのを心待ちに、今頃きっと、包丁を研いでいるんじゃないでしょうか。(haru)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月26日(定休日

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-26 22:39 | 秋田のいろいろ

真冬日(2010.12.25 SAT.)

一日中☃吹雪き
(日照時間・12分
c0084908_20102251.jpg
この冬初めての真冬日。ブリザードの吹き荒れる一日でした。
写真は昨日とは別の某銀行本店前の植え込みにセッティングされたクリスマスのイルミネーションです。
昨年よりも飾り付けが多くなりましたが、発光ダイオードの出現で電力の無駄使いなどと目くじらをたてなくてもいいんですね。

夕方のラッシュ時、山王交差点の一画が絵本の1ページみたいに浮かび上がって、忙しい大人たちの気持ちを和らげてくれます。

ご存知今日は、イエスの生まれた日で、キリスト教徒には大切な記念日と聞きます。欧米の敬虔なクリスチャンは、この日を厳粛な気持ちで祝うようです。
c0084908_20114445.jpg
そんな雰囲気を伝えてくれるオーストリーはウィーンのお菓子『シュトーレン』、今年も友人のNさんご夫妻がわざわざ送って下さいました。(と言っても、ウイーンではなく京都岩倉のaramakiさん特製です)

入っていた説明書によると、 クリスマスより3週間前の日曜日から日曜ごとにキャンドルに火を灯して、家族で団欒を楽しみます。合計4本のキャンドルに火が灯るのはクリスマス・イブ! 親しい友人家族がお得意のクッキーを焼いて持ち寄り、4本のキャンドルのもとで集う(待ちに待った救い主イエスの誕生を祝って) とあります。
ワインやシャンパンを飲みながらでもOKとか。

週末の夜はシュトーレンでワインなどいただきましょうか‥‥連れ合いは、やっぱり日本酒でしょうか?
Nさん御馳走さまです!(haru)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月26日(定休日
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-25 20:13 | 秋田のいろいろ

まんさくの花・特純 槽しずく ささにごり(2010.12.24 FRI.)

のち吹雪
(日照時間・6分
c0084908_20563246.jpg
旭川をはさんで向こう岸の某銀行の植え込みが、ブルーやグリーンでライトアップされています。
いつもより道がこんでいる訳は(たぶん)ケーキやプレゼントを乗せた車が夕方になっても凍った道に連なって‥‥家路を急いでいるからでしょうか。
子どもたちが小さかった頃はともかく、ここ何年も家にツリーを飾り、ケーキやロウソクで聖夜を祝うことがなくなりました。
特定の宗教を持っていないからこそ、あえて何もしないことが
礼儀かと‥‥いえ、もう恥ずかしいというのが本音でしょうか。
c0084908_2057361.jpg
色彩の乏しいこの季節、友人がセントポーリアの小さな鉢を持ってきてくれました。クリスマスのではないけれど、やっぱりプレゼントは嬉しいものです。(haru)


さて、12月も下旬、新酒生酒がドンドン入荷してきました‥‥
『まんさくの花・特別純米 槽(ふね)しずく ささにごり』です。
c0084908_20574397.jpg
え〜〜と、未だ唎酒していません。お陰様で何かと忙しく、じっくりと唎酒している時間がありませんでしたので、昨季仕込みの「槽しずく」のブログをお読み戴いてご勘弁願います。

ただ、使用米が昨季の「吟の精」から『美山錦』に変更されています。この変更が、味わいに何か変化をもたらしているのでしょうか。大いに興味がありますね〜。新年明けましたら、じっくりと唎酒してみることに致します。

とりあえず、酒暦だけですが‥‥
使用米:地元産 美山錦、精米率:55%、使用酵母:協会10号、日本酒度:+1.5、酸度:1.7、アミノ酸度:1.6、アルコール分:17〜18度で、微かに滓を絡めた『ささにごり生原酒』で出荷されています。
そして、価格は、1.8入・2,730円、720入・1,370円です。

蔵のコメントでは『しぼりたての槽 (ふな)口酒。搾ったまんまの「ささにごり」でお届け致します。この時期だけにしか味わえない上品な香り、豊かな米の旨味のフレッシュな純米酒‥‥』ということですが、なんだかんだと言っても、とにかくフレッシュなことは間違いなし! だとおもいますよ〜〜。
是非、お楽しみくださるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで「まんさくの花」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_20583839.jpg『純米大吟醸・19BY 不死鳥』
720入・3,600円


c0084908_20591397.jpg『純米大吟醸・21BY 愛山酒』
1.8入・3,990円、720入・2,100円


c0084908_20594499.jpg『純米吟醸・八八七分の壱 No.15仕込(21BY-36号)』
1.8入・3,360円、7720入・終売


c0084908_2101793.jpg『純米吟醸・21BY 亀の尾55%仕込』
1.8入・3,150円、720入・1,740円


c0084908_2104513.jpg『純米吟醸・21BY 美郷 無濾過生詰 火入』
*リンク先の「美郷」とラベルは違っていますが、同じお酒です。
1.8入・3,150円、720入・1,740円


c0084908_2111153.jpg『21-26號 純米吟醸 瓶囲い生詰原酒 別誂』
1.8入・2,850円


c0084908_2113875.jpg『純米酒・21BY 七山 生詰火入れ』
1.8入・2,730円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月26日(定休日
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-24 21:03 | まんさくの花

月と星の輝く宵( 2010.12.20 MON.)

ときどき
(日照時間・162分
c0084908_1903590.jpg
↑ Sミッションスクールの敷地、玄関へのエントランスに飾られたクリスマスツリーの星の上に、ほぼ丸いお月さまがお出ましです。

昨日は師走には珍しく、一日中晴天に恵まれました。
孫たちと約束していたサンタさん役の買物に一緒に出かけました。
その後、混雑する外食をさけ、我が家でカレーの昼食会です。
部活で忙しい中学生、高校生の孫たちは、また身長が伸びました。
もう住んでいる世界が違うのでしょうか、いろいろ近況を報告してくれても、適確に相づちを打ち、言葉を交わすのは至難の業です。
勉強のこと、進路のこと、いろいろ課題はあるようだけれど、
それぞれなんとか元気で通学しているようで、それだけで
グランパ、グランマは満足です。

末の孫娘と一緒に遊び、上二人の孫達の会話につきあい‥‥すっかり疲れてしまいましたが、買物に出た宵に見たこの『月と星』がちょっと身体を軽くしてくれました。
特定の宗教をもたない私たちにも、神聖な気持ちが理解できそうな瞬間でしょうか。
今年もあと2週間。さあ!気持ちを入れて仕事に励みましょう。(haru)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月23日(天皇誕生日)午前10時~午後5時 営業致します
・12月26日(定休日
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-20 19:05 | 秋田のいろいろ

天の戸・純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精(2010.12.17日 FRI.)

c0084908_226433.jpg
研ぎ師を目指して修行中の大阪のSさんから、見事に研ぎ上がった鋭い包丁が返ってきました。
あんなに汚れと錆とで黒ずんでいたのに‥‥包丁の柄を見なければ
新品と見紛うばかり。ピッカピカです。

写真 上の包丁は、結婚する時に台所用品として、購入した40年の年期の入ったものです。
Sさんによれば「野鍛冶風の鋼をサンドしたあわせ鋼の包丁」とのお見立で、「よい物を買いましたね」とのこと。
へぇ~、買った本人も知りませんでした。
「40年前当時、サビないステンレス包丁が幅を利かせていのに、記念になるものを選んだのですね」と言われて、そんな深い意味などあるはずもなく、「はぁ~、そうですか」と頼りない返事をするばかり‥‥お恥ずかしい次第です。そして「40年前を想い、『研ぎ』を楽しませてもらいました。」」のお言葉まで。
う〜ん、さすがプロを目指す方の心意気。

さっそくレモンやレンコンの薄切りで素晴らしい切れ味を実感させていただきました。
出刃包丁は、いままで平気で使っていたのに、なんだか怖くて慎重になってしまうほど鋭い光を放っています。
これから暮れにかけて、鯛やハタハタをさばく時にその威力を発揮してくれそうですので、それまで大事にしまっておきましょう。

包丁の研ぎをお願いする度に、Sさんの腕がだんだん上がっていくのが、素人の私にも解ります。
材質を見極め、造った職人の手仕事を感じて心を込めて研ぐ。
プロとして独り立ちされる日も間近の予感がいたしました。
Sさん、ありがとうございます。(haru)


さて、このシリーズが誕生して早一年、通算四号仕込みとなる‥‥
『天の戸・21BY 純米大吟醸中取り 夏田冬蔵 吟の精仕込み』です。
c0084908_2271613.jpg
森谷杜氏さんが書いた案内によれば、「その年のそれぞれの酒米に趣向を凝らした提案酒」 という夏田冬蔵シリーズですが、今回は、JA秋田ふるさと酒米研究会の特別栽培米『吟の精』100%で仕込まれた純米大吟醸です。

その吟の精を40%精米し、秋田今野酵母を使い、アルコール分:17度、日本酒度:±0.0、酸素:1.4、アミノ酸度:0.7というお酒に醸しあげ、もちろん槽搾りをし、中取り部分だけを瓶詰め、低温瓶貯蔵をし、熟成を待って出荷されたものです。

今回の『吟の精仕込み』は特に‥‥
c0084908_2275312.jpg
「天の戸の新世代、30代の蔵人4人が仕込みを担当し‥‥洗米は手研ぎ、酒毋は手あんま法、蓋麹での製麹をし、総米60キロと小さく仕込み、そして槽搾り‥‥と手間暇を惜しまずに仕上げた」というのですが、

‥‥貴重な40%精米の純大吟、しかも非常に手間のかかる仕込み法、杜氏の森谷さん、よくそこまで思い切って任せましたね〜。森谷さんはほとんどタッチしなかったと言ってますが、内心はハカハカ(蔵の地方の方言で、ドキドキ)してたんじゃないですかぁ?

4人の力を信じたから出来たことですが、それでも、 「春には吟の精のえぐみが強い荒削りの味わい‥‥」 と森谷さんが案内に書いたように、かなり不安で心配な酒質だったようです。しかし、案内の最後には 「ここにきて、とてもオイリーな純米大吟醸にまとまってきた」 と、大変に面白い表現で締めくくっています。
「オイリー」とはどういうことでしょう? 美味しいんでしょうか、それとも、特別に個性的な味わいなのでしょうか? ということで唎酒、唎酒‥‥。

ん〜〜なるほど、オイリーねぇ。分るような、分らないような‥‥。
大吟醸特有の強い立ち香はないが、美味しいお酒がもっているホワンとした快い「匂い」が立ってくる。
口に入れると、何となく粘性のある舌触りとトロンとした口当りで、充実感と重層感のある味わいだ。
天の戸特有の爽やかな甘さと、甘味の粒子の間から、ジュワジュワッと湧き出てくる酸味の調和が何ともいい。そして喉に落とすと、甘味はその酸味とともにシュルッとキレてゆき、ん〜〜旨い! もう一杯! ‥‥そうか、こんな味わいのお酒を「オイリー」というのか。もっと脂っぽいのかと思ったら、いや冗談。でも、私は好きですね〜こんなお酒。いくらでも飲めるもの‥‥オイリーなお酒。

価格は、1.8入・3,800円、720入・1,900円 と、他の夏田冬蔵よりだいぶお手頃価格になっています。もちろん、お米の価格による違いですが、だからといって、他の夏田冬蔵よりレベルが下がっている、なんてことは決してありません。同等です。というより「オイリー」なぶん、お得かもしれません‥‥ちょっと、しつこいか。
いづれにしても、今回も販売店は全国20数店舗だけで、出荷数量も極々限定です。しかも、いい酒がどんどん飲まれる年の暮れですよ。どうぞ、お早めにお求め下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて「天の戸」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。
 
c0084908_2284065.jpg『純米大吟醸 白雲悠々』
1.8入・6,830円(箱無し・6,300円)
720入・3,150円


c0084908_2292148.jpg『純米大吟醸 夏田冬蔵 2010 美郷錦40』
1.8入・4,200円、720入・2,100円


c0084908_22101621.jpg『21BY 純米吟醸 亀の尾 雫取り 生原酒』
1.8入・3,400円、720入・1,700円


c0084908_2211403.jpg『21BY 純米吟醸 亀の尾 ひやおろし』
1.8入・3,400円、720入・1,700円


c0084908_22122435.jpg『21BY 純米吟醸 ひやおろし』
720入・1,500円


c0084908_2213081.jpg『大吟醸45』
1.8入・3,000円、720入・1,500円


c0084908_22133454.jpg『21BY 純米吟醸 五風十雨』
1,8入・2,992円、720入・1,580円


c0084908_22141389.jpg『21BY 特別純米 美稲 燗上がり』
1.8入・2,751円


c0084908_22144640.jpg『21BY 純米酒 醇辛 生原酒』
1.8入・2,625円


c0084908_22152277.jpg『21BY 純米酒 美稲 八◯』
1.8入・2,000円


c0084908_221697.jpg『純米吟醸 天黒 2008 星あかり50』
1.8入・3,150円、1,780円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月19日(定休日
・12月23日(天皇誕生日)午前10時~午後5時 営業致します
・12月26日(定休日
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-17 22:31 | 天の戸

竿灯・ゆきの美人 純吟 搾りたて生(2010.12.16 THR.)

ときどき☃
(日照時間・96分
c0084908_21403893.jpg
ご近所のSさんからハタハタ寿司をいただきました。
秋田のハタハタ漁の解禁はつい先日でしたので、寿司はまだこれからです。これは北海道で水揚げされたものだけれども、県外からいらしたお客さまに、12月に是非食べて欲しいとのことで、漬けたそうです。

お酒でもそうですが、12月ボーナスが入り、忘年会やらクリスマスやらなにかと外で飲む機会の多いシーズンに、早々と今が旬の
お酒が出てきたら嬉しいですね。
「今年ハタハタをもう食べた?」「ひと足早く食べてきたわよ」
「22BYの新酒生酒、もう呑んだ?」「呑んだわよ!旨かった!」
なんて、お客様の口伝に、美味しい情報がいち早く広まったら秋田にくる楽しみが増えようと言うものです。
すずらん通りにある小料理やさんのS大将の心意気です。

今年のハタハタ漁は水温が高くてスタートが遅れましたが、今週は雪だるまマークが勢揃い。大漁が続き市中にでまわると、家庭でも盛んに寿司が漬けられ、本場秋田の寿司のシーズンとなります。

今晩の夕食には、ひと足早くぷりぷりのぶりこの入ったハタハタ寿司を、紀州の溜まり醤油で贅沢にいただきました。ごちそうさまでした。(haru)


さて、大きな建物(大型マンション)の中の小さな蔵から、今季の搾りたて第二弾‥‥
『ゆきの美人・22BY純米吟醸 搾りたて生原酒』です。
c0084908_2141245.jpg
秋に出た、今季の仕込みの第一弾「純米 22BY秋仕込み一号搾り 無濾過生原酒」は、ただ新鮮というだけではなく、香味の調和がとれ、そのうえに旨味をレイヤードさせて美味しいお酒でした。そして、この第二弾『純米吟醸 搾りたて生原酒』も期待に違わぬ、美味しさですよ〜。

麹米:山田錦、掛米:酒こまち、精米率:55%という蔵定番の仕込配合で、金沢酵母を使い、日本酒度:+4.0、酸度:1.8、アミノ酸度:0.9というお酒に醸しあげ、アルコール分:16.9%という生原酒で出荷しています。

相変わらずこの蔵のお酒は、冷蔵庫から出したばかりの冷た〜い状態で口に入れると、香りや味が硬くて鋭い、そんな感じがします。
でも、口中でジュルッ、ジュルッと回してやると、金沢酵母特有の軽快感ある吟醸香がフンワリと広がり、きれいな酸味を伴った甘味が口中に溢れ、ワインやリキュールとは違うフレッシュな果実(酒)を飲むよう。
そして、その酸味は、お酒を喉に落とすと同時にスーッと消えて、これがキレがいいというんでしょうね。
そんなことを何度か繰り返してゆきお酒の温度が上昇してくると、同時に香りも立ってきて、今度は最初に感じた硬さや鋭さではなく、意外なほど厚みのある濃醇さと飲み応えを感じさせ、ん〜〜美味しいですねぇ。
その辺りを、蔵では『それぞれの米の特徴である、山田錦のふくらみと旨味と、酒こまちの軽さがフレッシュな香りと酸味に調和して』と、案内に書いていますが、まぁ間違いのないところです。

価格は、1.8入・2,600円、720円・1,400円です。
今日いただいたハタハタ寿司で一杯飲ってみましょう。果たして、どんな相性なのでしょうか? 楽しみです。
小さな蔵の限定酒ですし、ハタハタの旬も短く、この二つを同時に楽しめる期間は極僅か。どうぞ、お早めにお楽しみ下さるようお願い申しあげます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで「ゆきの美人」、まだまだ美味しいお酒が他にもありますよ~。

c0084908_214264.jpg『純米大吟醸 無濾過生詰 一回火入れ』
*リンク先の『ひやおろし』と同じお酒です。
720入・2,100円(箱無し・1,995円)


c0084908_21424131.jpg『純米 22BY秋仕込み一号搾り 活性にごり酒』
*リンク先の「生酒」の『活性にごり酒』です。
720入・1,200円


c0084908_21433886.jpg『純米吟醸 愛山麹仕込 無濾過生詰 一回火入れ』
1.8入・2,600円、720入・1,400円


c0084908_2144753.jpg『純米吟醸 愛山麹仕込 無濾過生原酒』
720入・1,400円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年12月~2011年1月の予定>
・12月19日(定休日
・12月23日(天皇誕生日)午前10時~午後5時 営業致します
・12月26日(定休日
・12月31日(大晦日)午後6時まで営業致します

・01月01日(元旦お休み致します
・01月02日(初売り 午前10時~午後5時 営業致します
・01月09日()午前10時~午後5時 営業致します
・01月10日(成人の日)午前10時~午後5時 営業致します
・01月15日(臨時休業致します
・01月16日(定休日
・01月23日(定休日
・01月29日(酣々塾の蔵巡り お店は通常営業致します
・01月30日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-12-16 21:49 | ゆきの美人