トンボ

 北日本を除いて日本全国梅雨が明けた、とネットのウエザーニュースで(!)マーク付きで書いていました。
 でも、その北日本の代表地秋田は雨の少ない、まずまずの天候が続いています。それに、竿灯祭りの8月3日〜6日も含めて、天気予報はず〜〜っと晴れ。梅雨なんか明けなくても、と言うより、宣言をしなければ梅雨も明けないなんて馬鹿なウエザーニュースなどに頼るのは止めましょう。こんなに天気がいいんでは、気分はもうすっかり梅雨明けです。
 頼まれたお中元の配達で、郊外の新興住宅地まで行ってきました。あまり緑がきれいなので車を止めて眺めていたら、足元にトンボが留まりました。写真を撮ろうとしてカメラを近づけても逃げようともせず、逆にポーズをつくってくれました。てなことはないのですが、秋田ももうすっかり夏です。
c0084908_21304193.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-07-30 21:30 | 秋田のいろいろ

高層マンション

 平年梅雨明け日の今日、まだ梅雨は続いていますが、良い天気の一日でした。
 でも、カッと暑くなる夏のようなではなく、気温が26度で風も爽やかな、まるで五月晴れのような天候。7月も下旬なのに、いいのかな、こんな気温で? 日照不足、異常低温、冷害、と北国の農作物には過酷な夏になりそうな気配です。
 今日の青空をバックに、店の裏から見える秋田で最も高い30階建てのマンション。スキッと見えますが、ちょっと曇ったり、雨が降ると20階から上は霞むんですよね。このマンションが建つまでは、雲で霞むような高い建物なんて秋田に無かったんですから、こんなのも都会化の証なのかな。
 まだ満室になっていないらしく、入居者募集中だそうです。最上階には住人専用の温泉(地下1000メートル近くまで掘った本物の温泉)があって、田舎らしい今流行りの「癒し」のマンションです。値段は知りませんが、都会の皆さんには格安の物件でしょう・・・おひとつ、いかがですか?
c0084908_2265475.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-07-27 22:08 | 秋田のいろいろ

あっけら館

 夏の贈物の季節です。お中元の期間は全国様々ですが、秋田は7月中頃からお盆直前まで、則ち今が最盛期。のはずですが、日本酒を中心に商うようになってからは、夏は商いが少〜しつらい季節です。
 ビールのセットは大型店に価格で太刀打ちできないし、ブームの焼酎も超人気商品でない限りギフトとしての価値はないし・・・。日本酒はと言うと、氷を浮かべた生原酒なんてたまらない旨さですけど、如何せん、贈られた方もお酒の管理が大変です。それでなくても夏は冷やし物でいっぱいの冷蔵庫に、4合瓶が2本でも入っていた日にゃ、「お父さん、何ですかこれ。お酒なんて冷蔵庫に入れなくてもいいでしょ!」という声が飛んできます。
 そんなヒンヤリするような声をものともせず、親しい方に秋田のお酒を贈ろうというお客様が、ぼちぼちとご来店してくださったり、遠くからご注文のお電話を戴いたり、本当にありがたいことです。
 で、少〜しはお中元忙しさの日々ですが、一日1時間だけは自転車タイムをもらっています。
 今日は、片道30分。店の裏を流れる旭川の上流の添川(そえがわ)地区に行ってきました。旭川が大きく蛇行するところに、「あっけら館」という、田舎家を改造した蕎麦&ギャラリーがありました。
 夏の忙しさが終わったら、ゆっくりと食べに来よう。で、ギャラリーでは、裸婦のデッサン展を開催中でした・・・早く行かなきゃ。
c0084908_20492494.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-07-25 20:49 | 秋田のいろいろ

合歓の花

 九州や長野の大雨、何と言ったらいいのか、ただただお見舞いを申しあげるしかありません。5日間の雨量が1200ミリを超えるなんて、もう言葉が出ません。
 地球温暖化のせいなのでしょうか。もしそうなら、何をおいても全人類の英知を集めて、地球規模で止めようとしない限り、今のままでは温暖化は確実に進行するでしょう。・・・もう、ノアの箱船に乗るしかないのでしょうか? 考える時間は、そんなにあるとは思えないのですが・・・。
 今日の秋田は、昨日朝から降っていた小雨も夜明けには晴れて、少し曇りっぽいけど青空も見える一日でした。何にもまして、穏やかな天候がありがたいと思います。
 300年以上前、松尾芭蕉が秋田の象潟を訪ねた時に「象潟や 雨に西施が ねぶの花」と詠んだ、合歓の花が盛りです。芭蕉が、秋田で降られた雨は、しっとりとして心を穏やかにする雨だったに違いありません。
c0084908_2146425.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-07-23 21:46 | 秋田のいろいろ

ニルバーナ

c0084908_19492176.jpg

 少し前の話ですが、5月に自転車を購入しました。
 歳とともに筋肉が急速に引力の法則に従い始め、メタボリック・・気味の腹もなんとかしなければと思い、自転車をすることにしたのです。
 これまでも、スイミングやウオーキングをやりましたが、何かひとつ「面白み」がないのです。だいたいが飽きっぽく、浮気っぽく一つの事に集中できない性格なので、プールをただグルグルと泳ぐのも、一時間歩いてもそんなに遠くまで行けない散歩では、景色も代わりばえしないですからすぐに飽きてしまうのです。
 その点、自転車で同じ1時間を費やせば、かなり遠くまで行けるのです。行動範囲がぐ〜〜んと広がりました。今まで自動車からでしか見なかった風景や町並みが、まったく異なる情景に見えてくるのです。そして、こんな面白いことなら、少しは長く続けられそうな気がしています。
 写真は、自転車で20分くらいの秋田市郊外。今のところ、秋田は幸いにも大雨から逃れられていますが、毎日の曇天です。早く梅雨が明けてくれればと思います。そして、自転車は「ゲーリー・フィッシャー」というメーカーの「ニルバーナ号」。ニルバーナって「涅槃」という意味だそうで、年寄りにはピッタリかな。
# by nbhkkry20 | 2006-07-22 19:51 | 秋田のいろいろ