長靴と雨合羽

 台風16号と17号のエネルギーを巻き込んだ低気圧が、東北の太平洋側に大きな被害をもたらしました。
 乗組員全員が行方不明になったサンマ漁船、船体が真っ二つ割れて燃料が海に流れ出している外国の貨物船。素人的疑問ですが、低気圧や台風で大荒れになることは分かっていたはずなのに、どうして初めから避難できなかったのでしょうか。行方不明の乗組員の名前と年齢がテレビにでると、その家族の方たちの気持ちを思い、本当に悔しい気持ちになってしまいます。皆さんの生存を祈るばかりです。
 その同じテレビで、猛烈な風と雨に傘を逆さにされ、全身びしょ濡れになった東京のビル街を歩く(いや、歩けないほどの強い風だったのに)サラリーマンやOLを映していました。これだって、風と雨が強くなるって、ネットや携帯電話の天気予報でいっぱい見聞きしているはずなのに、誰一人として雨合羽や長靴を身につけている人がいません。で、インタビューを受けると「びしょびしょですウ〜、これから就職の面接なんですウ〜、どうしようウ〜」なんて、ニヤニヤしながら答えている。馬鹿やろう! そんなに大事な日なら、ちゃんと雨合羽と長靴を着けて来い! あっいや、レインコートとブーツって言わなきゃ分かんないかな。ちなみに、アマガッパ、ナガクツではパソコンで変換できませんでした・・・。
 そして、地下鉄や駅の入口には、骨が折れバラバラになった多くのビニール傘が捨てられているのを映していました。・・・ここで傘を捨てた人は、降りた駅でまた傘を買うんだろうか? そんな無駄な心配までしなくていいか。とりあえず、昭和も20年代生れのオジさんやオバさんは、何のてらいもなく、台風の日は雨合羽と長靴を身に着けて外に出ます。
 今日は、この雨風で自転車散歩などとてもとても。デジカメも出番はなしということで、撮ってあった一枚を・・・。9月24日(日) 経営不振のプリンスホテルが売却に出している、旧上小阿仁村の阿仁スキー場のリフト。天気が良くて山々は綺麗だったのですが、冬なら絶対に行きたくないほどの物凄い山奥でした。
c0084908_2301264.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-10-07 23:00 | 秋田のいろいろ

紅葉マーク

 週末にかけて雨らしいので、今日のうちに少し遠くまで走っておこうと思って、産業道路経由の土崎港コースに出かけたのですが、一般道路から産業道路に入ったとたん、車がずら〜〜〜っとつながっています。いつもなら、車の風圧で自転車がゆらっとさせられるほどダンプやトレーラーがビュンビュン飛ばしているのに今日は大渋滞。どうしたんでしょう? 
 青の信号をいくつか通過しても渋滞の先頭がみえず、車はノロノロ。その脇を、スイスイと行くニルバーナ号、気持ちのいいこと! で、2キロばかり走ったあたりに、この時ならぬ渋滞の原因がありました。
c0084908_20101816.jpg

 いや〜、何とも上手に中央分離帯に嵌り込んだものです。どうやって、こんな芸当ができたんでしょう。
 周囲にはこの事故に巻き込まれた車もいないから単独事故。レッカーの前に止まっていたパトカーの後部座席では男性二人が事情を聞かれていて、救急車もいなかったから幸いに怪我人もなし、だったようです。
 ということで、渋滞の原因が大事故でなくて何よりでしたが、車をよ〜く見ると、トランクに紅葉マークが貼ってありますね。ということは、運転者は70歳以上。
 ん〜〜、私は何歳まで確かな運転ができるのかなあ? マークを貼らなきゃならない歳まで8年ありますが、できればモミジは秋の季節の目の保養だけにして、その前に免許を返上してもいい生活ができればなあ、そう思ってはいるんですけども・・・。 
# by nbhkkry20 | 2006-10-05 20:14

不健康商売

 いつもの秋なら一雨ごとに寒くなり、あ〜あ〜また冬か、なんて憂鬱になる季節です。でも、今年は気温が下がりません。昨日は雨で最高気温19度でしたが、今日になるとまた上がり23度。夜中でも17度くらいの予報です。それに、秋雨前線も北上して来ずに秋の長雨もありません。身体は楽なのですが、どうしたんでしょうか。
 そんなことで、自転車散歩にはいい季節が続いています。今日も、歩道が広く走りやすい市役所前を走っていたら、こんな標語に出くわしました。
c0084908_2222597.jpg

 酒と煙草を商う「不健康」商売をして35年、市庁舎の前面にこんな標語が貼られていたんじゃ少し辛いんですけど、このご時世では仕方のないことです。もちろん、酒も煙草も人間の身体にとっては何一つ良いことはありません。少しの酒は百薬之長なんていわれますが、肝臓にはアルコール一滴だって良くないそうです。でもね、飲み過ぎれば早死には絶対ですが、酒も煙草も一切やらずに100まで生きられるか、そればかりは誰にも分かりません。あくまでも、他人に迷惑をかけずに自己抑制できる理性をもって嗜むことができるか、ですね。
 そして、家庭の健康的な生活のためなら、今や「禁パチ」「禁サラキン」なんていう方が切実な標語かもしれません。それに、煙草は「禁」なのに酒は「節」にしたところが、いかにも秋田ですね〜。
 蛇足ながら、写真に一緒に写っている杉の木頭の僕ちゃんは、来年の秋田国体のシンボルキャクター「スギッチ」です。ゆるキャラ日本一になったこともあり、今は県内どこのイベントへ行っても必ずいる有名「人」です。これからも、県内で撮った写真には登場するかもしれません。よろしくネ。
# by nbhkkry20 | 2006-10-03 22:26

ブルー

c0084908_1792314.jpg

 秋田市から、北の方角に出かける機会が増えています。日帰りですからそれほど遠くまでではありませんが、高速道の突端がかなり北上して秋田市に戻る時間を予想しやすくなったのが大きな理由です。その高速道を途中まで使い、青森県の十二湖(シジミ貝で有名な十三湖ではありません)まで行ってきました。
 白神山地の青森県側の山裾が日本海に落ちこむあたり、実際は大小33の湖沼がありますが、大崩という山から見ると12の湖が見えるということで十二湖と名付けられたということです。
 鬱蒼とした樹木に囲まれた湖や池はどれも藍色がかった水の色が特徴です。中でも写真の「青池」の水の色は、名前の通り鮮やかで吸い込まれそうな神秘的なブルー。水没林がはっきりと見えるほど透明度はあるのに、水の色はブルー。以前テレビで紹介された時その理由を探っていましたが、結局は解明できず、神秘性を益々高めたことになったようでした。
 ところで「青池」の水の色、散策マップの紹介文ではコバルトブルーとなっていましたが、私にはインクのブルーブラックに近いように見えたんです。でも、万年筆がほとんど使われなくなった今、ブルーブラックなんて色、想像できる方が少ないんでしょうね〜。・・・じゃあ、コバルト(元素記号Coでしたね)の色なら知ってる?
# by nbhkkry20 | 2006-10-02 17:21

ポートタワー・セリオン(その2)

 昨晩、借金と赤字の土崎港のポートタワー・セリオンをブログにアップして、深夜のテレビニュースをちらっとみたら、東京タワーの入場者が1億5千万人突破! と、賑々しく報じていました。一億5千万? セリオンなら、タワーの耐用年数が来たって1000万人でさえ無理でしょうね〜。あ〜〜あ、何ともし難いこの彼我の違い、ため息が出るばかりです。・・・というところで、昨日の続き。
 借金&赤字&補助金で二進も三進もいかなくなったセリオン、さてどうするか? これが民間ならとっくに破産して売却か、もしかしてタワーそのものを取り壊していたかもしれません。でも、そうならないのが第3セクター。よく考えたような、よく分からないような方法で解決、イヤ、市民の怒りの鉾先をかわそうとしているのです。それが「公設化」という方式です。
 これまでに22億円も補助金を投じた秋田市が、自らが25%の株式を持っているその会社を買取り、市が直接に運営する、そうすれば第3セクター会社の倒産の危機は回避されるというのです。
 じゃあ、買取って運営しようという秋田市が、その後の入場者数や経営状況が上向くような名案を持っているのかというと、あろうはずがありません。あったら、とっくに問題は解決しているのですからね。
 それだけではありません。買取って市が運営するといっても、市の職員がエレベーターを操ったりするのかというと、そんなことはない。結局、民間に運営を一括して依託するのです。しかも、その年間依託料が、これまで秋田市から拠出されてきた年間補助金と同じ! 更に、その依託先はというと、今まで運営してきた会社になることはほぼ確定しているのです。結局は、第3セクターという民間会社の損失を、今度は直接に市の損失にするというだけ、まるで詐欺です。どれだけ税金を使っても解決の頂上が見えてこない、まさに「バベルの塔」、やっぱり出るのはため息ばかりです。
 でもなあ、自転車散歩でこっちのコースを選ぶ度にタワーの前で腹を立てていたら、自転車健康法の効果も半減だし、まあ、気持ちのいい海風に吹かれて心を鎮めることといたしましょう。
c0084908_19495417.jpg

 タワーは、総ガラス張りで塔の中がよく見えます。しばらく眺めていましたが、土曜日の午後だというのにエレベーターが上下している様子はみられませんでした。その代わり、後ろの「バベルの塔」には何の興味もなさそうに、岸壁にはのんびりと釣り糸を垂らしている老若男女がいっぱいでした。
# by nbhkkry20 | 2006-09-30 19:53