月下美人(10.08.24THU.)

のち
(日照時間・330分
一夜のみのワンマンショーは、突然始まります。
気がつくと、月下美人の鉢のある2階のベランダから、窓を開け放った室内を通って階下のお店にまで強烈な香りが漂ってきている‥‥それが開花の合図なのです。香りに誘われてベランダを覗いて見ると‥‥咲いていました。今年2回目の開花です。
c0084908_1474653.jpg
なにしろ夜8時過ぎたころから深夜にかけて、人知れず(?)開花するのですから、その瞬間に立ち会う為にはこの合図は見逃せません。
まるで「私を見て見て!」と言わんばかりの香りがあたり一体を支配していて息苦しいくらいです。香りの好みは人によって千差万別ですが、香水のたしなみの全くない私にとっては、むしろ苦痛に近いキツ~い匂いです。こんなことを言ったら月下美人に悪いかな?
c0084908_14124052.jpg
月下美人の花が咲くまでには長い準備期間が必要です。
興味があって観察したことがありますが、2ミリ程の花芽を葉っぱの窪みに見つけてから蕾らしくなるまでに10日間くらい。
それから首をもたげるまでに更に1週間くらい(写真は観察絵日記)。
やがて白い花びらが覗きはじめると、開花は時間の問題です。明日かな?明後日かな?花の位置を考えたりカメラを用意したり、人間は豪華ショーを見る準備をし始めるのです。
咲き始めてから咲ききるまでの時間は、僅か1/4日程の短さです。

月下に咲くこの花が開花と同時に一気にエネルギーを放出するのは、きっと結実のために虫達を誘おうとするからなんですネ。
そして翌朝、力尽き、花はしぼみ、見る影もなくうなだれて‥‥前夜の華々しいショーを想い出させるものは、わずかに残っている香りだけです。花の命は(あまりにも)短くて‥‥。
長~い準備の後の一夜限りのショーを見た翌朝は、『生き物の宿命』を見せてもらったような、切なさを感じます。(haru)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2010年8月~9月の予定>
・08月28日(土)臨時休業・大曲花火競技会 引率のためお休み致します
・08月29日(定休日
・09月05日(定休日
・09月12日(定休日
・09月19日()通常営業致します
・09月20日(敬老の日)・臨時休業
・09月23日(秋分の日)通常営業致します
・09月26日(定休日
by nbhkkry20 | 2010-08-24 14:14
<< 『川反米』育成日記その3(10... まんさくの花・葡萄よ〜ぐるしゅ... >>