高清水・丑三つ迄 こま美゛特純 生生(2021.09.22 Wed.)

曇 のち 雨

新型コロナ感染症の拡大に鑑み ご来店のお客様へのご協力お願い‥‥
 1 ご入店の際には必ずマスクの着用をお願い致します
 2 店頭にアルコール消毒薬を設置していますので、手指消毒の実施をお願い致します
 3 ご来店のお客様が密状態にならないよう また 店内での滞在時間の短縮にご協力ください
ご面倒 ご不便をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。



さて、本日は「高清水」さん。発売は明日9月23日からになりますが‥‥出荷のたびに人気が上がっている「丑三つ迄」シリーズの特別純米・純米吟醸に続く第三弾!『こま美″(こまび) 特別純米 生生』です。

『こま美″』、ん~~どこかで見たような酒名? そうです、「天の戸」さんの「純米吟醸 こま美」ですよね。でも、いたずらに真似をしたのではありません。「丑三つ迄」シリーズの第三弾は、この酒の設計から仕込みまで全てを担っている 御蔵の杜氏加藤均さんが、秋田の二人の偉人への想いを形にしたお酒 なのです。その辺りの事情を、御蔵からのコメントによると‥‥

そのお一人が、故 森谷康市さん。加藤を「兄貴」と慕い、加藤もまた森谷ワールドに魅せられ尊敬の念を抱いておりました。川反で酒を酌み交わし、数々の森谷語録を聴きながら二人で泥酔した思い出を懐かしそうに振り返る。その加藤が、「一瞬でいいからあの世界にもう一度入ってみたい」‥‥そんな想いから、今回の酒には森谷杜氏が得意とした「純米吟醸 こま美」の酒米、「麹米:酒こまち、掛米:美山錦」を初めて選択 したのです。

因みに、加藤さんは「こまみ」をずっと「こまび」と誤って読んでいたそうで、そこで、今回の加藤さんの「酒こまち・美山錦」はそのまま「こま美″(こまび)」と読んで欲しいとのこと‥‥そういえば、「天の戸・こま美」の新発売当初は、私達だって「こまみ」か「こまび」か迷いましたねぇ。

そして、もう一人の偉人が故 池見元宏先生。先生は秋田のご出身で、1972年に金沢局鑑定官室長に就任し、あの農口尚彦杜氏を指導するなど、特に14号酵母(金沢酵母)の実用化には先生の教えが息づいている。後に、地元秋田の醸造試験場長に就任しましたが、1984年に54歳の若さで亡くなられました。しかし、先生が秋田の吟醸造りの礎を残されたことは決して忘れられません‥‥そんな想いから、今回の『こま美″』には、加藤が個人的に好きで何度か試験醸造をし酵母特性を熟知していながら、これまで商品化したことはないという『協会14号酵母』を使用したのです。

そんな加藤さんのお二人への想いは、池見先生とは40年も前に森谷さんとはつい先だってまで、秋田のお酒の世界でご一緒することができた私どもにとっても同じ‥‥本当に嬉しいお酒の新発売なのです。

そして、御蔵からは 秋田流寒仕込みの繊細さ、14号酵母ならではの爽やかさ、美山錦の上品さと酒こまちがもたらすふくよかさ、技と素材それぞれの「らしさ」が現れ、何よりもそれらを絶妙な調和の中に表現する「加藤らしさ」が見事に具現化された酒に仕上がっているのではないか。微生物・米・そして先人への深く純粋な「敬意と信念」が醸し出したお酒です とのコメントが‥‥

更には 赤肉腫のメロンを想起させる甘味と爽やかさに、瑞々しい白玉のような上品な米のニュアンス。良質な酸が心地よい清涼感となり、味わい全体に抑揚を感じさせる という加藤さんの酒質評価ですが、まさにその通り。あまりに的確で、深い想いが込められた評価で、私どもの拙い唎酒評などさし挟むことなどできるわけがありません‥‥でも、何度も唎酒しましたが、本当に美味しいんですよ~~。

最後に 火入をして度数15度前半(後日発売予定)がおそらくベストではないかと感じているが、販売に口を出すことがない加藤杜氏から、一回目は「素のまま」を出して欲しいという要望があり「生生」で出荷した とのコメント。しかも、御蔵の規模からしたら少ない1200本の限定出荷ですから、どうぞお早めにお求め頂き、秋の夜長に秋田酒の偉人お二人を偲びながら、しんみりとお楽しみ下さるようお願い申し上げます‥‥‥‥
『高清水・丑三つ迄 こま美゛特別純米 生生です。

高清水・丑三つ迄 こま美゛特純 生生(2021.09.22 Wed.)_c0084908_13464503.jpg使用米:秋田酒こまち
精米率:60%
使用酵母:協会1401号
日本酒度:±0.0
酸度:2.0
アミノ酸:1.8
ALC度:16.8%
醸造年度:2020年度(2020年7月~2021年6月)
製造蔵 杜氏:御所野蔵 加藤均


価格:720入のみ・1,540円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2021年09月~2021年10月の予定> *変更の場合もありますのでご承知おき下さい。
・09月23日(木)秋分の日 午前10時~午後6時 営業致します
・09月26日()定休日

・10月03日()定休日
・10月10日()定休日
・10月17日()定休日
・10月18日(月)お休み 致します
・10月24日()定休日
・10月31日()定休日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*秋田の 花・旅・人 も御覧ください。

当ブログへのお問合せ等は下記宛にお願い致します。
────────────
酒屋まるひこ
秋田市大町4-1-2
電話・018-862-4676
営業時間・午前9時30分~午後7時00分
休日・毎週日曜日、不定休あり
────────────
*尚、未成年の方からのお問合せにはお応えできませんのでご了解ください。


by nbhkkry20 | 2021-09-22 13:57 | 高清水
<< 阿櫻・特純 生詰「雄町」ひやお... 飛良泉・山廃純吟 飛囀 鵠(H... >>