日高見・天竺

 今月初め、日高見の平孝酒造さんから「日高見の会」の総会通知が届きました。9月10日(日)仙台でということで、実はこの日は刈穂蔵での「やまと会」の総会の日。役員を担っている関係上、迷うまでもなく「やまと会」に出なければいけない・・のですが、日高見会の総会案内に「解散総会となるので、是非ご出席を・・」とあったのです。解散! 何〜〜故〜〜?
 日高見の会はもともと地元宮城の小売店を対象にした会で、県外の小売店はオブザーバー。私も、蔵には行きましたし総会や研修会にも何回か出席しましたが、会への出席義務や取引きのノルマはありません。必要なお酒、特に「天竺」や「中取り純米」などを卸してもらってきました。そんな状態で、解散なんていう通知が来ると、私のようないいとこ取りの酒屋を切るためだろうなあ〜、日高見もなければちょっと困るなあ〜、とか悩んでいました。仙台の会員小売店さんに解散理由を聞いてもみましましたが、今ひとつはっきりしません。それならということで、解散総会なのに欠席しなければならないことを詫びがてら、蔵元にお聞きすることにしました。
 と、「いや〜、地元会員の会への出席頻度や販売実績にあまりにも差がついて、それなら一度会の形態を止めて、蔵の主導で・・・」という、意外と簡単な平井社長さんのご返事。そして、「県外の小売店への対応は、とりあえず従来通りで」ということなので、先ずはホッとしているところだったのですが、その、来月は解散するという日高見会の会員専用純米吟醸「天竺・山田穂・17BY火入酒」が、僅かですけど入荷してきました。
 ご存知の通り、山田穂は山田錦の母方の酒造品種。大正末期に短稈渡船と交配されて生まれた山田錦が、両親を凌ぐ品種だったため、山田穂は昭和初期には使われなくなっていました。それが、最近の優良品種開発のために山田錦誕生の過程を探ろうと、山田穂が復活栽培され、関西を中心に使われるようになったのです。
 日高見では、この山田穂を使い始めて三造り目。中粒のお米ながら、山田錦を凌ぐ艶やかで力強い伸びのある香味の酒ができるという山田穂の特性を、しっかりとつかんだようです。
 今年3月に出荷された「無濾過生酒」もまだ少し在庫がありますので、今回入荷の「火入酒」との飲み比べなど、如何でしょう? 但し、両方共に極々僅かの在庫ですので、ご注文はお早めにお願い申しあげます。
・天竺・山田穂・17BY火入酒 1.8リットル 4,200円(本体4000円)
・天竺・山田穂・17BY 生酒 1.8リットル 4,200円(本体4000円)
(一酒一会の過去ログは http://hitosake.exblog.jp/ をご参照ください)
日高見・天竺_c0084908_22423158.jpg

 今朝も、明け方に短時間でしたが強い雨が降りました。こうして、ちょこっ、ちょこっと秋になってゆくのですね。9月3〜5日の連休の前にホームページを更新したくて、その内容をウツウツと考えながら、雄物川堤のサイクリングロードを走ってきました。いよいよ、秋の雲って感じです。
日高見・天竺_c0084908_22431191.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-08-23 22:43

明徳館

 今朝、久しぶりにひと雨降りました。ざーっときたのですが、わりと短時間で後でアメダスをみたら5、5ミリ、ちょっぴりですね。それでも、街は打ち水をしたようにすーっと涼しくなりました。今日の秋田市の最高気温は久しぶりに30度以下、そして今晩は熱帯夜からようやく解放されるかな?
 午後から、市立図書館「明徳館」に借りた本を返しがてらの自転車散歩となりました。
 今回借りていたのは、「最期の声(ピーター・ラヴゼイ著)」という英国の警察もののミステリー。単行本で字も大きく、300頁ほどですから以前ならどんなに仕事が忙しくても一週間もあれば読み終わっていたのですが、最近はそうはいきません。たいてい寝る前の1時間ほどが読書タイムですが、面白くてもっと読みたいと思っても、年齢かな? 10分もすれば瞼が自然にシャッターを降ろしてしまうのです。だから、図書館の2週間という貸出期限内に読み切れなくって、もう一回借り直さなければならない。今日も、先々週に借りたのを借り換えにきたのです。
 写真は、千秋公園の緑に囲まれた市立図書館・明徳館。もうすぐ夏休みが終わる小学生がいっぱい来ていました。ここの図書館については、近いうちにまたお知らせしますね。
明徳館_c0084908_21434292.jpg

 本を借り換えた後は、公園の二の丸へ。今朝の雨を降らせた雨雲がまだ残っているような、もう一度昨日までの暑さに戻らせたいような、そんな空が向うに見えます。久しぶりの雨で、木々は息を吹き返しツヤツヤした緑がきれいでした。
明徳館_c0084908_21443390.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-08-22 21:45 | 秋田のいろいろ

土崎港

 真夏日が15日連続、熱帯夜が7日連続。秋田市はうんざりするほど暑い日が続いています。
 今日あたり、鹿角や湯沢の山沿いでは1時間に50ミリ近い大雨の所もあって、洪水警報まで出ているのに、秋田市はまったくの雨なし。カーッと太陽が照りつける暑さではないけれど、空気がどよんとして蒸し暑く、じーっとしていても汗が吹き出し、気持ちの悪い一日。これで、夜中にはヒンヤリとした風が・・・吹いてくれればいいんですけどね〜。
 じーっとしていても汗をかくなら、思いっきり汗をかいた方がさっぱりするかなということで、今日も自転車1時間散歩にでかけました。少しでも涼しい所を、ということで今日の目的地は土崎の港。
 臨海道路に沿って整備された遊歩道をほとんどトップギヤで片道25分ほど。到着した土崎港に吹く海風は、やっぱり涼しい。岸壁では釣り人がパラソルの下で糸をたらし、建物の陰のタクシーはドアを全部開け放して運転手が昼寝、思い思いに涼を求めていました。
 海上保安庁の「巡視船でわ」が停泊していました。1000トン型でヘリポートなし、40ミリ機関砲を装備・・・インターネットで調べたらそういうことでした。
土崎港_c0084908_20124860.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-08-21 20:13 | 秋田のいろいろ

男鹿島巡り

 久しぶりに、何の予定もない日曜日。ひと夏に一度くらいは海に行かなきゃと思い、秋田で海といえば男鹿・・・戸賀湾から「なまはげ」温泉、北浦漁港、そして寒風山・・・と、男鹿半島をぐるり「半」回りして来ました。
男鹿島巡り_c0084908_18293795.jpg

 砂浜で遠浅の戸賀湾は、キャンプ地、海水浴場として県内一だったのですが、今は県立水族館GAOで有名です。水族館でもいいんですが、ここの目玉がシロクマ。シロクマなら動物園ではと思うのですが、県知事が何としてもシロクマじゃ! ということでシロクマなのです(今だに判らん)。今は水族館に向かう車ばかりで、海水浴をする人は夏の真っ盛りだというのにマ・バ・ラ。代わりに、岸辺にはウミネコばかり。あまり淋しくて泳ぎたい気持ちも萎えてしまい、足だけちょこちょこっと海に入れて今年の海水浴はお終い。
男鹿島巡り_c0084908_18302993.jpg

 そんな足だけ海水浴でも、気温は33度で汗びっしょり。ということで、温浴ランドおが(なまはげ温泉という名前が良いと思うけどなあ)で300円でひとっ風呂浴びて、昼食はもちろん北浦漁港の亀寿司食堂。北浦漁港であがった魚介類ばかりがこんもり乗っけられたちらし寿司は、いつ食べても満足感いっぱい。
男鹿島巡り_c0084908_18311676.jpg

 帰りがけに、ちょっと遠回りをして寒風山へ。山の上だから涼しい風が・・なんて思ったけどとんでもない、日本海からの海風も熱風のよう。その熱風に乗ってスーイスイ、とハンググライダーが(見た目)気持ち良さそうに飛んでいました。
 
 今日のこのコース、男鹿半島半日観光コースとしては、結構良いんですよ。これにオプションとして、戸賀湾発着の男鹿島巡りや、なまはげの由来を訪ねるなまはげ館や伝承館も期待を裏切りません。時間がたっぷりあって、天気が良ければ夕方から夜にかけての入道岬の夕陽もロマンチックでっせ。なかでも、北浦漁港の亀寿司食堂は、ゆっくりできて魚は旨いし店の人達もご親切ということで、泊りもできるので男鹿での魚釣りの宿としても良いですよ。 
(一酒一会の過去ログは http://hitosake.exblog.jp/ をご参照下さい)
# by nbhkkry20 | 2006-08-20 18:33 | 秋田のいろいろ

雄物川暮色

 今月にはいってから、秋田はほとんど雨が降っていません。カラカラです。18日に土砂降りの雨でしたが極々短時間、「よいお湿りで・・」というほどでもなく、逆に蒸し暑さが増したような気がします。梅雨の蒸し暑さもいやですが、それに高温が加わった真夏の蒸し暑さは息苦しくてたまりません。
 そんな鬱陶しさを吹き飛ばしたくなって、雄物川の遊歩道まで自転車散歩の足をのばしてみました。
 さすがに、大河雄物川を渡ってくる川風は気持ちが良い! この遊歩道、終点が15キロ先の秋田空港近くの中央公園とか。この気持ち良さなら15キロくらいスイスイと行きそうです。まあ、平日の自転車散歩は1時間なので往復30キロは無理でしょうが、休みの日にでも挑戦してみようかな。
 そんなことを考えながら走っていてふっと見たら、何となく秋色がまじっているような空。やはり、お盆が過ぎて、ひと雨くれば季節はかなり変るものですね〜。こんなふうにして秋になって冬、そして大雪・・・淋しいなあ〜。
 それにしても真夏日が10日以上続き、熱帯夜も4日連続、今日あたりは一段楽してほしいのですが、さて今夜はどうなりますか。明日は日曜日、汗をかかずにゆっくり眠りたいよ〜。
(一酒一会の過去ログは http://hitosake.exblog.jp/ をご参照下さい)
雄物川暮色_c0084908_20465795.jpg

 雄物川自転車散歩の途中にある和菓子屋勝泉堂さん。お団子や饅頭類など(高級でないお菓子)が豊富で、あまり甘くないのも良いよ、って聞いていました。一度寄りたいと思っていましたが、今日は始めてということもあって、先ずは夏期限定(当り前だな)のかき氷を一杯。
 300円、さてこれが高いか安いか? 抹茶液を入れた容器に氷を削ってゆくのですが、その詰め方が生半可ではありません。ギュ−ギューと、そんなに押したらまた氷に戻ってしまうというほど。そして、普通のかき氷なら、上からかける抹茶液などタラ〜と一掛けで終わりなのに、さっきの氷化したような削り氷が今度は解けてしまいそうなほどたっぷりと掛けて、はいどうぞ。
 ん・・・、あんなに抹茶液をかけたのに確かに甘さは強くなくさっぱりして美味しい。それに、どうしてか? 頭が痛くならない、それだけでも300円は安い。こんな満足ゆくかき氷ならお菓子もきっと・・・、今度ね。
雄物川暮色_c0084908_20481663.jpg

# by nbhkkry20 | 2006-08-19 20:54 | 秋田のいろいろ